ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の外交政策が早くも頓挫しつつある。

 外務省は米国側と1月中の訪米を軸に調整していたが、岸田文雄外相は6日、首相訪米について「大統領就任式の準備などで外交日程が組めない」と語り、1月中は困難との認識を示した。首脳会談での具体的な成果を望んでいる米国側が難色を示していることが原因と見られる。
 オバマ大統領が安倍首相の就任に際して送った祝電には、何と野田元首相に対する慰労の言葉が添えられていたという。これは安倍首相に対してよほど大きなお土産がないと面会しないという米側の強い意志の表れと理解されている。
 1月末に通常国会が始まると首相が予算審議に縛られる可能性があり、訪米がさら に遅れる可能性も指摘されている。

 民主党政権成立以降、日本の首相が訪米を打診したものの、米側から拒否されるという事態はめずらしいことではなくなった。鳩山首相や菅首相も訪米を打診したが米側から拒否された経験がある。一般には日米安保に否定的な民主党政権のスタンスが、米側を警戒させたといわれているが、実態は異なる。

 米国はオバマ政権成立以前から、日本を含む海外同盟国との関係に縛られず独自に安全保障政策を実行するための体制に向け舵を切り始めている。この動きは超党派なものであり、米軍のハイテク化や沖縄からの海兵隊撤退などは、すべてこの壮大な計画の一部に過ぎない。 
 このプランにおいてアジア地域で中核的な存在となるのは中国であり、日本は中国に対する外交上のコマという位置づけにしか過ぎない。しかもワシントンにおいてこれらのプランを練る中核世代は30代から40代の若手であり、彼等にとって太平洋戦争をきっかけとした日米安保体制は過去の遺物でしかないのだ(本誌記事「オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?」参照)。

 日本のマスコミではアーミテージ元国務副長官など、冷戦時代を代表する古い世代の対日関係者の発言ばかりが取り上げられるため、日米安保体制は不変とのイメージが出来上がっているが、現実は想像以上のスピードで変化している(本誌記事「アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応」参照)。
 ワシントンでは、無邪気に日米安保強化を標榜し、中国との牽制球にしようとする安倍首相に対して冷ややかな視線が注がれていたが、それが早くも現実のものになった格好だ。

 米国は訪米を引き伸ばした挙句、具体的な成果としてTPPへの無条件参加を打診してくる可能性が高い。しかも米国においてTPP問題は特定業界団体の利権ネタに過ぎず、外交上の重要な論点にはなっていない。日本がこれを受け入れたところで、米国に対する外交政策上の貸しにはならないと考えるべきだ。

 残念なことだが、今後の日米関係は、米中関係の副産物にしか過ぎないというのが現実なのだ。バブル崩壊後、改革を頑なに拒絶し、経済水準を大幅に低下させてしまった国の宿命なのである。

 - 政治

  関連記事

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …

mof02
最近の選挙では若手財務省出身議員が増加中。だがちょっと若すぎないか?

 最近の選挙では、若手の財務官僚が政治家に転身するケースが増えてきている。前回の …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

globalhawk
米国が韓国に対して無人偵察機販売を決定。だが2倍の価格を吹っかけ韓国側は困惑

 米国防総省は21日、無人偵察機グローバルホークを韓国に販売すると米議会に報告し …

kizuna
どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震 …

obamaabepaku
安倍首相が韓国語で挨拶。日韓首脳会談はとりあえず終始友好ムードで終了

 安倍首相は2014年3月26日、オランダ・ハーグにおいて、オバマ米大統領、朴槿 …

pakucongress
産経ソウル前支局長無罪判決が、極めて妥当かつ民主的である理由

 韓国のソウル中央地方裁判所は2015年12月17日、朴槿恵大統領の名誉を傷つけ …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …