ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造業の4社に1社が海外に子会社を設けていることが明らかになった。この数値は1992年の調査開始以来最も高くなっている。日本のメーカーが海外進出を加速させていることが伺える。

 本調査の対象となった製造業1万3277社のうち、海外に企業を保有する企業の数は3400社。保有比率は前年調査時点の24.9%を上回り、初めて25%を超えた。また、1企業当たりの海外子会社数も過去最高の7.4社に増加し、国内子会社の5.1社を上回った。海外子会社を置いた地域別では、中国以外のアジア地域が29.7%、中国が27.3%とアジア地域に集中している。

 海外進出が加速する背景になっているのはいうまでもなく、円高と原発事故による電力コストの増加である。だが企業が海外進出を進めている本当の理由は他にある。日本企業の価格競争力の低下である。
 付加価値の低い製造業の分野は、ここ20年で完全にアジアにシフトした。アジア地域のコストは日本の半分から3分の1であり、同じ分野で戦っている限り、日本国内で生産するという選択肢はあり得ないのだ。仮に多少円安になったところで対抗できる状況ではないのである。日本の製造業は、もはや輸出で稼ぐことは不可能であり、海外への直接投資以外に生き残る方法は残っていない。

 だがこれは最近の出来事ではない。日本の国際収支を見てみると、すでに2004年に貿易による利益と投資による利益が逆転している。日本は10年近く前からすでに、物作りの国ではなく、投資でメシを食う国になっていたのである。

 これは良い悪いの問題ではなく事実である。日本は失われた20年の間に、構造改革を行い付加価値の低い産業からより高付加価値な製造業に移行するという選択肢があった。だが日本は痛みを伴う改革は望まず、現状維持という道を選択した。このため、今の日本企業にできることは、現地法人を作ってそこに技術移転を行い、現地法人からの配当や利子で収益を上げるというやり方だけである。

 これは一種の技術流出だがやむを得ない。しばらくの間はこの方法で外貨を稼ぐことが可能であり、その間に、日本企業がどれだけ構造改革を実現できるのかが課題である。今回は海外進出という切り札があったが、「次」はもうないのだ。

 - 経済

  関連記事

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …