ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するのは、目の疲れなどを緩和する「コバラミンEX」、整腸剤「コバガード」など4種類。同社は、2012年9月に通信販売限定の大衆薬の販売を開始したばかりだが、半年も経たずに撤退することになる。同社では撤退の理由について「売り上げの伸び悩み」としているが、ドラッグストア業界の反発に配慮したとの見方がもっぱらだ。

 大衆薬のネット販売については、シェア低下を懸念したドラッグストア業界が厚労省に対して猛烈なロビー活動を行い、販売を制限するよう圧力をかけてきた。この結果、厚労省は省令によって薬のネット販売を禁止する措置を実施し、インターネットで薬が買えないという異常な事態となっていた。
 厚労省がこのような決定を行った背景にはドラッグストア業界の政治的圧力だけが原因ではない。薬の対面販売を義務付け、販売資格を公的資格にして天下り利権を作ろうという厚労省の思惑があった。傲慢な官僚組織が一業界団体の意向だけで動くことなどあり得ないのだ。

 これに反発した楽天などネット企業側は国を相手に提訴しており、昨年12月末、最高裁は薬のネット販売禁止措置を無効とする判断を示していた。法律上は薬のネット販売がようやく認められた形となったわけだが、今回、小林製薬が販売中止を決めたこいうことは、メーカーに対するドラッグストア業界からの圧力がかなり強いことを伺わせる。

 これまで消費者の意向を無視するのは、多くがメーカー側であった。小売店側はこういったメーカー主導の市場に反発し、PB(プライベート・ブランド)などを開発して対抗するというのが、これまでの光景であった。
 だが今回は状況がまったく正反対である。消費者の意向に沿いたいメーカーとそれを妨害しようとする小売店という図式である。
 このことは日本の産業構造における力学関係が大きく変化してきたことを示している。貧しい時代は相対的にモノが少なく、メーカーの方が立場が上になる。メーカーが売りたい製品を売りたい値段で販売しない小売店には、メーカーが製品を出荷しなかったのである。
 ところが高度成長が終わりモノが溢れる時代になると、立場が逆転する。小売店の言うことをメーカーが聞かないと製品を売ってくれなくなるのだ。

 一般に、国の成熟度が高いほど、消費者の立場が強くなるという法則がある。日本の場合には、メーカーから小売店に主導権が移っただけで、消費者の利益は依然として保護されていない。高度経済成長はとっく終了しているのに、精神だけは後進国のままというわけである。

 大衆薬のネット販売が今後、どのような展開となるのかは、日本社会の成熟度を示す格好の試金石となるだろう。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

okane02
日銀の資金循環統計から分かる、日本人のお金に関する行動は案外合理的という事実

 日本人のお金に関する判断はかなり合理的だった。日銀が発表したは2012年10~ …

nihonkeizai02
4~6月期のGDPは予想外に個人消費が健闘。持続的な拡大局面に入れるのか?

 内閣府は2017年8月14日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

tanakashuonrai
北朝鮮特使との会談でも実施された、相手を翻弄させる中国の外交テクニック。

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問した朝鮮人民軍総政治局長の崔竜海氏 …

minatoku
地域の所得格差がじわじわと拡大。株価が上昇するとさらに格差が広がる

 地域による所得格差が拡大している。もっとも所得が高い自治体と低い自治体では平均 …

shukinpei06
国連人権理事会が中国の人権弾圧を指摘。だが中国への実質的影響はほとんどゼロ

 国連人権理事会は10月22日、作業部会を開催し、中国に対してチベット自治区など …

j31
中国が軍需企業の上場コングロマリット化を計画。中核5社の素顔とは

 中国が軍の近代化を急ピッチで進めている。今月1日、中国は次世代ステルス戦闘機「 …

asesan48th
閉幕したASEAN外相会議。ようやく共同宣言がまとまったが中国批判は抑制的

 中国の南シナ海進出問題で注目を集めていた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会 …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …