ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の人権侵害の象徴「労働矯正施設」。廃止か改革かをめぐって国内で激論

 

 中国の人権侵害の象徴であった「労働矯正制度」の廃止をめぐって中国が揺れている。

 当初、中国の複数メディアが、司法・警察を統括する孟建柱共産党中央政法委員会書記の話として、今年中に労働矯正制度が廃止されると報じた。だがその後、新華社が「労働矯正制度」の改革が検討されているが廃止ではない報じたため、廃止と改革の間で、当局内部に対立があることが浮き彫りになった。

 「労働矯正制度」は当局が司法手続きを経ずに行政権限で容疑者を長期間拘束して強制労働を科すことができる制度。
 中国の民主家運動のリーダーでノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏が投獄されたことから、同制度は「中国の人権侵害の象徴」として国際社会で注目を浴びた。

 もともとは、毛沢東が革命思想を徹底させるために1957年に制度化したもので、当時は主に反革命罪によって投獄される人が多かった。
 近年は軽犯罪者が収容されるなど性質が変わってきているものの、反体制活動家の拘束に利用されたり、警察官とトラブルを起こした人をみせしめで投獄するなど、国民を弾圧する手段として利用されている。特にチベット独立運動や法輪功など当局が徹底的に弾圧することを決定している組織に対しては、電気ショックなどの激しい拷問も行われているといわれる。中国司法省によると、2008末の時点で16万人が収容されている。

 同制度が廃止されるのか、改革されるのかは現段階では不明だが、少なくとも習近平体制のイメージアップを狙って何らかのアクションを起こす可能性は高いと見られている。だが現実には、労働矯正制度以外にも法的根拠なく国民を拘束する手段はいくらでもあり、状況の改善にはつながらないとの見方もある。

 いずれにせよ、この制度は中国共産党による独裁政治を象徴するものであり、最終的にどのような判断が下されるのかによって、習近平体制のスタンスがよりはっきりしてくるだろう。

 - 政治, 社会

  関連記事

casutorofideru
キューバで行われた米調査機関による非公式世論調査。その結果は?

 米国との国交正常化交渉が進むキューバで実施された「非公式」世論調査の結果が話題 …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

no image
パネッタ米国防長官が来日。主要な議題はオスプレイではない

 米国のパネッタ国防長官が来日している。各メディアは、新型輸送機オスプレイの普天 …

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

no image
現役世代の負担増はやむを得ないとする厚労省の調査結果に、疑問の声が大噴出

 社会保障負担の世代間格差について、高齢者・現役世代の別なく負担の増加を受け入れ …

erudoan
大統領の独裁化につながるトルコの国民投票にドイツ人が動揺している理由

 大統領権限の強化を狙ったトルコの国民投票で賛成が反対を上回ったことで、ドイツ国 …

joumuinmember
完全保存版!習政権2期目、政治局常務委員メンバー相関図。習氏の3期続投が視野に

 習近平政権2期目の布陣が明らかとなった。後継候補となる若手は登用されず、習氏の …