ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アルジャジーラが米国のTV局を買収。創設者はゴア元副大統領で政治的匂いがプンプン

 

 カタールに拠点を置くテレビ局アルジャジーラは2日、米国のテレビ局であるカレントTVを買収すると発表した。買収額は明らかになっていないが、推定で5億程度とみられる。米国におけるアルジャジーラ視聴可能世帯は、現在の470万世帯から4000万世帯以上に増えることになる。

 アルジャジーラによるカレントTVの買収は、米国と中東の今後の関係を考える上で、ちょっとしたインパクトを持っている。

 アルジャジーラは、カタール王族のハマド首長らが出資して作ったテレビ局。中東では唯一国際的に通用するマスメディアとして認知されている。ハマド首長は、西欧諸国におけるカタールの知名度を上げることに熱心で、アルジャジーラもその一貫として設立された。
 カタール王国という非民主国家の王族が運営するメディアであることから、その報道の中立性には限界もあるが、他のアラブ系メディアにありがちな反米一色というスタンスは見られず、パレスチナ暫定政府の汚職をスッパ抜くなど中立性の確保につとめている。アラブ諸国と米国の架け橋とも見ることもできるし、ソフトな手段でアラブの主張を米国に伝えるための戦略的ツールと見なすことも可能だ。

 一方のカレントTVはゴア元副大統領(写真)とジョエル・ハイアット氏が設立した独立系メディア。ハイアット氏はかつて民主党で働いていたこともある人物。
 同局は2009年、女性記者2名が中国と北朝鮮の国境付近で脱北者を取材中に北朝鮮当局に拘束されたことで一躍有名になった。結局、クリントン元大統領が特使として北朝鮮に派遣され、記者2名が米国に帰国した。交渉の経緯が不透明であったことから、取材活動自体に何らかの政治的目的があったのではないかという見方もある。

 両テレビ局とも、中立的な報道機関としての顔と政治的な顔を併せ持っている。今回の買収によって、両社が同じグループとして米国で活動を開始することになる。しかもゴア元副大統領とハイアット氏は共に諮問委員会のメンバーとして同局に残ることが決まっている。今回の買収には、ゴア大統領とハマド首長の政治的な意図が隠されているのでないかと推測される所以だ。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

nichibeikokki
米国人の対日世論調査の結果。一般人と有識者で隔たりも

 外務省は2014年11月7日、米国における対日世論調査の結果を発表した。調査は …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

jisinmap
熊本は「安全地帯」で東北は「危険地帯」というサイトが出来上がってしまう理由

 熊本県は2016年4月20日、「東北は地震の危険地帯」などと記載していた熊本県 …

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

abeobana201404002
政権内部から相次ぐオバマ大統領への批判。中国への意図せざるサインになる可能性も

 日米首脳会談終了後、とりあえず共同宣言をまとめることができたものの、日米間のギ …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …