ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官民協調の枠組み」など総合的な円高対策 を求めた。新たな官民強調の枠組みとは、官民で設立する外債購入ファンドのことを指しており、年明けから構想の具体的な検討に入る見込みだ。

 自民党は衆院選の公約で、円高対策として「官民協調外債ファンド」を創設を盛り込んでいる。ファンドを通じ て海外の債券を購入することで、市場で外貨買いの実需が発生させ、円安に誘導する狙いだ。

 ただ外債ファンドの設立が通貨安政策と認識されれば、米国をはじめ諸外国からの反発が予想される。財務省は「諸外国から事実上の為替介入とみなされる可能性がある」として慎重な姿勢を示している。
 甘利明経済再生・経済財政相は28日午後「公約には具体的な決定事項としては書いていない」とし、あくまで検討中であることを強調した。だが一方で「諸外国の懸念とならないような策があるかないか検討するということがあってもいい」と述べ、ファンド設立に前向きな考えを示した。

  ファンドが設立されれば、その規模にもよるが、一定の外貨買い需要が発生することになり、円高に対してそれなりの効果を発揮することは間違いない。また市場では貿易赤字の定着や緩和策の継続などから円安がさらに進むと見る向きが多く、結果的に外債ファンドは大きな利益を上げるかもしれない。

 だが一部の市場関係者からは「タイミングが遅すぎる」(為替ディーラー)との声も上がっている。円安はすでに既定路線であり、外債ファンドの創設はむしろ資金の国外流出のきっかけになってしまうのではないかという懸念が出ているのだ。

 安倍政権では大型の予算編成を計画しており、国債の増発は不可避の状況である。現在は国内に余剰資金が大量にダブついているので、ほとんどの資金が国債の消化に回っている。世界でも突出した水準の財政赤字にも関わらず国債価格が奇跡的に維持されているのは、行き場のない資金が国内に滞留しているからである。
 だが円安になり外貨投資が有利になると、眠っていた資金が国外に向けて動き出す可能性がある。そうなると国債を消化することができず、大幅な金利上昇をもたらしてしまう。一旦このループに入ってしまうと、際限のない円安とインフレが続くことになり、国民生活に大きな影響を与えることになる。

 際限のない円安とインフレを起こさないためには、為替政策が実質GDPの成長に確実に結びつかなければならない。そのためには、具体的な成長戦略の策定が必須の条件となる。だが現在のところ、大規模な財政出動以外に具体的な成長戦略は打ち出されていない。安倍政権の経済政策の成否は、最終的には成長戦略の中身にかかっているのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

bouekitoukei 201502
2月の貿易収支は先月に引き続いて改善。輸出の米国依存がより鮮明に

 財務省は2015年3月18日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

thaad
最新ミサイル防衛システムTHAADの韓国配備で、TPPにも影響アリ?

 米国と韓国が、最新のミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備を決定したこと …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

onodera01
小野寺防衛相が国際会議において「右傾化は誤解」と異例の説明

 シンガポールで開催されているアジア安全保障会議に出席した小野寺防衛大臣は講演を …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

abeaso
見かけ上?好調なGDPの数値から、安倍政権内部で消費増税先送り論が台頭。

 2013年1~3月期の国内総生産(GDP)の数値が好調だったことから、参院選を …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …