ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

無罪確定の村木氏が厚労省局長に復帰。  だが彼女は決してヒーローではない

 

 厚生労働省は、10日付けの幹部人事において、郵便不正事件で逮捕・起訴され無罪が確定した村木厚子内閣府政策統括官を社会・援護局長として厚労省に復帰させる。

 裁判で無罪が確定しており、局長への復帰そのものは特に問題のある話ではない。村木氏にその能力があるのなら、ふさわしいポストに就任させればよい。だが、無罪確定後の村木氏をヒーロー扱いするマスコミの対応には首をかしげた人も多いのではないか?

 村木氏は、いわれのない罪によって耐え難い精神的、肉体的苦痛を味わったわけであり、まさに冤罪被害者であることは間違いない。だが、村木氏の部下は逮捕起訴され有罪判決が出ているという事実も忘れてはならないだろう。

 部下が職務に絡む犯罪行為で逮捕有罪判決となっているのだ。本人が刑法上無罪であっても、直属の上司として管理責任が当然にあるはずだ。また組織としても本人の責任だけにして「組織としては関係ありません」などと本来は言えるわけがない。

 普通の民間企業にあてはめて考えてみればよい。例えば手抜工事が発覚した会社で、社員が逮捕されたとする。上司は刑法上無罪だったからといってヒーローだろうか?
 少なくとも「部下がこのような反社会的な事件を起こし、心よりお詫び申し上げます」と言わなければならない立場なはずである。

 村木氏本人が、この件についてどう考えているのかは分からない。

 だが少なくとも村木氏をヒーロー扱いしてきたマスコミは、世の中の道徳や常識からは完全に乖離している。ユッケの食中毒問題や建築士による偽装問題が発覚した時には、ヒステリックなまでに当事者を糾弾していたことを考えると、その違和感はさらに大きく感じられる。

 村木氏をヒーロー扱いした記者や編集者個人が、たまたま世間の常識から乖離していたというのなら止むを得まい。だが、組織として官僚に頭が上がらないことがその原因であるならば、由々しき事態である。

 - 社会

  関連記事

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

basuke
一連の体罰問題。内容は全く違うが、社会的な構造はインドの「あの事件」と類似している

 大阪市立桜宮高校で男子生徒が自殺した事件に端を発した体罰問題は、全国各地で告発 …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

wakamonohakusho
日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

konchu
国連が飢餓対策に昆虫食を推奨。日本ではすでに昆虫食を趣味にしている人も

 国連食糧農業機関(FAO)は5月13日、世界の飢餓対策として、カブトムシやシロ …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

nagano
長野県が長寿1位の本当の理由は何か?大胆な仮説を立ててみると?

 厚生労働省は2月28日、都道府県ごとの長寿ランキングである「都道府県別生命表」 …

oecdskill
OECDによる能力調査。日本人は3分野のうち2分野で1位なのだが、何とITスキルでは?

 OECD(経済協力開発機構)は10月8日、世界24カ国を対象した国際成人力調査 …