ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念されていたが、はやくもその動きが顕在化してきた。

 日本経済新聞の報道によると、国土交通省は高速道路会社の債務完済の時期を大幅に延長する検討に入った。
 2050年の予定を10~20年程度延ばす案が有力で、10年延長すれば3兆円程度の財源の捻出が見込めるという。50年に利用を無料化するという目標は破棄することになる。国交省は新政権と調整したうえで来年にも「道路整備特別措置法」などの関連法改正に着手したい意向だ。

 高速道路の維持・修繕費は年間2000~3000億円と高速道路会社の経費の1割を占める。高速道路の多くはこれから次々と老朽化してくるため、維持費はさらに増加する見通しだ。現状では、債務完済を時期を延ばす以外に財源を捻出する方法がなく、このまま実施される可能性が高い。

 だが高速道路に多額の維持費がかかることは建設する前から分かっていることであり、それを前提に入れずに無軌道に新規の建設を進めてきた責任は重い。高速道路の計画全体がそもそも無謀なものであり、本来であれば、すべての道路についてゼロベースで見直すことが必要なはずである。だがそれには現在使用中の高速道路の使用を中止する必要があり、生活への影響が大きい。八ッ場ダムの建設一つ止めることができなかった日本国民には、とうてい無理な話だろう。

 高速道路に限らず、日本はこれまで無計画に建設を重ねてきた各種インフラが次々に老朽化するという事態に直面する。これらに対する出費は際限なく拡大していくことが予想される。国債の暴落とすさまじいインフレはもう時間の問題かもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …

kimujonunashi
金正恩第一書記が足を引きずる映像が話題に。痛風による体調不良説も

 北朝鮮の金正恩第一書記が足を引きずっている映像が話題になっている。このところ金 …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

ogabamayosan2014
オバマ大統領が来年度予算案を提出。国債依存度は20%だが、米国では高いとの認識

 オバマ米大統領は4月10日、総額3兆7780億ドル(約370兆円)となる201 …

kennedy05
ケネディ次期駐日大使の議会公聴会は、まるでセレブの記者会見?

 ケネディ大統領の長女で、次期駐日大使に指名されているキャロライン・ケネディ氏は …