ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国でインフルエンザ大流行。米マスコミの感染予防報道には学ぶべき点が多い

 

 米国でインフルエンザが大流行している。全米の30近くの州で例年をはるかに上回る数の患者が発生している。流行はまだ初期段階であり、今後も患者数は増える見込み。日本においても、患者数が増加の兆しをみせており、本格的な流行に入る可能性が出てきている。

 毎年冬になると話題になるインフルエンザだが、日本と米国ではマスメディアでの報道姿勢に雲泥の違いがある。
 日本ではよくうがいをして、睡眠をたっぷり取るといった抽象的な予防策しか情報提供されない。だが米国のインフルエンザに関する報道は、予防策についての解説なかなり具体的である。

 ABCのニュース番組では、エレベータのボタン、ATMのパネル、レストランの塩コショウ容器、地下鉄の吊革など、不特定多数の人が触れる部分からの接触感染がもっとも危険であると解説している。これらの部分にはなるだけ触れず、どうしても触れる場合には指先を避けるようにと指示も具体的だ。さらに会議中や仕事中に、手で口や目を触る回数を検証し、この行為を避けるよう注意するだけで、かなりの感染を防げることも示されていた。

 諸外国では新型インフルエンザの流行をきっかけに、感染ルートの特定とそれにもとづく感染防止策の徹底が行われてきた。だが日本ではパンでミック対策が十分に整えられているとはいえず、科学的な事実にもとづく情報も不足している。

 現実問題として、インフルエンザや風邪のほとんどは、手を介した接触で感染している。いくら手を洗ってうがいをしても、その手でエレベータのボタンに触ってそのままにしていては何の意味もないのだ。
 だが日本ではこのような科学的な情報が共有されていないため、社会全体で感染拡大を軽減する対策が取られにくい。日本ではマスクの装着が一般的になってきているが、これも個人が感染を予防するためだけのものと誤解している人が多い。マスクには多少の予防効果もあるが、もっとも期待されているのは、感染した人が周囲に感染を広めない効果の方である。したがって、感染した人、あるいは感染する可能性が高い人がマスクをしていないと、社会的には意味がないのだ。
 こういった違いは普段はあまり認識されないが、いざ災害が発生した時には、大きな違いとなって返ってくる。

 あるオフィスビルでは、電力不足による節電を行っており、ビルの利用者に廊下やトイレの電気をマメに消すように通達が出ていた。ビルの利用者の一人が不特定多数の人がスイッチに触れるようなやり方は、感染症対策から好ましくないのでは?と提言したところ、非国民扱いされたという由々しき事態も生じている。

 リスクとは総合的なものであり、どれかひとつを精神論で実現するものではない。風邪予防ひとつとっても、その国の国民性、ひいては政府の危機管理能力を映す鏡になる。日本が諸外国から学ぶべきことはまだまだ多そうである。

 - 社会

  関連記事

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

weizugamen
道路情報シェアのアプリをめぐって米で騒動。問われるインテリジェンス能力

 渋滞など道路情報をシェアするアプリ「Waze」をめぐって米国でちょっとした騒動 …

inuniku
中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目 …

no image
英国でビジネスマン出身の大主教が誕生。聖職者もMBA時代到来か?

 英国国教会の最高位の聖職者であるカンタベリー大主教に、ビジネスマン出身者が就任 …

nandflash
東芝の半導体技術漏洩事件。罰則強化では根本的解決にならない

 東芝の半導体技術が韓国企業に漏洩した問題で、情報提供者に対する厳罰化を求める声 …

sendaisaiban
大川小学校の津波訴訟は、日本人に自分のアタマで考えることの重要性を強く訴えかけている

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市大川小学校の児童の遺族が市と宮城県 …

sikeisikkou
世界の死刑執行数。中国がダントツのトップで、イスラム圏を圧倒

 国際的な人権団体アムネスティ・インターナショナルは2015年4月1日、2014 …

hotelinside
千野アナの事故報道を巡って様々な憶測が飛び交う。原因はマスコミの報道姿勢にあり

 元フジテレビの千野志麻アナウンサーが正月休暇中に起こした死亡事故について、報道 …

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …