ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープが公募増資を検討中。金額は1000億円と中途半端でやはり抜本解決にならず

 

 経営再建中のシャープが2013年春にも公募増資に踏み切る可能性が高くなってきた。読売新聞が報じている。報道によると、同社は1000億円程度の増資について主力銀行と協議を始めているという。調達した資金は液晶事業の強化に充てる予定。

 同社は2期連続して巨額の赤字を計上しており、50%以上あった自己資本が急激に毀損している。2013年3月期の決算において自己資本率が10%を切るのは確実となっており、そろそろ「危険水域」(証券アナリスト)に入りつつある。
 現在、同社の資金繰りは銀行が手当てしており、すぐに倒産するリスクは少ない。だが1兆円を越す資産のほとんどを銀行からの貸付でカバーしている状態は銀行にとって望ましいものではなく、銀行側が増資を求めるのはほぼ確実な状況であった。

 今回の1000億円という数字は、20%弱の自己資本比率を維持したい銀行が提示した数字であることは明白。とりあえず銀行側が「安心できる」レベルにしか過ぎず、シャープが自力で再生するにはこの程度の自己資本比率ではまったく足りない。シャープが根本的に復活するためには、一度倒産させて再出発するか、鴻海精密工業の傘下に入る以外に方法がないという状況はまったく変わっていないのだ。

 もっとも倒産がささやかれるシャープの公募増資を引き受ける投資家がどれだけいるのかという、根本的な疑問もある。一部では鴻海精密工業との提携が事実上破談になっているのではないか?という声も聞こえてきている。シャープにはこれ以上時間稼ぎをしている余裕はないはずだ。同社経営陣は、鴻海の傘下入りについて、そろそろはっきりとした見解を示すべきではないか?

 - 経済

  関連記事

jutakurone
メガバンク各行が一斉に住宅ローン金利を引き上げ。金融市場に何をもたらすか?

 メガバンク各行が4月に入って住宅ローン金利を一斉に引き上げた。トランプ経済の影 …

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

kokusaishushi201311
11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国 …

kuroda02
日銀が物価目標の達成時期を先送り。2年で2%は実質的に撤廃

 日銀は2015年4月30日、「15年度を中心とする期間」としてきた物価目標達成 …

dentsu
電通の広告不正問題。AI社会になれば解決するが、その時に代理店は必要ない?

 広告代理店最大手の電通は2016年9月23日、インターネット上の広告に関して不 …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

arumikoujou
世界景気のバロメータ、アルコアが黒字転換。世界の工業製品需要は堅調?

 アルミニウム大手のアルコアが黒字転換を果たした。同社の決算に対しては市場関係者 …

kiha183
JR北海道の連続列車火災事故。根本原因はかなり深刻との声も

 JR北海道の特急列車で連続して火災が発生した問題をうけて、JR北海道は事故車両 …