ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

引退表明の松井秀喜。頼むから日本の大学入学、巨人監督という道だけは歩まないでくれ

 

 現役引退を表明した松井秀喜氏が大学への進学を検討していることが明らかとなった。サンケイが報じている。

 記事では、将来かなえたい夢として、(1)大学入学(2)米国に拠点を置いての生活(3)高校野球の監督、の3つがあげられている。まずは日本の有名私大を中心に、ニューヨークの大学も選択肢に入れながら検討を進めるという。

 松井氏にはすでに巨人から近い将来の監督候補として熱烈なラブコールを送られているいう。だが、松井氏が日本の有名大学に入学し、その後巨人の監督に就任するという、凡庸な第二の人生だけは送って欲しくないと思っているのは本誌だけではあるまい。

 野球殿堂入りが困難とはいえ、メジャーリーグ最高峰ヤンキースのホームランバッターだった人材である。松井氏には、米国と日本をまたにかけた大実業家になれる十分な資格がある。大学に至っては、自分が入学するのではなく、松井氏の名前を冠した大学を創設し、アジア系を中心に世界のスポーツ人材を育成するぐらいの立場にならなければおかしいのだ。

 10年の米国生活で英会話もすっかりマスターしており、日常生活で不便さを感じる場面はほぼないという。米国永住権であるグリーンカードの申請も視野に入れているという情報もある。どうせ大学に入るのなら米国の大学に入り、スケールの大きな仕事をしてこそ、これまでのキャリアが生かせるというものだろう。
 世界の頂点に立った人材が、他の日本人野球選手と同じく日本のプロ野球監督で人生を終わるというのは、あまりにも悲しい。松井氏には日本だけではなく、世界の少年の夢になる責務があるのだ。

 - 社会, 芸能

  関連記事

obrien02
英国カトリックのオブライエン枢機卿が、とうとうホモ行為の強要を認め謝罪

 神学生や司祭に対する性的虐待を告発され、スコットランド・エジンバラ大司教を辞職 …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

hellowork
日本もこうなる?英国の失業者が受講する心理テスト。内容は自己啓発セミナー真っ青

 生活保護や失業保険の削減など、一連の社会保障制度改革を行っている英国で、失業者 …

jutaku02
世帯収入が多いほど無理なくマイホームを購入しているという調査結果をどう見るか

 世帯収入が多いほど、無理のない範囲の金額でマイホームを購入している。そんなアン …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

ISS
若田さん搭乗の国際宇宙ステーションで機器トラブル。今のところ修理メドは立たず

 NASA(米航空宇宙局)は2013年12月11日、国際宇宙ステーション(ISS …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

young
EUの失業率が過去最悪で若年層対策に1兆円投入。日本での関心は低いまま

 EU(欧州連合)首脳会議は6月27日、若年層の失業対策に2年で総額80億ユーロ …

osensui
トリチウム汚染をめぐる危険性の論争は、今となっては不毛な争いだ

 汚染水漏れが指摘されている福島第一原子力発電所のタンク付近の井戸水から、高濃度 …