ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長戦略を担う日本経済再生本部の初会合が8日に開催されるはこびとなったが、そこで議論される成長戦略のおおまかな内容が明らかになってきている。

 同本部は安倍政権の目玉として設立されたもので、マクロ経済政策を統括する経済財政諮問会議とともに、官邸主導の経済政策の要となる組織である。
 3本の矢とは、金融政策、財政政策、成長戦略のことを指している。金融政策については量的緩和策の拡大、財政政策については補正予算を含めた大型予算の執行がすでに確定しており、残る最後が成長戦略の内容であった。

 経済再生本部では、製造業復活のための優遇措置、新興国のインフラ受注の支援、安定的な資源調達といった施策が議論される予定。基本的に業界や業種を選定した上で積極支援する内容となっており、経済産業省が主導したプランであることを強く伺わせる。
 1期目の安倍政権が小泉政権で提唱された構造改革路線の継承でスタートしたことを考えると、ほぼ180度の政策転換であり、「大きな政府」を目指した政権であると解釈することが可能だ。

 ただ、経済政策ブレーンの選定をめぐっては、少々不可解な出来事も生じている。当初、安倍首相は小泉政権で構造改革を主導した竹中平蔵氏を中心メンバーに据える動きを見せていた。だが麻生財務相をはじめ今回の安倍政権には小泉路線と対立したメンバーが多く在籍しており、彼らは竹中氏とは水と油の関係。周囲の説得に負けた安倍首相は、結局竹中氏を経済再生本部の下部組織である産業競争力会議メンバーに据える形で落ち着かせた。

 閣僚人事や経済再生本部のプランは「大きな政府」そのものだが、肝心の安倍首相は「小さな政府」の信者である竹中氏を重視していたという矛盾に、市場関係者の一部からは安倍首相の本意を訝しむ声も上がっている。
 経済再生本部では、竹中氏と事務方の間で見解の相違が生じる可能性もある。安倍首相が経済政策に対してどのような真意を持っているのかは、再生本部での竹中氏のスタンスを見ることで、はっきりしてくるかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

japandisplay
「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレ …

abekaken
安倍首相が自民改憲案の年内提示を表明。9条の「加憲」なら一気に進む可能性も

 安倍首相が自民党の憲法改正案を年内にまとめる意向を示した。党内調整を経ないやり …

kenkouhoken
自治体の国保窓口業務の民間委託がスタート。本当にコストは削減できるのか?

 東京都の足立区は、全国で初めて2015年から国民健康保険の管理・運営業務につい …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

no image
仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国 …

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

junebu
スイスで役所の掃除を職員が行う取り組みが成果を上げている。日本もぜひ導入を!

 スイスのジュネーブで、経費削減と公務員の意識改革を目的に、役所内の掃除を職員が …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …