ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

無罪確定の村木氏が厚労省局長に復帰。  だが彼女は決してヒーローではない

 

 厚生労働省は、10日付けの幹部人事において、郵便不正事件で逮捕・起訴され無罪が確定した村木厚子内閣府政策統括官を社会・援護局長として厚労省に復帰させる。

 裁判で無罪が確定しており、局長への復帰そのものは特に問題のある話ではない。村木氏にその能力があるのなら、ふさわしいポストに就任させればよい。だが、無罪確定後の村木氏をヒーロー扱いするマスコミの対応には首をかしげた人も多いのではないか?

 村木氏は、いわれのない罪によって耐え難い精神的、肉体的苦痛を味わったわけであり、まさに冤罪被害者であることは間違いない。だが、村木氏の部下は逮捕起訴され有罪判決が出ているという事実も忘れてはならないだろう。

 部下が職務に絡む犯罪行為で逮捕有罪判決となっているのだ。本人が刑法上無罪であっても、直属の上司として管理責任が当然にあるはずだ。また組織としても本人の責任だけにして「組織としては関係ありません」などと本来は言えるわけがない。

 普通の民間企業にあてはめて考えてみればよい。例えば手抜工事が発覚した会社で、社員が逮捕されたとする。上司は刑法上無罪だったからといってヒーローだろうか?
 少なくとも「部下がこのような反社会的な事件を起こし、心よりお詫び申し上げます」と言わなければならない立場なはずである。

 村木氏本人が、この件についてどう考えているのかは分からない。

 だが少なくとも村木氏をヒーロー扱いしてきたマスコミは、世の中の道徳や常識からは完全に乖離している。ユッケの食中毒問題や建築士による偽装問題が発覚した時には、ヒステリックなまでに当事者を糾弾していたことを考えると、その違和感はさらに大きく感じられる。

 村木氏をヒーロー扱いした記者や編集者個人が、たまたま世間の常識から乖離していたというのなら止むを得まい。だが、組織として官僚に頭が上がらないことがその原因であるならば、由々しき事態である。

 - 社会

  関連記事

dna
ゲノム研究の進展が切り開く?病気に対する総合的アプローチ

 ゲノム関連の研究が進んでいることで、病気に対する新しいアプローチ方法が見え始め …

nenkintecho
国民年金納付率が向上。だが実態は督促の強化と、給付対象者の減少

 厚生労働省は2014年6月23日、2013年度の国民年金の納付状況について公表 …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

maruhi
特定秘密保護法案に関する日本人の何ともお粗末な議論

 政府は10月4日、特定秘密保護法案に関するパブリックコメントの結果を公表した。 …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

no image
資産家夫婦殺害事件とJASDAQ粉飾疑惑企業を結びつける点と線

 スイス在住で日本に一時帰国していた資産家夫婦が行方不明になっている事件で、2人 …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …