ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付与すると発表した。ドパルデュー氏はフランスのオランド大統領が掲げる富裕層への増税に反対しており、国籍返上を表明していた。ドパルデュー氏はロシアに対して「ロシアは偉大な民主国家だ」と最大限の賛辞を送っているという。

 フランスはオランド大統領が就任して以降、所得税の最高税率を75%にする方針を打ち出すなど、反富裕層的な姿勢を明確にしている。富裕層はこれに反発しており、LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)会長のベルナール・アルノー氏が税金の安いベルギーの国籍を取得することを表明して話題となっていた。

 当初ドパルデュー氏はアルノー氏と同様、ベルギーへの移住を希望し同国に家も購入していた。だがこの話を聞いたプーチン大統領がドパルデュー氏にすかさずコンタクトを取り、国籍付与を提案したという。ロシアの所得税は13%と極めて安く、ドパルデュー氏のような富裕層にとっては非常に条件がよい。

 今回のドパルデュー氏の国外移住は、アルノー氏に続く著名人の国外脱出であり、しかも行き先がロシアという人道上の問題を多数抱える国というオマケまで付いている。オランド政権にとっては二重の痛手となるだろう。

 オランド政権は富裕層への課税と同時に、大企業に対する課税強化も表明していた。だがオランド政権はこちらについても事実上、公約を全面撤回している(本誌記事「仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った」参照)。フランス経済の落ち込みが激しく、企業支援のために減税案を提示しなければならない状況に陥っているのだ。

 欧州では、企業の競争力を強化して結果的に労働者の所得を高める方策と、企業や富裕層に対する課税を強化して労働者に再分配する方策に二分している。競争力強化策は、ドイツ、北欧諸国などのゲルマン圏プロテスタント諸国が主に採用している。一方、課税強化策はフランス、スペインなどラテン圏カトリック諸国が多く採用している。これまでのところ結果は明白であり、フランスはそろそろ本格的な政策の変更を余技なくされる可能性が高くなってきたといえるだろう。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

no image
米国でヘルシー給食に反発の声。やっぱりジャンキーでないとダメ?

 米国で勧められている学校給食のヘルシー化に反発の声が高まっている。ヘルシー給食 …

honkon
中国当局が香港の自治に関する白書を発表。中国による統治の正当性を強調

 中国国務院報道弁公室は2014年6月10日、香港の自治に関する白書を発表した。 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

irankakumondai
イラン核問題、最終解決に向けた枠組み合意。実はポテンシャルが大きいイラン市場

 米欧など6カ国とイランは2015年4月2日、イランの核問題について、最終的な解 …

no image
中国初の空母が正式に就役。名前は「釣魚島(尖閣)」ではなく「遼寧」だった

 中国初の空母となる旧ソ連製の「ワリャーグ」が正式に就役した。注目されていた名称 …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …