ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領がCIA長官に指名したブレナン氏。諜報活動一筋で決して笑わない人物

 

 オバマ米大統領は7日、不倫問題で辞任したCIAのペトレイアス前長官の後任として、国土安全保障・テロ対策担当の大統領補佐官であるブレナン氏を指名した。
 国務長官に指名されたケリー上院議員、国防長官に指名されたヘーゲル元上院議員と並んで、安全保障に関連する3閣僚の顔ぶれが出揃ったわけだが、ブレナン氏は他の2人とはだいぶ赴きが異なっている。

 ケリー氏はベテラン政治家で、オバマ大統領と近い関係にある。またヘーゲル氏も共和党ではあるものの、イラク戦争に対する姿勢や対イスラエル政策において、オバマ大統領のスタンスに近いことで有名。両氏の長官就任はオバマ大統領による政治主導の色彩が濃い人事といえる。

 一方のブレナン氏はプロパーでCIAに入局した諜報活動一筋の実務家。アルカイダのウサマ・ビンラディン容疑者の殺害計画について中心的な役割を果たしたとされている。ほとんど笑うことがなく、指名会見の席でもオバマ大統領に「彼はなかなか笑わないんです」と紹介され、ぎこちなく苦笑いしていたというゴリゴリの官僚肌だ。
 オバマ大統領の選挙期間中からアドバイザーをつとめており、大統領の信頼は厚いといわれている。オバマ大統領は2008年にもブレナン氏をCIA長官に指名しようと試みたが、ブレナン氏がテロ容疑者に対する拷問に関与していたとの疑惑が持ち上がり、指名を断念した経緯がある。

 CIAはブッシュ政権時代に情報分析から非合法的な工作活動に主軸を移すための改革が行われたが、組織の方向性をめぐって内部で深刻な対立があったといわれている。最近では軍の英雄であるペトレイアス氏がCIAを牛耳ることへの反発が一部に見られたことや、不倫疑惑に不可解な点が多いことなども重なり、一連の辞任劇は内部抗争の延長であるとの見方も根強い。

 いずれにせよ、諜報活動の実務に精通した内部出身者で、かつオバマ大統領が以前からよく知る人物をCIA長官に据えたことになり、オバマ大統領はCIAに対して一定の政治力を確保することに成功したといえるだろう。またCIAの側から見れば、軍に対する独立性がより高くなったと考えることもできる。

 ただブレナン氏に対しては、無人機によるテロリスト殺害を積極的に進めているとして、民主党内のからも一部で反発の声が上がっている。議会承認は問題ないといわれているが、就任後、議会やマスコミに対してどのような説明をしていくのか注目される。

 - 政治

  関連記事

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

no image
イランの核開発能力が倍増というIAEA報告書は出来レース?

  IAEA(国際原子力機関)は、イランが核兵器開発に必要なウラン濃縮の能力を2 …

security
オバマ大統領がサイバーセキュリティの大統領令に署名。だが産業界からは疑問の声も

 オバマ大統領は13日、サイバーセキュリティ対策を強化するための大統領令に署名し …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …

jinmindaikaido
中国主導のアジアインフラ投資銀行に英が参加。米は表向き反発なのだが・・・

 英財務省は2015年3月12日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行に参加する …

obamaputin2015
国連総会での各国首脳会談。日は露に、露は米にラブコールを送っているが・・・

 ニューヨークで開かれている国連総会を利用した首脳会談が相次いでいるが、各国のス …

clinton
岸田外相の訪米が決定。だが米国側の最大の関心事は何と慰安婦問題?

 岸田文雄外相は8日、クリントン米国務長官と電話会談を行い、今月18日にワシント …

abeamari201409
安倍首相が年功序列賃金の見直しに言及。アベノミクス初の構造改革?

 政府は2014年9月29日、政府、経済団体、労働団体の代表らが雇用や賃金につい …