ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の1人あたりGDPは14位を維持。だがこれは円高でかなりお化粧されている

 

 内閣府は25日、2011年度の国民経済計算確報を発表した。それによると2011年の1人あたりGDPは昨年よりも減少し4万6192ドル(392万6320円)となった。主要国における順位は14位と同じであった。
 1人あたりのGDPが減少したのは、東日本大震災や、世界経済の減速を背景とする輸出減などで日本経済がマイナス成長となったことが要因と考えられる。

 かつて日本は1人あたりGDPで3位になるなど、世界でもトップレベルの豊かさを誇っていた。だが2001年以降、日本の1人あたりGDPは減少の一途を辿り、現在では14位まで低下している。しかもこの順位は、驚異的な円高ドル安に支えられている面が大きい。1人あたりのGDPの国際比較はドルベースで行われるからだ。
 安倍政権の登場によって円安が進むことが期待されているが、円が適性水準まで安くなれば、1人あたりGDPのランクはさらに低下することが予想される。2008年に19位まで低下したことがあるが、20位前後というのが妥当な水準と考えられる。

 日本の経済力低下について、円高のせいにする論調は多い。だが円高は1人あたりのGDPにはプラスに作用する。円高で極めて有利な立場にいながら順位が低下しているという事実は、本質的な問題が別にあることを如実に物語っている。

 では、かつて1人あたりGDPがトップレベルだった時代と比べて何が変わったのだろうか?実は「何も変わっていない」(学術系エコノミスト)のである。といよりもそれが最大の問題なのである。
 豊かだった時代の日本経済は、現在の中国とよく似ている。中国では土地ブームを背景に過剰な消費が行われているだけで、国民生活の向上に寄与するような投資はあまり行われていない。かつての日本も同様であった。好調な税収を背景にバラマキ予算で大量の橋や道路が作られたが、どれも必要性のないものばかりで、国民生活の質の向上には寄与しなかった。フタをあけてみれば何も残っていなかったのである。
 高度成長時代やバブルの時代には何をやっても儲かるが、そんな時代は長くは続かない。その時に得た利益をムダに消費せず、国民生活の質を向上させるための投資に結び付けないと、低成長時代において内需を拡大することはできない。だが日本はとっくに成熟国家になる段階に来ているのに、昔と同様、ひたすら消費するだけの生活なのである。
 産業も同様である。成熟国家としてより付加価値の高いものを生産しなければならないのに、かつての大量生産時代の幻想にしがみつき、アジアの新興国と価格競争するという愚を犯している。
 同じバブル経済といっても、大量のしかも良質の住宅ストックを生みだした米国や欧州とは大違いである。現地で生活したことのある人なら分かると思うが、欧米の住宅の質の高さは日本とは比較にならないレベルだ。

 唯一が日本が誇れる点だった格差の少なさも、今となっては完全に幻想となっている。日本の貧困率の高さは主要国では突出しており、貧困が大きな社会問題となっている韓国と同レベルに達している。
 日本に残っている最後の砦は、主に米国債で運用されている巨額の貿易黒字の蓄積である。この収益によって日本は何とか破産せずに済んでいる。日本はこの貴重な外貨を上手に運用することしか、現在の生活水準を維持する方法は残っていないのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

sikeisikkou
世界の死刑執行数。中国がダントツのトップで、イスラム圏を圧倒

 国際的な人権団体アムネスティ・インターナショナルは2015年4月1日、2014 …

obama20130303
米国で歳出の自動カットがスタート。オバマ大統領がこれを強行する真の狙い

 オバマ大統領は3月1日、米政府の財政支出を自動的にカットする大統領令に署名し、 …

graph02
内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

nichushunou
日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記 …