ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造業の4社に1社が海外に子会社を設けていることが明らかになった。この数値は1992年の調査開始以来最も高くなっている。日本のメーカーが海外進出を加速させていることが伺える。

 本調査の対象となった製造業1万3277社のうち、海外に企業を保有する企業の数は3400社。保有比率は前年調査時点の24.9%を上回り、初めて25%を超えた。また、1企業当たりの海外子会社数も過去最高の7.4社に増加し、国内子会社の5.1社を上回った。海外子会社を置いた地域別では、中国以外のアジア地域が29.7%、中国が27.3%とアジア地域に集中している。

 海外進出が加速する背景になっているのはいうまでもなく、円高と原発事故による電力コストの増加である。だが企業が海外進出を進めている本当の理由は他にある。日本企業の価格競争力の低下である。
 付加価値の低い製造業の分野は、ここ20年で完全にアジアにシフトした。アジア地域のコストは日本の半分から3分の1であり、同じ分野で戦っている限り、日本国内で生産するという選択肢はあり得ないのだ。仮に多少円安になったところで対抗できる状況ではないのである。日本の製造業は、もはや輸出で稼ぐことは不可能であり、海外への直接投資以外に生き残る方法は残っていない。

 だがこれは最近の出来事ではない。日本の国際収支を見てみると、すでに2004年に貿易による利益と投資による利益が逆転している。日本は10年近く前からすでに、物作りの国ではなく、投資でメシを食う国になっていたのである。

 これは良い悪いの問題ではなく事実である。日本は失われた20年の間に、構造改革を行い付加価値の低い産業からより高付加価値な製造業に移行するという選択肢があった。だが日本は痛みを伴う改革は望まず、現状維持という道を選択した。このため、今の日本企業にできることは、現地法人を作ってそこに技術移転を行い、現地法人からの配当や利子で収益を上げるというやり方だけである。

 これは一種の技術流出だがやむを得ない。しばらくの間はこの方法で外貨を稼ぐことが可能であり、その間に、日本企業がどれだけ構造改革を実現できるのかが課題である。今回は海外進出という切り札があったが、「次」はもうないのだ。

 - 経済

  関連記事

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

usaboueki
米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはす …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …