ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

 

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシア上院は26日、米国人がロシア人の子どもを養子にすることを禁止する法案を可決した。28日にはプーチン大統領がこれに署名し同法案は成立した。

 この法律は、米議会が可決しオバマ大統領が署名した「マグニツキー法」に対する報復措置。同法は、人権侵害に関与したロシア当局者の米国への渡航を禁止したり金融取引の規制を実施するためのもの。ロシア国営企業の不正を告発した報復として、身に覚えのない罪で逮捕され、拘留中に拷問の末死亡したロシアの弁護士マグニツキー氏にちなんで命名された。

 ロシアには100万人にものぼる孤児がいるといわれているが、そのかなりの割合が障害を持つ子供である。つまり、親が死亡してやむなく孤児になったのではなく、親の意思で障害児を捨てているということになり、ロシアのうす暗い社会の一面を伺わせる。これらの孤児の多くが、米国人による養子縁組によって救われており、同法案の成立によって、多くの孤児が行き場を失ってしまうことが懸念されている。

 ロシア側は今回の措置について、マグニツキー法に対する報復としているが、実際は違う。ロシアから子供を引きとることを希望する米国人の数はたかが知れており、法律でそれを制限したからといって米国が打撃を受けることにはならない。むしろプーチン大統領らが意図しているのは、ロシア国民に対して恐怖心を植えつけることである。

 国営企業の不正を告発したマグニツキー氏に対する激しい拷問や今回の立法措置は、反政府的な活動をすると、どういうことになるのかについての「見せしめ」というわけである。ロシアはプーチン大統領が一種の恐怖政治を行っており、こういった事例が後を絶たない。国民の一部からは、共産党政権時代の方がよほど人権が保証されていたという皮肉な意見も出ている。

 ロシアは恐ろしい国であるということがあらためて認識させられる事件だが、日本人は対岸の火事としてこれを他人事のように眺めていられる状況ではない。
 確かに死に至るような拷問などは行われていないものの、見せしめ的な逮捕がしばしば行われたり、罪刑法定主義がないがしろにされるなど、法の支配がきちんと確立されていないという意味では、日本はロシアや中国に近い存在なのである。日本も厳密な意味では、民主国家とはみなされていないのだ。日本人はそのことをよく理解しておく必要がある。

 - 政治, 社会

  関連記事

abe
安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の …

toki
飼育中のトキが偏食で卒倒。これで2回目。もういい加減にしたらどうだろうか?

 新潟県の佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ1羽が、偏食によるビタミン不足で倒れ …

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

cameronputin
G8はシリア問題をめぐってバラバラ。英国は何とか成果を強調したいところだが・・・・

 英国の北部アイルランドで開催されている主要国首脳会議(G8サミット)が不調だ。 …

honkon
フィリピン人メイドの永住権訴訟で、香港と中国の関係性が再び議論の俎上に

 香港でメイドとして働く外国人労働者に永住権を付与しないとした香港の司法判断が、 …