ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

生活保護が4月から減額の可能性。だが実態はただのスタンドプレーで根本解決にはならず

 

 生活保護の給付が来年4月から減額される可能性が高まってきた。田村憲久厚生労働相は27日の記者会見で、生活保護について「下げる方向で議論している」と述べ、就任時に表明した「最大1 割減」に意欲を示した。

 生活保護は大きく分けて、生活扶助と医療扶助の2つで構成されている。このうち生活扶助は食費や光熱費など日常的な生活にかかる費用を支援するもの。60歳以上の単身世帯では月額約6万2千~8万円が支給されているが、 一般低所得者の生活費を上回っていることが指摘されていた。
 一方、現在全額公費負担となっている医療扶助(医療費)については今回は削減を見送る方針。

 ただこの措置の現実的な効果には疑問符が付く。生活保護費の国庫負担は年間約2.8兆円。このうち生活扶助は約1兆円しかなく1割減を実現しても削減額は1000億円程度、生活保護費の大幅削減にはほど遠い状態だ。
 また医療扶助に手を付けるとなると、より安価な後発医薬品(ジェネリック医薬品)の服用義務を導入する必要が出てくるなど、いろいろとやっかいな問題も浮上してくる。

 このところ生活保護に対しては、不正受給問題をきっかけに一部の国民から強い批判が浴びせられてきた。今回の措置は、自民党政権がこれらの批判に応えていることをアピールするためのスタンドプレー的な意味合いが強いといえる。

 日本の生活保護制度にはいろいろと問題があるのは確かだが、その給付水準が高いことが問題なのではない。満額受給出きるか出来ないかという二つに一つしかないという硬直化した制度運用や特定の人に不正受給が多いといった運用の不公正さの方が問題としてははるかに大きいのだ。
 貧困のレベルに応じて段階的に給付できる制度に変更すれば、低所得者の年収を生活保護者が上回るという事態はかなりの割合で回避できる。また、不正受給がなくならない背景には、実は公務員制度の問題が横たわっているのだ。

 こういった本質的な問題を避け、枝葉末節の施策だけを繰り返していては、生活保護問題を抜本的に解決することなど到底不可能である。

 - 政治, 社会

  関連記事

hosokawakoizumi
細川元首相が都知事選に出馬表明。その後の政局にばかり焦点が当たる奇妙な選挙に

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選において、細川護熙元首相が立候補を表明し …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

kokintou
胡錦濤グループが急速に巻き返し。広東省と重慶市のトップは自派で固める

 中国共産党の政治局常務委員の選出で劣勢に立たされていた胡錦濤前共産党総書記のグ …

uscapitol
米中間選挙は共和党勝利で驚きはなし。経済や株価にはプラスか?

 米国では2014年11月4日、中間選挙が実施され、大方の予想通り共和党の勝利と …

kitasuibaku
北朝鮮が4度目の核実験を実施と発表。原爆ではなく水爆というのは本当か?

 北朝鮮は2016年1月6日、水爆実験に成功したと発表した。北朝鮮が核実験を行う …

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

konamiruku
香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が …

pakukune
韓国次期首相候補が息子優遇で批判。毎回同じことの繰り返しが続く

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)次期大統領が指名した首相候補の金容俊(キム・ヨンジュ …

hongkongramu
香港行政長官選挙は予想通りの出来レースで親中派女性候補が勝利

 香港トップである行政長官を選ぶ選挙が行われ、中国政府の支持を得た前政務官の林鄭 …

kazoku
家族制度に関する内閣府の調査が明らかにした、少子化が止まらない意外な理由

 内閣府は2月18日、家族の役割や夫婦別姓などに関する世論調査(家族の法制に関す …