ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国大使の木寺氏が着任。真紀子大臣に責められ病気になっちゃった人だけど大丈夫?

 

 丹羽中国大使の事実上の後任となる木寺昌人駐新中国大使が25日着任した。木寺氏は北京の日本大使館で記者会見し、「第一の任務は日中 間の友好関係を深めることだ」と抱負を語った。

 前任の丹羽大使は伊藤忠商事出身で、戦後初の民間人出身中国大使。民主党政権における「政治主導」の象徴とされたが、東京都の尖閣諸島購入計画を批判したことから、事実上更迭された。後任の大使には外務省主流派の西宮伸一氏が任命されたが、自宅近くの路上で倒れて死亡するという事故が発生し、後任人事が進められていた。

 木寺氏は会計課長 、国際協力局長、官房長など本省勤務が長い事務官僚タイプの人材。外国語研修はフランス語で、外務省における最大派閥の北米グループにも、中国閥(いわゆるチャイナスクール)にも属していない。悪化している中国との関係改善のため、官邸との意思疎通や調整能力が買われたと考えられる。

 ただ気になる点は、外務省の不正会計問題が発覚した際、会計課長として田中真紀子外相の矢面に立たされ、プレッシャーに負けて病気療養したという過去。上司からのストレスに潰される、ひ弱なサラリーマンの典型であり、木寺氏のこうした弱点について中国側は徹底的に調べつくしているはずである。どう考えても田中真紀子氏より中国当局の方が恐ろしい相手であり、ここぞという重要な局面で圧力をかけられて木寺氏が屈してしまうリスクが懸念される。

 木寺大使は着任後、日本の記者団とは会見したが、中国側からの取材はほとんど受けていない。出発前に日本において中国メディアの取材を受けただけである。また中国外交部(外務省)の華春瑩・報道官は25日の記者会見で木寺大使に触れたものの、「両国関係改善に尽力するという新大使の見解に注目している」と期待を述べるにとどまっている。

 木寺氏の本格的な大使デビューは、事実上年明け以降ということになるだろう。

 - 政治

  関連記事

masuzoe
舛添知事の豪華旅行に批判殺到。だが公務員の厚遇は国民が求めてきた結果ともいえる

 舛添要一東京都知事の高すぎる海外出張経費が問題視されている。ファーストクラス利 …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

7thfleet
安全保障関連法成立。だが国会を支配していたのは「昭和」な価値観

 今国会、最大の焦点であった集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案は20 …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

ibukibunmei
伊吹議長の発言に首相周辺が不快感との報道に見る、マスコミと権力の複雑な癒着関係

 政府主催の「東日本大震災三周年追悼式」において、伊吹文明衆議院議長による脱原発 …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

pakukune02
韓国の中高生の7割が朝鮮戦争の経緯を知らない?調査結果をめぐって韓国で大激論

 韓国で実施された中高生に対するアンケートで、回答者の70%が朝鮮戦争の経緯をよ …

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

monka
文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日 …