ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとなった。12月に日本経済新聞が電子版の読者に対して実施したアンケート調査によると、年末の株高によって投資信託への関心や運用方針に変化があったかという問に対して、「投資信託による運用を増やした」と回答した人は23%にとどまった。投資信託で運用したことはないという回答が43%あったほか、25%もの人が株高にも関わらず、投資信託による運用をやめる、もしくは投資信託による運用を減らすとと回答している。

 投資信託に対しては、「損得に関係なく手数料を徴収される」「分散投資型が大部分で、投資成績が悪い」など手数料体系や運用手法という根本的な部分で不満が高いことが浮き彫りとなった。

  この結果については「投資家はかなり冷静に投信の商品性について理解している」(金融ジャーナリスト)との声が上がっている。日経新聞電子版の読者は金融知識が比較的豊富と考えられるため、すべての個人投資家の見解を反映しているとは言い難い。だがアンケート結果は日本の投信が抱える問題を如実に表している。

 日本の投資信託は米国など先進諸外国に比べると平均寿命が短い。また多くの人の資産運用の定番となるような基幹ファンドもない。この結果、幅広い投資家を集めることができず、結果として手数料も高止まりしている。
 また見かけ上の高利回りを実現するためにいわゆる「タコ足配当」を実施したり、毎月配当に代表されるように必ずしも投資家の利益にならない方式も採用されている。

 投資信託の多くが投資家の目線に立っていないのは、投信の販売会社と運用会社が同じグループになっていることが大きく影響しているといわれる。強力な販売力を持つ証券会社が自社のグループ会社が儲かるような投信を意図的に設計させ、投資家のニーズとは関係なく販売しているのである。

 日本の証券市場は年々縮小しており、グローバル・レベルで見ると日本の証券市場はアジアのローカル・マーケットに転落してしまった。今回の円安と株高は日本の証券市場が復活する最後のチャンスともいわれている。ここで投資家の信頼を取り戻せなければ、投資信託が日本人の資産運用の中核になる可能性は極めて小さくなるだろう。自国市場で資産形成できない国はもはや先進国とはいえない。

 - 経済

  関連記事

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …

intelbaytrail
インテル1~3月期決算。データセンター好調も、IoTはまだまだ途上

 半導体世界最大手の米インテルは2015年4月14日、2015年1~3月期の決算 …

tsubaki
資生堂が初の本格的な社長外部招聘。お公家さん社風は変わるのか?

 資生堂は昨年末、前田新造会長兼社長が代表権のある会長に専念し、元日本コカ・コー …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

kosokudouro03
大型の公共事業がかえって内需拡大を邪魔している?求人倍率改善のウラ事情

 多くの国民にとってあまり実感が湧かないが、各地で人手不足が深刻になっている。厚 …

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

redbull
超音速ダイビングを主導したレッドブル社。最終的な狙いは宇宙ビジネス?

 オーストリア人のスカイダイバーであるフェリックス・バウムガルトナーさんが14日 …

nyse03
米国は「日本化」しているのか?FRBエコノミストの見解をめぐって激論

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日のFOMC(連邦公開市場 …