ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとなった。12月に日本経済新聞が電子版の読者に対して実施したアンケート調査によると、年末の株高によって投資信託への関心や運用方針に変化があったかという問に対して、「投資信託による運用を増やした」と回答した人は23%にとどまった。投資信託で運用したことはないという回答が43%あったほか、25%もの人が株高にも関わらず、投資信託による運用をやめる、もしくは投資信託による運用を減らすとと回答している。

 投資信託に対しては、「損得に関係なく手数料を徴収される」「分散投資型が大部分で、投資成績が悪い」など手数料体系や運用手法という根本的な部分で不満が高いことが浮き彫りとなった。

  この結果については「投資家はかなり冷静に投信の商品性について理解している」(金融ジャーナリスト)との声が上がっている。日経新聞電子版の読者は金融知識が比較的豊富と考えられるため、すべての個人投資家の見解を反映しているとは言い難い。だがアンケート結果は日本の投信が抱える問題を如実に表している。

 日本の投資信託は米国など先進諸外国に比べると平均寿命が短い。また多くの人の資産運用の定番となるような基幹ファンドもない。この結果、幅広い投資家を集めることができず、結果として手数料も高止まりしている。
 また見かけ上の高利回りを実現するためにいわゆる「タコ足配当」を実施したり、毎月配当に代表されるように必ずしも投資家の利益にならない方式も採用されている。

 投資信託の多くが投資家の目線に立っていないのは、投信の販売会社と運用会社が同じグループになっていることが大きく影響しているといわれる。強力な販売力を持つ証券会社が自社のグループ会社が儲かるような投信を意図的に設計させ、投資家のニーズとは関係なく販売しているのである。

 日本の証券市場は年々縮小しており、グローバル・レベルで見ると日本の証券市場はアジアのローカル・マーケットに転落してしまった。今回の円安と株高は日本の証券市場が復活する最後のチャンスともいわれている。ここで投資家の信頼を取り戻せなければ、投資信託が日本人の資産運用の中核になる可能性は極めて小さくなるだろう。自国市場で資産形成できない国はもはや先進国とはいえない。

 - 経済

  関連記事

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

foxconn
中国の鴻海で組合代表者の自由選挙を実施。グローバルなモノの流れが変化する?

 アップルからiPhoneなどの製造を一手に引き受ける中国のフォックスコン社(台 …

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …