ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アルジャジーラが米国のTV局を買収。創設者はゴア元副大統領で政治的匂いがプンプン

 

 カタールに拠点を置くテレビ局アルジャジーラは2日、米国のテレビ局であるカレントTVを買収すると発表した。買収額は明らかになっていないが、推定で5億程度とみられる。米国におけるアルジャジーラ視聴可能世帯は、現在の470万世帯から4000万世帯以上に増えることになる。

 アルジャジーラによるカレントTVの買収は、米国と中東の今後の関係を考える上で、ちょっとしたインパクトを持っている。

 アルジャジーラは、カタール王族のハマド首長らが出資して作ったテレビ局。中東では唯一国際的に通用するマスメディアとして認知されている。ハマド首長は、西欧諸国におけるカタールの知名度を上げることに熱心で、アルジャジーラもその一貫として設立された。
 カタール王国という非民主国家の王族が運営するメディアであることから、その報道の中立性には限界もあるが、他のアラブ系メディアにありがちな反米一色というスタンスは見られず、パレスチナ暫定政府の汚職をスッパ抜くなど中立性の確保につとめている。アラブ諸国と米国の架け橋とも見ることもできるし、ソフトな手段でアラブの主張を米国に伝えるための戦略的ツールと見なすことも可能だ。

 一方のカレントTVはゴア元副大統領(写真)とジョエル・ハイアット氏が設立した独立系メディア。ハイアット氏はかつて民主党で働いていたこともある人物。
 同局は2009年、女性記者2名が中国と北朝鮮の国境付近で脱北者を取材中に北朝鮮当局に拘束されたことで一躍有名になった。結局、クリントン元大統領が特使として北朝鮮に派遣され、記者2名が米国に帰国した。交渉の経緯が不透明であったことから、取材活動自体に何らかの政治的目的があったのではないかという見方もある。

 両テレビ局とも、中立的な報道機関としての顔と政治的な顔を併せ持っている。今回の買収によって、両社が同じグループとして米国で活動を開始することになる。しかもゴア元副大統領とハイアット氏は共に諮問委員会のメンバーとして同局に残ることが決まっている。今回の買収には、ゴア大統領とハマド首長の政治的な意図が隠されているのでないかと推測される所以だ。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

kokkaigijido02
特定秘密保護法が施行。制度を健全に運用するためには、国会の強い関与が必要

 秘匿が必要な重要情報を保護する特定秘密保護法が2014年12月10日施行された …

rubio
米大統領選。共和党の隠れた大本命、マルコ・ルビオ氏とはどんな人?

 米国の大統領選に共和党から立候補を表明したマルコ・ルビオ上院議員がメディアから …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …

hongkongdemo
香港の選挙制度改革に対して中国が事実上のゼロ回答。民主派は猛反発

 3年後に行われる香港の行政長官選挙をめぐって、香港で緊張感が高まっている。中国 …

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …