ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が国内最速の時速320キロ運転を行い、東京-新青森間を現在より11分短い最短2時間59分で結ぶ。また秋田新幹線は新型車両E6系を使用した「スーパーこまち」の運転を開始する。最高速度が時速275キロから300キロになり、東京―秋田間でこれまでより5分短縮となる3時間45分で結ぶ。

 新幹線の車両は年々高速化されてきている。東海道山陽新幹線が開通した当初は210キロの営業運転だったが、現在では山陽新幹線が300キロ運転を行っている。今回のJR東日本のダイヤ改正によって東北新幹線で320キロの運転が実現する。

 JR各社が高速化を追求しているのは、現在の運賃体系を維持したいという意向があるからである。通常、高速鉄道の飛行機など他の交通機関に対する優位性は営業距離が300キロから500キロ程度の範囲といわれている。
 だが日本では航空行政に問題から航空機の運賃が高く、800キロ程度まで鉄道に優位性がある。つまりJRはかなり広いレンジで事実上の独占営業が可能な状況なのである。
 JRとしては新幹線の高速化をさらに進め、航空機に対する優位性を維持し、価格引下げ圧力を回避したいと考えている。デフレにも関わらず新幹線の運賃が下がらないのにはこのような背景がある。

 だが新幹線の高速化はそろそろ限界に達しつつあるといわれている。技術的にはまだまだ高速化が可能といわれているが、線路の曲線半径やコストの問題でこれ以上高速化することは現実的な手段ではなくなりつつあるのだ。
 また過度の高速化の追求は安全性も犠牲になる可能性がある。新幹線の車両は高速走行を実現するために、次々に軽量化が進められている。初代の東海道新幹線と現在の東海道新幹線の車両を比較すると、30%近くも軽くなっている。だが軽量化と車体の強度は反比例の関係にある。最新のN700系では強度の確保のため窓を小さくするなど、快適性に逆行する設計も行われた。

 日本は人口減少に転じており、輸送量の増大が見込めない社会となってきている。日本の交通インフラは曲がり角に差し掛かっているといってよい。限界に達している新幹線のスピードアップも実はこの問題の延長線上にある。
 価格が高くてもよいので短時間の移動をさらに追及すべきなのか、低価格で網羅性を追及すべきなのか、日本の交通インフラ全体のグランドデザインについてゼロから見直す時期に来ている。

 - 社会, 経済

  関連記事

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …

dna
ゲノム研究の進展が切り開く?病気に対する総合的アプローチ

 ゲノム関連の研究が進んでいることで、病気に対する新しいアプローチ方法が見え始め …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

apuruwochi
アップルウオッチの登場で金の価格形成メカニズムが変わる?

 米アップルは2015年3月9日、腕時計型のウェアラブル端末「アップルウオッチ」 …

no image
ギリシャで脱税リストを暴露したジャーナリストが逮捕。ギリシャと日本は同じレベル

 ギリシャ警察は28日、脱税者の名簿をスクープしたジャーナリスト、コスタス・バク …

kaigoshokuin
介護職員が38万人不足との推計。抜本的な解決策は見当たらず・・・

 厚生労働省は2015年6月24日、全国で介護職員が約38人足りなくなるという推 …

kaigojikofutan
介護保険改正法案が閣議決定。所得の高い高齢者の自己負担率がさらに増加

 政府は2017年2月7日、介護保険の自己負担率の見直しを盛り込んだ介護保険法改 …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …