ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

生活保護が4月から減額の可能性。だが実態はただのスタンドプレーで根本解決にはならず

 

 生活保護の給付が来年4月から減額される可能性が高まってきた。田村憲久厚生労働相は27日の記者会見で、生活保護について「下げる方向で議論している」と述べ、就任時に表明した「最大1 割減」に意欲を示した。

 生活保護は大きく分けて、生活扶助と医療扶助の2つで構成されている。このうち生活扶助は食費や光熱費など日常的な生活にかかる費用を支援するもの。60歳以上の単身世帯では月額約6万2千~8万円が支給されているが、 一般低所得者の生活費を上回っていることが指摘されていた。
 一方、現在全額公費負担となっている医療扶助(医療費)については今回は削減を見送る方針。

 ただこの措置の現実的な効果には疑問符が付く。生活保護費の国庫負担は年間約2.8兆円。このうち生活扶助は約1兆円しかなく1割減を実現しても削減額は1000億円程度、生活保護費の大幅削減にはほど遠い状態だ。
 また医療扶助に手を付けるとなると、より安価な後発医薬品(ジェネリック医薬品)の服用義務を導入する必要が出てくるなど、いろいろとやっかいな問題も浮上してくる。

 このところ生活保護に対しては、不正受給問題をきっかけに一部の国民から強い批判が浴びせられてきた。今回の措置は、自民党政権がこれらの批判に応えていることをアピールするためのスタンドプレー的な意味合いが強いといえる。

 日本の生活保護制度にはいろいろと問題があるのは確かだが、その給付水準が高いことが問題なのではない。満額受給出きるか出来ないかという二つに一つしかないという硬直化した制度運用や特定の人に不正受給が多いといった運用の不公正さの方が問題としてははるかに大きいのだ。
 貧困のレベルに応じて段階的に給付できる制度に変更すれば、低所得者の年収を生活保護者が上回るという事態はかなりの割合で回避できる。また、不正受給がなくならない背景には、実は公務員制度の問題が横たわっているのだ。

 こういった本質的な問題を避け、枝葉末節の施策だけを繰り返していては、生活保護問題を抜本的に解決することなど到底不可能である。

 - 政治, 社会

  関連記事

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

samsungfukukaicho
サムスン電子副会長の息子が裏口入学?韓国では検察も出動する大騒ぎに

 韓国のサムスン電子副会長であるイ・ジェヨン氏(写真)の息子がインターナショナル …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

bunen02
タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …