ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

 

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシア上院は26日、米国人がロシア人の子どもを養子にすることを禁止する法案を可決した。28日にはプーチン大統領がこれに署名し同法案は成立した。

 この法律は、米議会が可決しオバマ大統領が署名した「マグニツキー法」に対する報復措置。同法は、人権侵害に関与したロシア当局者の米国への渡航を禁止したり金融取引の規制を実施するためのもの。ロシア国営企業の不正を告発した報復として、身に覚えのない罪で逮捕され、拘留中に拷問の末死亡したロシアの弁護士マグニツキー氏にちなんで命名された。

 ロシアには100万人にものぼる孤児がいるといわれているが、そのかなりの割合が障害を持つ子供である。つまり、親が死亡してやむなく孤児になったのではなく、親の意思で障害児を捨てているということになり、ロシアのうす暗い社会の一面を伺わせる。これらの孤児の多くが、米国人による養子縁組によって救われており、同法案の成立によって、多くの孤児が行き場を失ってしまうことが懸念されている。

 ロシア側は今回の措置について、マグニツキー法に対する報復としているが、実際は違う。ロシアから子供を引きとることを希望する米国人の数はたかが知れており、法律でそれを制限したからといって米国が打撃を受けることにはならない。むしろプーチン大統領らが意図しているのは、ロシア国民に対して恐怖心を植えつけることである。

 国営企業の不正を告発したマグニツキー氏に対する激しい拷問や今回の立法措置は、反政府的な活動をすると、どういうことになるのかについての「見せしめ」というわけである。ロシアはプーチン大統領が一種の恐怖政治を行っており、こういった事例が後を絶たない。国民の一部からは、共産党政権時代の方がよほど人権が保証されていたという皮肉な意見も出ている。

 ロシアは恐ろしい国であるということがあらためて認識させられる事件だが、日本人は対岸の火事としてこれを他人事のように眺めていられる状況ではない。
 確かに死に至るような拷問などは行われていないものの、見せしめ的な逮捕がしばしば行われたり、罪刑法定主義がないがしろにされるなど、法の支配がきちんと確立されていないという意味では、日本はロシアや中国に近い存在なのである。日本も厳密な意味では、民主国家とはみなされていないのだ。日本人はそのことをよく理解しておく必要がある。

 - 政治, 社会

  関連記事

samsungfukukaicho
サムスン電子副会長の息子が裏口入学?韓国では検察も出動する大騒ぎに

 韓国のサムスン電子副会長であるイ・ジェヨン氏(写真)の息子がインターナショナル …

abesaninsen
自民圧勝が逆に制約?TPPなど規制緩和を前に「族議員」の動きはどうなるか?

 参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集ま …

no image
理研がSTAP細胞論文に関する中間報告を発表。研究の本質部分は結論先送り

 理化学研究所は2014年3月14日、新しい万能細胞である「STAP細胞」に関す …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

kobin
英労働党の新党首は何と強硬左派。米大統領選挙にも飛び火か?

 英国の野党・労働党は2015年9月12日、臨時党大会を開催し、ベテラン下院議員 …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …