ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国大使の木寺氏が着任。真紀子大臣に責められ病気になっちゃった人だけど大丈夫?

 

 丹羽中国大使の事実上の後任となる木寺昌人駐新中国大使が25日着任した。木寺氏は北京の日本大使館で記者会見し、「第一の任務は日中 間の友好関係を深めることだ」と抱負を語った。

 前任の丹羽大使は伊藤忠商事出身で、戦後初の民間人出身中国大使。民主党政権における「政治主導」の象徴とされたが、東京都の尖閣諸島購入計画を批判したことから、事実上更迭された。後任の大使には外務省主流派の西宮伸一氏が任命されたが、自宅近くの路上で倒れて死亡するという事故が発生し、後任人事が進められていた。

 木寺氏は会計課長 、国際協力局長、官房長など本省勤務が長い事務官僚タイプの人材。外国語研修はフランス語で、外務省における最大派閥の北米グループにも、中国閥(いわゆるチャイナスクール)にも属していない。悪化している中国との関係改善のため、官邸との意思疎通や調整能力が買われたと考えられる。

 ただ気になる点は、外務省の不正会計問題が発覚した際、会計課長として田中真紀子外相の矢面に立たされ、プレッシャーに負けて病気療養したという過去。上司からのストレスに潰される、ひ弱なサラリーマンの典型であり、木寺氏のこうした弱点について中国側は徹底的に調べつくしているはずである。どう考えても田中真紀子氏より中国当局の方が恐ろしい相手であり、ここぞという重要な局面で圧力をかけられて木寺氏が屈してしまうリスクが懸念される。

 木寺大使は着任後、日本の記者団とは会見したが、中国側からの取材はほとんど受けていない。出発前に日本において中国メディアの取材を受けただけである。また中国外交部(外務省)の華春瑩・報道官は25日の記者会見で木寺大使に触れたものの、「両国関係改善に尽力するという新大使の見解に注目している」と期待を述べるにとどまっている。

 木寺氏の本格的な大使デビューは、事実上年明け以降ということになるだろう。

 - 政治

  関連記事

abehobei
TPPに対して満額回答だというマスコミ報道は果たして本当なのか?

 日米首脳会談を終え、安倍政権はTPPへの参加問題について「関税撤廃の例外品目が …

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

shukimpeigermany
中国が安心して「日本はドイツに見習え」と主張できるようになった理由

 中国の習近平国家主席が、ドイツ訪問をきっかけに「日本はドイツを見習え」という趣 …

kodomonote
政府が子供の貧困対策を本格化。だが、支援は民間による基金

 政府が貧困家庭の子供に対する支援の強化を検討している。企業や個人に寄付を呼びか …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

algeriagas02
アルジェリア軍が最終攻撃を行い人質が多数死亡。国によって異なる人質に対する考え方

 イスラム武装勢力による天然ガス施設の人質事件で、アルジェリア軍は19日、最終攻 …

obama20121229
オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?

 2期目を迎える次期オバマ政権の基盤がより強固になる可能性が高くなってきた。クリ …