ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国大使の木寺氏が着任。真紀子大臣に責められ病気になっちゃった人だけど大丈夫?

 

 丹羽中国大使の事実上の後任となる木寺昌人駐新中国大使が25日着任した。木寺氏は北京の日本大使館で記者会見し、「第一の任務は日中 間の友好関係を深めることだ」と抱負を語った。

 前任の丹羽大使は伊藤忠商事出身で、戦後初の民間人出身中国大使。民主党政権における「政治主導」の象徴とされたが、東京都の尖閣諸島購入計画を批判したことから、事実上更迭された。後任の大使には外務省主流派の西宮伸一氏が任命されたが、自宅近くの路上で倒れて死亡するという事故が発生し、後任人事が進められていた。

 木寺氏は会計課長 、国際協力局長、官房長など本省勤務が長い事務官僚タイプの人材。外国語研修はフランス語で、外務省における最大派閥の北米グループにも、中国閥(いわゆるチャイナスクール)にも属していない。悪化している中国との関係改善のため、官邸との意思疎通や調整能力が買われたと考えられる。

 ただ気になる点は、外務省の不正会計問題が発覚した際、会計課長として田中真紀子外相の矢面に立たされ、プレッシャーに負けて病気療養したという過去。上司からのストレスに潰される、ひ弱なサラリーマンの典型であり、木寺氏のこうした弱点について中国側は徹底的に調べつくしているはずである。どう考えても田中真紀子氏より中国当局の方が恐ろしい相手であり、ここぞという重要な局面で圧力をかけられて木寺氏が屈してしまうリスクが懸念される。

 木寺大使は着任後、日本の記者団とは会見したが、中国側からの取材はほとんど受けていない。出発前に日本において中国メディアの取材を受けただけである。また中国外交部(外務省)の華春瑩・報道官は25日の記者会見で木寺大使に触れたものの、「両国関係改善に尽力するという新大使の見解に注目している」と期待を述べるにとどまっている。

 木寺氏の本格的な大使デビューは、事実上年明け以降ということになるだろう。

 - 政治

  関連記事

kosokudouro03
大型の公共事業がかえって内需拡大を邪魔している?求人倍率改善のウラ事情

 多くの国民にとってあまり実感が湧かないが、各地で人手不足が深刻になっている。厚 …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …

obama00003
シリアがサリン使用との情報は本物?。軍事介入をめぐる議会と大統領の駆け引きが激化

 米政府は4月25日、シリアのアサド政権が反政府勢力との戦闘において猛毒のサリン …

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …

obama201308
オバマ大統領がシリア軍事介入に慎重なのは、かつてのコソボ空爆の教訓?

 シリア政府が化学兵器を使用した可能性が高まってきたことで、米政府はシリアに対す …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

f35c
武器輸出三原則の緩和に踏み切らせた、日米防衛産業の苦しい経営事情

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機F35について、武器輸出三原則の例外扱いとし、 …