ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとなった。12月に日本経済新聞が電子版の読者に対して実施したアンケート調査によると、年末の株高によって投資信託への関心や運用方針に変化があったかという問に対して、「投資信託による運用を増やした」と回答した人は23%にとどまった。投資信託で運用したことはないという回答が43%あったほか、25%もの人が株高にも関わらず、投資信託による運用をやめる、もしくは投資信託による運用を減らすとと回答している。

 投資信託に対しては、「損得に関係なく手数料を徴収される」「分散投資型が大部分で、投資成績が悪い」など手数料体系や運用手法という根本的な部分で不満が高いことが浮き彫りとなった。

  この結果については「投資家はかなり冷静に投信の商品性について理解している」(金融ジャーナリスト)との声が上がっている。日経新聞電子版の読者は金融知識が比較的豊富と考えられるため、すべての個人投資家の見解を反映しているとは言い難い。だがアンケート結果は日本の投信が抱える問題を如実に表している。

 日本の投資信託は米国など先進諸外国に比べると平均寿命が短い。また多くの人の資産運用の定番となるような基幹ファンドもない。この結果、幅広い投資家を集めることができず、結果として手数料も高止まりしている。
 また見かけ上の高利回りを実現するためにいわゆる「タコ足配当」を実施したり、毎月配当に代表されるように必ずしも投資家の利益にならない方式も採用されている。

 投資信託の多くが投資家の目線に立っていないのは、投信の販売会社と運用会社が同じグループになっていることが大きく影響しているといわれる。強力な販売力を持つ証券会社が自社のグループ会社が儲かるような投信を意図的に設計させ、投資家のニーズとは関係なく販売しているのである。

 日本の証券市場は年々縮小しており、グローバル・レベルで見ると日本の証券市場はアジアのローカル・マーケットに転落してしまった。今回の円安と株高は日本の証券市場が復活する最後のチャンスともいわれている。ここで投資家の信頼を取り戻せなければ、投資信託が日本人の資産運用の中核になる可能性は極めて小さくなるだろう。自国市場で資産形成できない国はもはや先進国とはいえない。

 - 経済

  関連記事

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

setsubitousi
11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

seijouishii
マネーゲームの末、高級スーパー成城石井はローソンへ。相乗効果は未知数

 コンビニ大手のローソンが、首都圏を中心に高級スーパーを展開する成城石井を買収す …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

taburetokyoiku
アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発 …

bitcoinkessai
ビックカメラ、リクルートが中国人観光客をターゲットに相次いでビットコイン決済を導入

 決済通貨としてビットコインに対応する動きが活発化している。背景にあるのは訪日外 …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …