ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープが公募増資を検討中。金額は1000億円と中途半端でやはり抜本解決にならず

 

 経営再建中のシャープが2013年春にも公募増資に踏み切る可能性が高くなってきた。読売新聞が報じている。報道によると、同社は1000億円程度の増資について主力銀行と協議を始めているという。調達した資金は液晶事業の強化に充てる予定。

 同社は2期連続して巨額の赤字を計上しており、50%以上あった自己資本が急激に毀損している。2013年3月期の決算において自己資本率が10%を切るのは確実となっており、そろそろ「危険水域」(証券アナリスト)に入りつつある。
 現在、同社の資金繰りは銀行が手当てしており、すぐに倒産するリスクは少ない。だが1兆円を越す資産のほとんどを銀行からの貸付でカバーしている状態は銀行にとって望ましいものではなく、銀行側が増資を求めるのはほぼ確実な状況であった。

 今回の1000億円という数字は、20%弱の自己資本比率を維持したい銀行が提示した数字であることは明白。とりあえず銀行側が「安心できる」レベルにしか過ぎず、シャープが自力で再生するにはこの程度の自己資本比率ではまったく足りない。シャープが根本的に復活するためには、一度倒産させて再出発するか、鴻海精密工業の傘下に入る以外に方法がないという状況はまったく変わっていないのだ。

 もっとも倒産がささやかれるシャープの公募増資を引き受ける投資家がどれだけいるのかという、根本的な疑問もある。一部では鴻海精密工業との提携が事実上破談になっているのではないか?という声も聞こえてきている。シャープにはこれ以上時間稼ぎをしている余裕はないはずだ。同社経営陣は、鴻海の傘下入りについて、そろそろはっきりとした見解を示すべきではないか?

 - 経済

  関連記事

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …

oilrigtexas
米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

gehongyo
GEが金融資産大量売却で本業回帰を加速。背景には絶好調な米経済

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2015年4月10日、同社の金融部門が保有 …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …