ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

引退表明の松井秀喜。頼むから日本の大学入学、巨人監督という道だけは歩まないでくれ

 

 現役引退を表明した松井秀喜氏が大学への進学を検討していることが明らかとなった。サンケイが報じている。

 記事では、将来かなえたい夢として、(1)大学入学(2)米国に拠点を置いての生活(3)高校野球の監督、の3つがあげられている。まずは日本の有名私大を中心に、ニューヨークの大学も選択肢に入れながら検討を進めるという。

 松井氏にはすでに巨人から近い将来の監督候補として熱烈なラブコールを送られているいう。だが、松井氏が日本の有名大学に入学し、その後巨人の監督に就任するという、凡庸な第二の人生だけは送って欲しくないと思っているのは本誌だけではあるまい。

 野球殿堂入りが困難とはいえ、メジャーリーグ最高峰ヤンキースのホームランバッターだった人材である。松井氏には、米国と日本をまたにかけた大実業家になれる十分な資格がある。大学に至っては、自分が入学するのではなく、松井氏の名前を冠した大学を創設し、アジア系を中心に世界のスポーツ人材を育成するぐらいの立場にならなければおかしいのだ。

 10年の米国生活で英会話もすっかりマスターしており、日常生活で不便さを感じる場面はほぼないという。米国永住権であるグリーンカードの申請も視野に入れているという情報もある。どうせ大学に入るのなら米国の大学に入り、スケールの大きな仕事をしてこそ、これまでのキャリアが生かせるというものだろう。
 世界の頂点に立った人材が、他の日本人野球選手と同じく日本のプロ野球監督で人生を終わるというのは、あまりにも悲しい。松井氏には日本だけではなく、世界の少年の夢になる責務があるのだ。

 - 社会, 芸能

  関連記事

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

singlemother
働いても働かなくてもシングルマザーの貧困率が変わらないという衝撃

 安倍政権では成長戦略の一環として女性の活用を掲げているが、一方で、働く女性の貧 …

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

erica
TIME誌世界の100人にユニクロ柳井氏と共に選ばれた日本人「エリカ様」って誰?

 米TIME誌は4月、毎年恒例となっている「世界で最も影響力のある100人」の2 …

gun
米国で思いのほか銃規制が進まないのは、実は米国が安全な国になっているから

 米国コネティカット州で起きた銃乱射事件に関してオバマ米大統領は16日、再発防止 …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

merukeru04
ドイツでとうとう最低賃金導入へ。ドイツ経済はどう変わるのか?

 ドイツで全国一律の最低賃金制度が導入される可能性が高まってきた。メルケル首相が …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

sumahokodomo
スマホが幼児に悪影響という小児科医会の主張。もっと具体的な情報が欲しい

 全国の小児科医などで作る日本小児科医会は、乳幼児にスマホやタブレットで長時間遊 …