ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

 

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシア上院は26日、米国人がロシア人の子どもを養子にすることを禁止する法案を可決した。28日にはプーチン大統領がこれに署名し同法案は成立した。

 この法律は、米議会が可決しオバマ大統領が署名した「マグニツキー法」に対する報復措置。同法は、人権侵害に関与したロシア当局者の米国への渡航を禁止したり金融取引の規制を実施するためのもの。ロシア国営企業の不正を告発した報復として、身に覚えのない罪で逮捕され、拘留中に拷問の末死亡したロシアの弁護士マグニツキー氏にちなんで命名された。

 ロシアには100万人にものぼる孤児がいるといわれているが、そのかなりの割合が障害を持つ子供である。つまり、親が死亡してやむなく孤児になったのではなく、親の意思で障害児を捨てているということになり、ロシアのうす暗い社会の一面を伺わせる。これらの孤児の多くが、米国人による養子縁組によって救われており、同法案の成立によって、多くの孤児が行き場を失ってしまうことが懸念されている。

 ロシア側は今回の措置について、マグニツキー法に対する報復としているが、実際は違う。ロシアから子供を引きとることを希望する米国人の数はたかが知れており、法律でそれを制限したからといって米国が打撃を受けることにはならない。むしろプーチン大統領らが意図しているのは、ロシア国民に対して恐怖心を植えつけることである。

 国営企業の不正を告発したマグニツキー氏に対する激しい拷問や今回の立法措置は、反政府的な活動をすると、どういうことになるのかについての「見せしめ」というわけである。ロシアはプーチン大統領が一種の恐怖政治を行っており、こういった事例が後を絶たない。国民の一部からは、共産党政権時代の方がよほど人権が保証されていたという皮肉な意見も出ている。

 ロシアは恐ろしい国であるということがあらためて認識させられる事件だが、日本人は対岸の火事としてこれを他人事のように眺めていられる状況ではない。
 確かに死に至るような拷問などは行われていないものの、見せしめ的な逮捕がしばしば行われたり、罪刑法定主義がないがしろにされるなど、法の支配がきちんと確立されていないという意味では、日本はロシアや中国に近い存在なのである。日本も厳密な意味では、民主国家とはみなされていないのだ。日本人はそのことをよく理解しておく必要がある。

 - 政治, 社会

  関連記事

genba
玄葉外相が、日本は韓国よりも米国から信頼されていると見苦しい自慢話を展開

 今回の北朝鮮のミサイル発射では、韓国側の情報が錯綜し混乱が見られた。この点につ …

fwd
フェイスブックCEOが政治団体を旗揚げ。彼への批判はオールド企業からの攻撃?

 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは4月11日、移民法改革などを目 …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

merukerurainiti02
ドイツが慰安婦発言をめぐって日本側を翻弄。メルケル首相の狙いは?

 ドイツのメルケル首相の発言をめぐって、政府と民主党の間で、「言った言わない」論 …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

Hillary Clinton
ヒラリー氏が次の大統領選に出馬?だが共和党はもっと大きな隠し球が・・・

 米国では、2016年の大統領選挙に向けた動きがすでに始まっている。今年2月に国 …

rikokkyoonnkaho
中国の新閣僚が出揃う。閣僚人事では習近平氏は劣勢?

 中国政府の新しい閣僚人事が決定した。全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3 …

7thfleet
米空母2隻が西太平洋に展開。ただし毎年の恒例行事であり過大な期待は無用

 米第7艦隊は、空母「ジョージ・ワシントン」と「ジョン・C・ステニス」を中心とし …

mof03
異例の人事が続く財務省。実際は、通常の人事に戻すための布石か?

 財務省は2016年6月17日、幹部人事を発表した。事務次官だった田中一穂氏の後 …

ryosinei
香港の民主化を求める抗議活動が拡大中。中国は一歩も引かない構えだが

 香港の選挙制度改革を求める抗議活動が予想外の広がりを見せている。当初、セントラ …