ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港を飲み込むはずがむしろ逆効果に。中国による香港統治政策は失敗?

 

 香港大学は27日、香港人の意識調査の結果を発表した。それによると、自 らを「香港人」と認識する人の割合が、1997年の返還後で最も多くなっていることが分かった。

 同大学の調査は、「中華民族 の一人」や「アジア人」など計6つの属性の中から自らがどれに属するかを聞き、最高を100として指数化したもの。この中で「香港人」という項目は81.7となり、前回の調査より4.3ポイント上昇した。次いで、「中華民族の一人」「アジア人」と続き「中華人民共和国国民」は最下位であった。

 香港が中国に返還された1997年当時、香港は大国である中国に完全に飲み込まれてしまうという予想がほとんどであった。実際、中国政府は香港を完全に取り込むことを目論んできたが、思ったほど香港の中国化は進んでいないのが実情だ。

 香港人に「中国本土とは違う」という意識を目覚めさせている原動力は、皮肉にも香港を圧倒する水準になった中国本土の経済力なのである。

 中国本土の所得はここ10年で劇的に向上しており、都市部の物価はすでに香港を上回っている。その結果、当初は「成り金」だった中国人も徐々に成熟化が進み、文化に対する理解力が高まってきたのだ。最近では、本土より圧倒的に成熟した香港のレストランや、政府批判や風刺表現も比較的自由にできる香港のジャーナリズムといった文化的な側面が大いに注目され、香港に留学したり、就職したりする本土人が増えているのである。
 一方で、中国内陸部の人たちは、ようやく最近になって経済水準が向上し、ショッピングなどを目的として香港に大挙して押しかけている。彼らの一部はまだまだ「野蛮人」で、高級ブランドの店内で寝転がったり、ホテルの洗面台で靴を洗ったりと、香港人が眉をひそめる行動を繰り返している。香港では「本土人お断り」のステッカーを貼っているタクシーがあるくらいだ。
 この両極端な本土人の出現は、すべて中国の目覚しい経済発展の結果なのである。

 こうした影響が重なり、香港では若者を中心に自らを「香港人」ととらえる意識がより高まっていると考えられる。中国政府は、中国本土と同じレベルの愛国主義を植え付けることを目指した教育方針の導入を試みたが、香港人の根強い抵抗で事実上の撤回に追い込まれた。香港には世界の目が注がれており、暴力的に弾圧して中国に服従させることも難しい。

 現在の香港は、10年後の中国本土の姿なのかもしれない。中国の内陸部も沿岸部と同水準まで成熟化が進めば、やがて中国本土においてもより民主的で文化的な生活に対する欲求が高まってくるだろう。もちろん中国政府が転覆を恐れ、弾圧をしなければという条件はつくのだが。

 - 政治, 社会

  関連記事

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

cyprus03
キプロス支援策は大口預金者のみの負担で何とか決着。だが金融立国継続は絶望的?

 欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領とキプロスのアナスタシアディス大統領との …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …