ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港を飲み込むはずがむしろ逆効果に。中国による香港統治政策は失敗?

 

 香港大学は27日、香港人の意識調査の結果を発表した。それによると、自 らを「香港人」と認識する人の割合が、1997年の返還後で最も多くなっていることが分かった。

 同大学の調査は、「中華民族 の一人」や「アジア人」など計6つの属性の中から自らがどれに属するかを聞き、最高を100として指数化したもの。この中で「香港人」という項目は81.7となり、前回の調査より4.3ポイント上昇した。次いで、「中華民族の一人」「アジア人」と続き「中華人民共和国国民」は最下位であった。

 香港が中国に返還された1997年当時、香港は大国である中国に完全に飲み込まれてしまうという予想がほとんどであった。実際、中国政府は香港を完全に取り込むことを目論んできたが、思ったほど香港の中国化は進んでいないのが実情だ。

 香港人に「中国本土とは違う」という意識を目覚めさせている原動力は、皮肉にも香港を圧倒する水準になった中国本土の経済力なのである。

 中国本土の所得はここ10年で劇的に向上しており、都市部の物価はすでに香港を上回っている。その結果、当初は「成り金」だった中国人も徐々に成熟化が進み、文化に対する理解力が高まってきたのだ。最近では、本土より圧倒的に成熟した香港のレストランや、政府批判や風刺表現も比較的自由にできる香港のジャーナリズムといった文化的な側面が大いに注目され、香港に留学したり、就職したりする本土人が増えているのである。
 一方で、中国内陸部の人たちは、ようやく最近になって経済水準が向上し、ショッピングなどを目的として香港に大挙して押しかけている。彼らの一部はまだまだ「野蛮人」で、高級ブランドの店内で寝転がったり、ホテルの洗面台で靴を洗ったりと、香港人が眉をひそめる行動を繰り返している。香港では「本土人お断り」のステッカーを貼っているタクシーがあるくらいだ。
 この両極端な本土人の出現は、すべて中国の目覚しい経済発展の結果なのである。

 こうした影響が重なり、香港では若者を中心に自らを「香港人」ととらえる意識がより高まっていると考えられる。中国政府は、中国本土と同じレベルの愛国主義を植え付けることを目指した教育方針の導入を試みたが、香港人の根強い抵抗で事実上の撤回に追い込まれた。香港には世界の目が注がれており、暴力的に弾圧して中国に服従させることも難しい。

 現在の香港は、10年後の中国本土の姿なのかもしれない。中国の内陸部も沿岸部と同水準まで成熟化が進めば、やがて中国本土においてもより民主的で文化的な生活に対する欲求が高まってくるだろう。もちろん中国政府が転覆を恐れ、弾圧をしなければという条件はつくのだが。

 - 政治, 社会

  関連記事

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

nodae02
野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉で …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …

puting20
G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において …