ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleのシュミット会長が北朝鮮訪問。その先に中国を見据えた米朝交渉が動き始めた

 

 インターネット検索最大手Googleのエリック・シュミット会長が北朝鮮を訪問することが明らかとなった。2日のAP通信が伝えている。シュミット会長は民主党のリチャードソン・ニューメキシコ州前知事に同行して訪朝する予定だが、訪朝目的や北朝鮮での面会予定者も判明していないという。

 Googleは検索エンジンで圧倒的なシェアを誇っており、インターネットに流れる情報をすべて把握できる立場にある。すでに同社はCIAなどと共同プロジェクトを立ち上げており、インテリジェンスの世界では、米国の諜報組織の一部として認識されている。また同社のシュミット会長はオバマ大統領の強力な支援者の一人としても知られている。

 一部の報道では、北朝鮮当局に拘束されている米国人ペ・ジュンホ氏の解放を働きかけることが訪朝の目的とされているが、それをそのまま受け取る人はいない。今回の訪朝は米朝交渉が再び動き始めたことを示している。

 オバマ大統領は再選され、国務長官や国防長官などに意中の人物を指名することができるようになった。また共和党から大統領選挙に出馬するとも噂されていたCIAのペトレアス長官が不倫スキャンダルで失脚したり、クリントン国務長官が体調を崩して今後の政治活動が危ぶまれるなど、すべてはオバマ大統領に有利に働いている。
 一方、北朝鮮の金正恩第1書記も、李英鎬総参謀長を解任するなど着々と内部の粛清を断行している。また長距離弾道ミサイルの発射実験にも成功するなど、権力基盤が強固になってきており、金正恩氏が進めたい経済改革路線に舵を切るための準備は整いつつある。

 米国、北朝鮮の両国とも、二国間交渉の先には当然、中国という存在を見据えている。両国にとって米朝交渉は中国に対する牽制球という意味では一致しているのだ。インターネットの検閲システムを導入している中国にとって、Googleは頭の痛い存在である。米朝交渉の露払い役にGoogleのシュミット氏が選ばれたのは偶然ではないだろう。
 2013年は米朝交渉をきっかけに、米中関係が大きく動く可能性が高くなってきた。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

nhkkaichou
わずか2日で自説を撤回。NHK籾井会長発言がもたらすもう一つの弊害とは?

 NHKの籾井勝人会長は2014年1月27日、従軍慰安婦問題について「どこの国に …

nsa
米上院がNSAの情報活動を大幅に制限する米国自由法を可決

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …

ozawaitoro
脱原発「未来の党」に「国民の生活」が合流。仕掛け人はもちろん小沢氏

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日、脱原発を基本政策に掲げる新党「日本未来の党」を …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …