ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領が次期国防長官にヘーゲル氏を指名。その真の狙いとは何か?

 

 オバマ米大統領が、次期国防長官に共和党のチャック・ヘーゲル元上院議員を指名することがほぼ確実となった。米メディアが報じている。

 現在国防長官の地位にあるパネッタ氏は、高齢を理由に次期政権では留任しない意向を明らかにしていた。
 パネッタ氏に代わって国防長官に就任するヘーゲル氏は何と共和党員。共和党員としては珍しくリベラルな思想の持ち主で、ブッシュ大統領の時代にはイラク戦争に一貫して反対してきた。また核兵器の廃絶も強く訴えているという異色の元上院議員である。
 だが一方でヘーゲル氏はベトナム戦争に従軍しており、勲章を授与された英雄でもある。ベトナム戦争後は退役軍人省の副局長をつとめた実績もあり、軍人からの信頼も厚い。

 今回の人事はオバマ大統領が二期目の政権運営に強い自信を持っていることを伺わせる。
 一期目のオバマ大統領は政権基盤がまだ安定していなかったことや、リーマンショックという非常事態が発生したことなどから、利害関係者の調整に手間取り、あまり独自性を発揮することができなかった。だが選挙によって国民から信任票を得たことや、米国経済が回復軌道に乗り始めていることなどから、オバマ大統領が強いリーダーシップを発揮する条件は整いつつある。

 二期目のオバマ政権では外交、安全保障政策を大きく転換させる可能性がある(本誌記事「オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?」参照)。世界中に展開する米軍の規模を縮小するとともに、軍の大胆な体制変更が検討されている。
 オバマ大統領の安全保障に対する考え方に近く、かつ軍関係者からも一定の支持を得ることができる人物はそう多くない。共和党の一部からは、ヘーゲル氏のリベラル寄りな姿勢を批判する声も上がっているが、今のところヘーゲル氏に代わる人材はいないと考えられる。

 二期目に入った大統領が考えることは歴史にどう名前を残すかである。オバマ大統領はいよいよ独自色を打ち出してくるはずだ。現在のところ推測の域を出ないが、オバマ大統領が狙っているのはズバリ「核兵器の廃絶」と思われる。ヘーゲル氏の氏名はその第一歩なのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

taikudeta2014
タイでとうとう軍がクーデターを決行。実質的には官僚によるタクシン派の弾圧

 政局が混乱しているタイで、とうとう軍がクーデターを起こすという事態に突入した。 …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

toki
飼育中のトキが偏食で卒倒。これで2回目。もういい加減にしたらどうだろうか?

 新潟県の佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ1羽が、偏食によるビタミン不足で倒れ …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …