ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

千野アナの事故報道を巡って様々な憶測が飛び交う。原因はマスコミの報道姿勢にあり

 

 元フジテレビの千野志麻アナウンサーが正月休暇中に起こした死亡事故について、報道された内容をめぐって、ネット上では様々な憶測が飛び交った。

 沼津署などによると、事故が起きたのは静岡県沼津市の「ホテルインサイド沼津インター」の駐車場。千野アナは2日午後5時すぎ、運転する外国製スポーツ用多目的車を右折させた際、長野県小諸市の男性にぶつかった。男性は搬送先の病院で外傷性肝障害のために死亡したという。車が男性の体に乗り上げたための圧死とみられる。

 駐車場というあまりスピードを出さない場所での事故で、被害者に車が乗り上げるという状況が不自然という声がネットで上がった。夕刊フジの報道では、捜査関係者の話として「日没直後で現場の見通しが悪くなっていたことも関係していたのかもしれない」との見解が示されているが、詳しい状況は不明だ。

 千野アナが逮捕ではなく、書類送検になっているという点も疑問視された。千野アナは2006年、福田赳夫元首相の孫で外資系金融機関であるゴールドマンサックス証券に勤務する男性と結婚しており、父親も市議をつとめている。このため逮捕について便宜が図られたのではないかというのだ。
 確かに死亡事故を起こした場合にはその場で逮捕されるケースも少なくない。ただ明確な基準がないため、逮捕するしないは現場の警察の判断による部分が大きいのが実情であり、今回のケースが特殊であるかどうかは現段階では何ともいえない。
 このほか、被害者が当初「職業不詳」と報道されたり、家族が同乗していたことが後で判明したことなども疑念を深める結果となったようだ。

 今回、千野アナに対して何らかの便宜が図られたのかはともかくとして、著名人の事故や事件報道について疑問の声が上がるのは、マスコミの取材活動がすべて警察に依存しているからだ。大手マスコミは記者クラブを通じて警察から便宜を図ってもらっており、どうしても依存関係が成立してしまう。マスコミが独自取材をすると警察はその社に対して情報を提供しなくなるため、自然と警察の意向を強く反映した報道になる。このため報道姿勢に一貫性を保つことができなくなり、それは読者の不信を招く。各社が独自にポリシーを持って取材、報道をしていればこのような事態にはならなかっただろう。

 千野アナの事故については、今後何らかの司法判断が下されることになるため、状況はある程度明らかになるかもしれない。だが今回の事故と一連の報道は、日本の大手マスコミの取材体制の後進性をあらためて露呈する形になってしまったようだ。

 - 社会, 芸能

  関連記事

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

skymark
スカイマークの制服について組合が政府に指導を求めるってどういうこと?

 スカイマークが新型機就航のキャンペーンとして導入したスカート丈の短い制服が物議 …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …

noripi02
芸能界復帰を果たした酒井法子。介護を学んでいた学校は破綻の危機に直面していた

 のりぴーこと酒井法子の芸能界復帰が正式に決まった。  12月15日から上演され …

weizugamen
道路情報シェアのアプリをめぐって米で騒動。問われるインテリジェンス能力

 渋滞など道路情報をシェアするアプリ「Waze」をめぐって米国でちょっとした騒動 …

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …