ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エジプトでイスラム憲法が承認。一部では預金引き出しの動きも

 

 イスラム色が強く民主的でないとして反発の声が大きかったエジプトの新憲法が26日、施行された。憲法案の是非を問う2回目の国民投票で賛成が63.8%に達し、選挙管理委員会は新憲法は承認されたと発表。これを受けモルシ大統領が署名を行った。
 同憲法はモルシ大統領を支持するイスラム勢力が中心になって起草したもので、2011年のアラブの春(ムバラク政権崩壊)以降、はじめての憲法制定となる。

 同憲法に対しては、イスラム色が強過ぎ民主的ではないとの反発があり、カイロで抗議行動が行われていた。またモルシ大統領は事実上三権分立を無効にする大統領権限を打ち出すなど、独裁主義的な傾向を強めている(大統領権限は民主主義グループの反発を受けて最終的には撤回)。

 今回の国民投票ではモルシ大統領側による不正行為があったともいわれており、アラブの春によってエジプトが本当に民主化したのか、欧米各国は状況を注視している。

 モルシ大統領は憲法施行後初めてとなる演説で、すべての政治勢力に対して対話を呼びかけるとともに、エジプトに投資を呼び込むための措置の導入を計画していることを明らかにした。民主活動家の一部は、対話を呼びかけるモルシ大統領の姿勢に一定の評価をしているが、市場では不安が高まっている。
 市内では預金を引き出し、ドルやユーロに両替する人が増えてきており、一部では外貨不足も懸念されはじめている。エジプト政府は、これを受けて外貨の持ち出しを制限する措置の実施を発表した。アラブの春はいよいよ正念場を迎えつつある。

 - 政治

  関連記事

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

kagoike
「森友」疑惑に関して国策捜査発動との観測。日本の議会制民主主義にとって正念場

 学校法人「森友学園」に対する国有地払い下げ問題をめぐり、国会で証人喚問を受けた …

pentagon
米国防総省がサイバー攻撃能力を強化。だが実態は既存システムの防御で手一杯

 米国防総省は、コンピュータ・システムを使った軍事活動を行う「サイバー司令部」を …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

girishashusho
革命家チェ・ゲバラを崇拝するギリシャの青年首相は欧州に何をもたらすか

 ギリシャの議会選挙で圧倒的な勝利を収めた急進左派連合のチプラス党首は2015年 …

cyprus
地中海の小国キプロスでユーロ圏が事実上の財産没収を要求。なぜキプロスだけが?

 地中海の小国キプロスに激震が走った。ユーロ圏各国がキプロスに対する金融支援と引 …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

kennedy05
ケネディ次期駐日大使の議会公聴会は、まるでセレブの記者会見?

 ケネディ大統領の長女で、次期駐日大使に指名されているキャロライン・ケネディ氏は …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …