ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?

 

 2期目を迎える次期オバマ政権の基盤がより強固になる可能性が高くなってきた。クリントン国務長官の後任に、大物上院議員のケリー氏が内定したのに続いて、国防長官にチャック・ヘーゲル元上院議員が就任する公算が高くなっているからだ。

 チャック・ヘーゲル氏は12年間上院議員を務めた人物で、何と共和党員。だが上院議員在職中は共和党であるにも関わらず、ブッシュ元大統領の外交政策を痛烈に批判し、イラク戦争にも反対した。
 だが口先だけの反戦家ではなく、ベトナムの従軍経験があり、勲章も授与されている英雄である。またイスラエルに対しても批判的で、米国は軽々しく戦争をすべきではないとの強い信念を持っている。
 オバマ政権の1期目は大統領に就任したばかりということもあり、オバマ大統領は周辺の利害関係者の意向を最大限配慮しなければならない立場にあった。大統領予備選で争ったクリントン氏を国務長官として処遇したり、ブッシュ政権の国防長官であったゲイツ氏を横滑りさせたのは、このような事情からである。

 だが二回目の選挙に勝利したオバマ大統領は閣僚人事において主導権を発揮することが可能となった。オバマ大統領は、拡大しすぎた米国の覇権を縮小し、米国をもう少しコンパクトで強力な国家に変貌させたいという意向を持っている。そのためには、軍の再編と対中関係の強化が必須の条件となる。
 すでに国防予算の大規模な削減が始まっているが、軍人や軍需企業はこれに強く反発している。軍の再編を徹底するには、国防長官の人選が何より重要となる。ヘーゲル氏であれば、軍人に対する説得力もあり、かつリベラル派からの信頼も厚く、オバマ大統領のプランを実行するのに最適な人物といえるだろう。

 外交面では、イスラエル支援の立場を後退させる可能性が高い。場合によってはイランとの緊張関係も緩和させる可能性がある。中国に対しても同様で、全面的に中国と対立するシナリオは描きにくい。ちなみに国務長官に内定しているケリー上院議員は親中国派として有名である。
 そういった意味では、日本は米中関係の狭間においてハシゴをはずされる可能性が高くなってきたといえる。安倍首相は日米同盟を強化し、これを後ろ盾とすることで、尖閣問題における強硬姿勢を担保しようとしている。だが次期オバマ政権の外交方針によっては、この戦略が意味をなさない可能性も出てきているのだ。

 オバマ政権2期目の米国は、新しいリベラリズムの国となるかもしれない。親イスラエル、労働組合、人権問題での他国介入といった従来型のリベラル色を一掃したまったく新しいリベラリズムである。米国が2035年までに石油を完全に自給できるという衝撃的な事実も、この動きをさらに加速させる可能性がある。
 究極的には東アジア地域の安全保障については、中国に委ねることも理論的にあり得る展開となってきたのである。戦後70年続いた日米安保体制は、いよいよ終わりの始まりを迎えようとしているのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

ibukibunmei kaisan
解散の万歳はどこでするのが正しい?過去のケースでは実はバラバラ

 衆議院解散における万歳三唱は帝国議会の時代からの慣習といわれてるが、今回の解散 …

obamaorando2014
オランド仏大統領が訪米。事実婚解消による単身渡米で盛り上がりは今ひとつ

 フランスのオランド大統領は2014年2月11日、米国を訪問しオバマ大統領と首脳 …

abe20160802
総額28兆円の経済対策。実質的な金額は6兆円にとどまり、効果は限定的

 政府は2016年8月2日、総額28兆円を上回る経済対策を閣議決定した。金額だけ …

no image
なぜか報道されないスペインの国家分裂危機。支援を要請できないのにはワケがあった

 米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、スペインの国際 …

no image
Wikiリークスのアサンジって誰?

 エクアドルに亡命を申請して大使館に逃げ込んだWikiリークスのアサンジ容疑者。 …

tenanmon02
天安門の自動車爆破事件。世界が危惧するシリア問題との関連性

 北京の天安門広場で、車が歩道に突入・炎上し5人が死亡した事件について、中国当局 …

murayamakato
村山元首相と加藤元幹事長が中国を訪問。元気満々な村山氏と足元がフラつく加藤氏

 親中国派の政治家として知られている村山富市元首相と加藤紘一元自民党幹事長が28 …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

orando
フランス人は決して謝らない。オランド大統領がアルジェリアを訪問するも謝罪要求は一蹴

 フランスのオランド大統領は独立50周年を迎えるアルジェリアを訪問し、フランスに …

hasimoto2
橋下氏が石原氏とたちあがれの分断工作を開始。石原氏最大の弱点が露呈!

 次期衆院選を控えた「第三極」勢力の結集をめぐって、橋下徹大阪市長による「たちあ …