ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付与すると発表した。ドパルデュー氏はフランスのオランド大統領が掲げる富裕層への増税に反対しており、国籍返上を表明していた。ドパルデュー氏はロシアに対して「ロシアは偉大な民主国家だ」と最大限の賛辞を送っているという。

 フランスはオランド大統領が就任して以降、所得税の最高税率を75%にする方針を打ち出すなど、反富裕層的な姿勢を明確にしている。富裕層はこれに反発しており、LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)会長のベルナール・アルノー氏が税金の安いベルギーの国籍を取得することを表明して話題となっていた。

 当初ドパルデュー氏はアルノー氏と同様、ベルギーへの移住を希望し同国に家も購入していた。だがこの話を聞いたプーチン大統領がドパルデュー氏にすかさずコンタクトを取り、国籍付与を提案したという。ロシアの所得税は13%と極めて安く、ドパルデュー氏のような富裕層にとっては非常に条件がよい。

 今回のドパルデュー氏の国外移住は、アルノー氏に続く著名人の国外脱出であり、しかも行き先がロシアという人道上の問題を多数抱える国というオマケまで付いている。オランド政権にとっては二重の痛手となるだろう。

 オランド政権は富裕層への課税と同時に、大企業に対する課税強化も表明していた。だがオランド政権はこちらについても事実上、公約を全面撤回している(本誌記事「仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った」参照)。フランス経済の落ち込みが激しく、企業支援のために減税案を提示しなければならない状況に陥っているのだ。

 欧州では、企業の競争力を強化して結果的に労働者の所得を高める方策と、企業や富裕層に対する課税を強化して労働者に再分配する方策に二分している。競争力強化策は、ドイツ、北欧諸国などのゲルマン圏プロテスタント諸国が主に採用している。一方、課税強化策はフランス、スペインなどラテン圏カトリック諸国が多く採用している。これまでのところ結果は明白であり、フランスはそろそろ本格的な政策の変更を余技なくされる可能性が高くなってきたといえるだろう。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …

koyousha
北九州市職員が廃車の公用車を買い取り転売。だが本当に問題なのはむしろ役所の方?

 北九州市の職員が、廃車として中古車販売業者に売却された公用車2台を個人で買い取 …

mof03
財務省は異例の3人連続の同期次官。次は82年入省組から次官就任か?

 財務省は2015年7月7日、幹部人事を発表した。事務次官は事前に報道された通り …

misairuhikaku
北朝鮮が打ち上げた「銀河3号」と韓国のロケット「羅老号」はどう違うのか?

 北朝鮮が打ち上げた長距離弾道ミサイルについて、打ち上げプロジェクトは基本的に成 …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

dna
ゲノム研究の進展が切り開く?病気に対する総合的アプローチ

 ゲノム関連の研究が進んでいることで、病気に対する新しいアプローチ方法が見え始め …

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

kagoike
「森友」疑惑に関して国策捜査発動との観測。日本の議会制民主主義にとって正念場

 学校法人「森友学園」に対する国有地払い下げ問題をめぐり、国会で証人喚問を受けた …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …