ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債は消費者物価指数(CPI)に応じて元本が増減する種類の国債。消費者物価の上昇にあわせて元本が増えれば、投資家が受け取る利子の額も増えるので、資産価値の目減りを防ぐことができる。

 財務省は2004年に一度物価連動債の発行を始めている。だがデフレが長期化し、元本割れを起こす可能性が高くなってきたことから発行中止に追い込まれたという経緯がある。安倍政権のデフレ脱却政策によって物価上昇期待が高まっていることから、今回、再発行に踏み切った。主に海外の投資家の購入を見込んでいる。

 財務省にとって目下最大の懸念材料は国債消化が生き詰まること。せっかく消費税の増税に目処をつけても、国債価格の下落によって金融市場が混乱する事態となれば、すべてが水の泡となってしまう。安倍政権のインフレ政策は国債価格の下落を誘発するリスクがあるため、何としても国債の消化を確実にする必要がある。

 日本の国債はほとんどが日本人投資家によって買われているとイメージが強いが実態は少々異なる。財務省はかなり以前から海外投資家に対する国債の売り出しを積極的に行っており、現在では、短期債の約3割が外国人投資家によって購入されている。ただ、外国人投資家の動きは早く、日本のインフレが過度に進行すると判断されれば、一斉に市場で売りに出してくる可能性がある。インフレ・リスクをヘッジできる物価連動債はこの動きを軽減する効果があるだろう。

  だがウラを返せば、物価連動債の発行は、そうでもしないともはや国債を買ってくれる人はいないという意味にも解釈できる。国債全体に占める割合が小さい間は、投資家の選択肢を広げるというプラスの面が大きいが、発行額の多くを物価連動債が占めるようになってくると、国債消化に黄色信号が点灯しはじめたことの証左になってしまう。

 もちろん現段階では、国債消化を懸念する状況には至っていない。だが、物価連動債の発行再開は、日本の国債管理政策が新たな局面に突入したことを示している。

 - 政治, 経済

  関連記事

amazonwordrobe
洋服の買い方が一変?アマゾンの新サービスにアパレル業界に激震

 先日、高級スーパーを買収し世間を驚かせた米アマゾンが、今度はアパレルの分野で革 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

rensen
台湾の国民党名誉首席が習近平総書記と会談。台湾をトラブルメーカーと自称

 台湾の与党国民党の名誉主席で元副総統の連戦氏は25日、中国・北京を訪れ、人民大 …

sebunsuzu
物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&ア …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

carlos
スペイン民主化の象徴であるカルロス国王が退位。上からの民主主義は根付いたか?

 スペインのラホイ首相は2014年6月2日、国王のフアン・カルロス1世が退位する …

ecb
EUが銀行監督一元化で合意。欧州は後戻りできない道に入った!

 欧州連合(EU)は13日に開いた財理事会で、ユーロ圏の銀行監督業務をECB(欧 …

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …