ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国大使の木寺氏が着任。真紀子大臣に責められ病気になっちゃった人だけど大丈夫?

 

 丹羽中国大使の事実上の後任となる木寺昌人駐新中国大使が25日着任した。木寺氏は北京の日本大使館で記者会見し、「第一の任務は日中 間の友好関係を深めることだ」と抱負を語った。

 前任の丹羽大使は伊藤忠商事出身で、戦後初の民間人出身中国大使。民主党政権における「政治主導」の象徴とされたが、東京都の尖閣諸島購入計画を批判したことから、事実上更迭された。後任の大使には外務省主流派の西宮伸一氏が任命されたが、自宅近くの路上で倒れて死亡するという事故が発生し、後任人事が進められていた。

 木寺氏は会計課長 、国際協力局長、官房長など本省勤務が長い事務官僚タイプの人材。外国語研修はフランス語で、外務省における最大派閥の北米グループにも、中国閥(いわゆるチャイナスクール)にも属していない。悪化している中国との関係改善のため、官邸との意思疎通や調整能力が買われたと考えられる。

 ただ気になる点は、外務省の不正会計問題が発覚した際、会計課長として田中真紀子外相の矢面に立たされ、プレッシャーに負けて病気療養したという過去。上司からのストレスに潰される、ひ弱なサラリーマンの典型であり、木寺氏のこうした弱点について中国側は徹底的に調べつくしているはずである。どう考えても田中真紀子氏より中国当局の方が恐ろしい相手であり、ここぞという重要な局面で圧力をかけられて木寺氏が屈してしまうリスクが懸念される。

 木寺大使は着任後、日本の記者団とは会見したが、中国側からの取材はほとんど受けていない。出発前に日本において中国メディアの取材を受けただけである。また中国外交部(外務省)の華春瑩・報道官は25日の記者会見で木寺大使に触れたものの、「両国関係改善に尽力するという新大使の見解に注目している」と期待を述べるにとどまっている。

 木寺氏の本格的な大使デビューは、事実上年明け以降ということになるだろう。

 - 政治

  関連記事

singurumaza
子供の貧困が改善したのは、政府による貧困対策の結果ではない?

 子供の貧困がわずかだが改善している。だが先進各国との比較では、依然として日本の …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

yokokume
民主比例復活議員の顛末。多くは落選したが、たくましく生き延びた人も

 前回の衆院選では、はじめての政権交代ということもあり、民主党からは大量の比例復 …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

suti02
民主活動家から権力者に。とうとう大統領への野心を表明したアウン・サン・スー・チー氏

 来日中のミャンマーの民主活動家アウン・サン・スー・チー氏は「政党の党首で国のト …

keri
中国ベッタリ?国務長官就任が噂されるケリー上院議員の素顔

 米国の大統領選挙が終了し、ワシントンでは次期政権の人事に焦点が移っている。オバ …

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

abekaiken
安倍首相が官僚人事で主導権を発揮。だが村木氏の次官抜擢には疑問の声も

 安倍政権が官邸主導人事の目玉として掲げた官僚人事が思いのほか不発となっている。 …