ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造業の4社に1社が海外に子会社を設けていることが明らかになった。この数値は1992年の調査開始以来最も高くなっている。日本のメーカーが海外進出を加速させていることが伺える。

 本調査の対象となった製造業1万3277社のうち、海外に企業を保有する企業の数は3400社。保有比率は前年調査時点の24.9%を上回り、初めて25%を超えた。また、1企業当たりの海外子会社数も過去最高の7.4社に増加し、国内子会社の5.1社を上回った。海外子会社を置いた地域別では、中国以外のアジア地域が29.7%、中国が27.3%とアジア地域に集中している。

 海外進出が加速する背景になっているのはいうまでもなく、円高と原発事故による電力コストの増加である。だが企業が海外進出を進めている本当の理由は他にある。日本企業の価格競争力の低下である。
 付加価値の低い製造業の分野は、ここ20年で完全にアジアにシフトした。アジア地域のコストは日本の半分から3分の1であり、同じ分野で戦っている限り、日本国内で生産するという選択肢はあり得ないのだ。仮に多少円安になったところで対抗できる状況ではないのである。日本の製造業は、もはや輸出で稼ぐことは不可能であり、海外への直接投資以外に生き残る方法は残っていない。

 だがこれは最近の出来事ではない。日本の国際収支を見てみると、すでに2004年に貿易による利益と投資による利益が逆転している。日本は10年近く前からすでに、物作りの国ではなく、投資でメシを食う国になっていたのである。

 これは良い悪いの問題ではなく事実である。日本は失われた20年の間に、構造改革を行い付加価値の低い産業からより高付加価値な製造業に移行するという選択肢があった。だが日本は痛みを伴う改革は望まず、現状維持という道を選択した。このため、今の日本企業にできることは、現地法人を作ってそこに技術移転を行い、現地法人からの配当や利子で収益を上げるというやり方だけである。

 これは一種の技術流出だがやむを得ない。しばらくの間はこの方法で外貨を稼ぐことが可能であり、その間に、日本企業がどれだけ構造改革を実現できるのかが課題である。今回は海外進出という切り札があったが、「次」はもうないのだ。

 - 経済

  関連記事

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

mujinheli
欧州でヘリの自動操縦デモを実施。飛行機やバスの無人化はもうすぐそこまで来ている

 欧州のヘリコプター・メーカーであるユーロヘリコプターは4月12日、完全に無人で …

suntorypuremoru
サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とす …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …