ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われていることが明らかになり、環境省が実態調査に乗り出すことになった。

 不正が行われていたのは、福島県田村市、楢葉町、飯舘村など3市町村の除染現場。環境省が定めた除染ガイドラインを守らず、除染で発生した落ち葉などを川などに投機していたという。環境省は来週中にも元請けゼネコンの現場責任者を呼び、事実関係を確認するという。

 確かに国から業務を受注し税金を受け取りながら、ガイドラインに従わずに作業したことが事実であれば、受注者は相応のペナルティを受ける必要があるだろう。だが除染問題の本質はもっと別なところにある。それは、国が実施している除染作業自体が、そもそも科学的に根拠の無いものである可能性が高いという事実である。

 原子力工学の世界では実は「除染という概念は存在しない」(原子力エンジニア)のである。それはどういうことかというと、放射性物質は半減期が過ぎるまで放射線を出し続けるものであり、毒物のように解毒することができないからである。

 仮に屋根や道路を水で洗ったとしても、洗った水に移動した放射性物質は、有害な放射線を出し続ける。すべての水を半永久的に保管隔離することは現実的には不可能であり、いつかは環境中に戻されてしまう。また洗浄や落ち葉の回収だけでは、環境中の放射性物質をすべて取り除くことは不可能である。つまり除染を行っても根本的な解決にはならないのである。

 もちろん家や道路という人口密集地帯に放射物質が大量に残留するよりも、水に流して管理した方がマシであるという考え方には一理ある。だが政府が説明する除染は「放射能の有害性を完全に除去してくれるもの」という誤解を国民に与えかねない内容であり、すべての国民が「除染」の本当の意味を知っているのかは非常に疑わしい。

 そもそも除染事業にあまり効果がないことは関係者に広く知られており、皮肉にもそれが不正の横行を招いている可能性が高いのだ。政権交代によって原発政策も大きく変更されようとしている。「除染」が本当に有効なのか、もう一度冷静な議論が必要である。

 - 政治, 社会

  関連記事

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

mof
財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主 …

no image
仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国 …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

abekaisan20141119
安倍首相が米議会で演説するプランが浮上。ポスト・オバマに向けた動きが活発化

 安倍首相が大型連休中の訪米時に、米議会で演説するというプランが浮上している。も …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

kankokuhoudoukan
セクハラ疑惑の報道官。韓国で釈明会見を開くも証言矛盾との指摘

 韓国の朴槿恵大統領の訪米に同行中、セクハラ疑惑を起こして解任された尹昶重(ユン …