ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプローチがより激しさを増している。

 安倍晋三首相は4日、年頭の記者会見において「日銀に 責任を持って対応してもらわなければならない」と述べ、21日と22日に予定されている金融政策決定会合において、2%の物価目標を導入するよう強く促した。
 また麻生太郎副総理兼財務・金融相は同じく4日に記者会見を行い、白川総裁の後任について「向いている人なら誰でもいい」と述べ、財務省出身者を排除しない方針を明らかにした。
 一方で、麻生財務相は6日のテレビ番組において「協定という言葉にこだわる必要はない」と述べ、日銀との間で実質的な協調体制を維持できれば、政策協定(アコード)締結にこだわらない考えも示している。

 日銀は2%の物価目標導入について、次期総裁ポスト、政策協定などに絡める形で政府からプレッシャーをかけられている。日銀がもっとも避けたい事態はもちろん日銀法の改正である。日銀法の改正を回避するために、日銀がどこまで妥協しなければならないかというのが駆け引きの焦点である。

 日銀総裁の椅子は、かつては財務省と日銀のたすきがけ人事であった。事実上日銀総裁のポストを失っている財務省としては、次期総裁には武藤敏郎元財務次官を推したい意向だ。日銀内部では、日銀総裁は財務省OBになってもやむを得ないという考えに傾いているといわれ、現在は副総裁に日銀出身者を据える方向で検討しているという。総裁のポストは譲り、日銀法改正はもちろん、政策協定なしの物価目標導入を実現できればまずまずという考え方だ。

 もっとも政府内部には財務省の影響力が強まることを懸念し武藤氏を嫌う向きもある。日銀の元副総裁で、量的緩和策にも理解のある岩田一政氏を推す声もある。

 次期日銀総裁のポストが誰になるのかで、安倍政権の本当の姿が明らかになるはずだ。まずは次回の政策決定会合において2%目標が導入されるのかという点が注目されるが、最終的には次期日銀総裁の人事によって安倍政権の最終的な方向性が決定されることになるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

cameronputin
G8はシリア問題をめぐってバラバラ。英国は何とか成果を強調したいところだが・・・・

 英国の北部アイルランドで開催されている主要国首脳会議(G8サミット)が不調だ。 …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

kindleunkimited
アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドル …

dentaku
家計の金融資産は1798万円で過去最高を更新。引き続き株高が貢献

 総務省は2015年5月19日、2014年における家計調査の結果を発表した。1世 …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

no image
松山千春が不出馬宣伝。鳩山氏はホット胸をなでおろす

 かねてから次期衆院選への出馬が取りざたされていた歌手の松山千春氏が、選挙には出 …