ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることから、米国内に生産拠点を移す動きが加速している。
 米化学大手ダウ・ケミカルや英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルなどが大規模なエチレン工場の建設を計画しているほか、三菱ケミカル、旭化成、クラレなど、日本の化学メーカー各社が米国での工場建設を検討している。

 シェールガスは岩盤層に含まれる天然ガス。米国を中心に開発が進んでおり、近年採掘コストが劇的に下落し価格競争力が出てきている。国際エネルギー機関(IEA)によると、シェールガスの開発によって米国は近い将来、世界最大のエネルギー産出国になるとともに、すべてのエネルギーを自給自足できることになる見通しだという。
 世界最大の石油消費国が、自給自足可能になり、かつ最大の生産国になるというのは、エネルギーをめぐる世界情勢が180度ひっくり返るようなインパクトをもたらす(本誌記事「国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組み変化の可能性」参照)。

 米国は80年代以降、製造業の空洞化に直面し、サービス業と知識産業しか国内に残らない状況となっていた。現在の米国はGoogleやAppleといった知識産業型の会社が経済をリードしている。だが安価なエネルギーをすべて自給できるとなると話は変わってくる。高度な知識産業に加えて、製造業も一気に米国回帰する可能性が出てきたのである。

 日本はこれまでアジアに工場が出て行ってしまう事態ばかりを心配していた。だが日本の化学メーカーの動きを見れば分かるように、今度は米国に対して工場が出て行くという、新しい空洞化の局面に遭遇する可能性が出てきているのだ。
 米国は今でこそ、サービス産業や知識産業の国となっているが、もともとは日本など比較にならないレベルのものづくり大国であった。自動車も家電もコンピュータも飛行機も、すべてアメリカ企業が作ったものである。アジア諸国や中国が日本のものづくりを完全にキャッチアップすることはまだ難しいが、日本にできて米国にできないものなど何ひとつない。

 シェールガス、シェールオイルという10年前までは想像もできなかったイノベーションによって、日本のものづくりには、米国という途方もなく強大な競争相手が出現しつつあるのだ。

 - 経済

  関連記事

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …

kosokudouro03
大型の公共事業がかえって内需拡大を邪魔している?求人倍率改善のウラ事情

 多くの国民にとってあまり実感が湧かないが、各地で人手不足が深刻になっている。厚 …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …

kiyosaki
金持ち父さん(倒産)、貧乏父さん(倒産)のキヨサキ氏の会社が倒産

 「金持ち父さん 貧乏父さん」などの著書で知られる、ロバート・キヨサキ氏の会社が …

ichimanen
家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で …