ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

 

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシア上院は26日、米国人がロシア人の子どもを養子にすることを禁止する法案を可決した。28日にはプーチン大統領がこれに署名し同法案は成立した。

 この法律は、米議会が可決しオバマ大統領が署名した「マグニツキー法」に対する報復措置。同法は、人権侵害に関与したロシア当局者の米国への渡航を禁止したり金融取引の規制を実施するためのもの。ロシア国営企業の不正を告発した報復として、身に覚えのない罪で逮捕され、拘留中に拷問の末死亡したロシアの弁護士マグニツキー氏にちなんで命名された。

 ロシアには100万人にものぼる孤児がいるといわれているが、そのかなりの割合が障害を持つ子供である。つまり、親が死亡してやむなく孤児になったのではなく、親の意思で障害児を捨てているということになり、ロシアのうす暗い社会の一面を伺わせる。これらの孤児の多くが、米国人による養子縁組によって救われており、同法案の成立によって、多くの孤児が行き場を失ってしまうことが懸念されている。

 ロシア側は今回の措置について、マグニツキー法に対する報復としているが、実際は違う。ロシアから子供を引きとることを希望する米国人の数はたかが知れており、法律でそれを制限したからといって米国が打撃を受けることにはならない。むしろプーチン大統領らが意図しているのは、ロシア国民に対して恐怖心を植えつけることである。

 国営企業の不正を告発したマグニツキー氏に対する激しい拷問や今回の立法措置は、反政府的な活動をすると、どういうことになるのかについての「見せしめ」というわけである。ロシアはプーチン大統領が一種の恐怖政治を行っており、こういった事例が後を絶たない。国民の一部からは、共産党政権時代の方がよほど人権が保証されていたという皮肉な意見も出ている。

 ロシアは恐ろしい国であるということがあらためて認識させられる事件だが、日本人は対岸の火事としてこれを他人事のように眺めていられる状況ではない。
 確かに死に至るような拷問などは行われていないものの、見せしめ的な逮捕がしばしば行われたり、罪刑法定主義がないがしろにされるなど、法の支配がきちんと確立されていないという意味では、日本はロシアや中国に近い存在なのである。日本も厳密な意味では、民主国家とはみなされていないのだ。日本人はそのことをよく理解しておく必要がある。

 - 政治, 社会

  関連記事

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

caperay
シリア化学兵器の最終処理は何と洋上。川崎重工製の輸送船がプラントに早変わり

 シリアの化学兵器引き渡しに関する最終期限が迫っている。国際機関はシリアからすみ …

sasago
トンネルだけでなくドライバーも劣化?仮復旧の笹子トンネルで追突事故が連続発生

 天井版の崩落で通行止めになり、下り線の対面交通で仮復旧したばかりの中央自動車道 …

linemorikawa
LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。上場を前にLINEが大波乱

 無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に筒抜けになっているという報道 …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

goldenspike
とうとう宇宙工学もコモディティ化?米国で政府の宇宙開発をアウトソースする会社が登場

 宇宙開発企業である米GoldenSpike社は6日、月への有人宇宙飛行事業を行 …

misutoraru
ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政 …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

yasukuni
靖国参拝に米国が異例の声明。国務省は議会やホワイトハウスをもはや説得できない?

 安倍首相は政権発足から1年となる2013年12月26日、靖国神社に参拝した。首 …

abeamari201409
安倍首相が年功序列賃金の見直しに言及。アベノミクス初の構造改革?

 政府は2014年9月29日、政府、経済団体、労働団体の代表らが雇用や賃金につい …