ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることから、米国内に生産拠点を移す動きが加速している。
 米化学大手ダウ・ケミカルや英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルなどが大規模なエチレン工場の建設を計画しているほか、三菱ケミカル、旭化成、クラレなど、日本の化学メーカー各社が米国での工場建設を検討している。

 シェールガスは岩盤層に含まれる天然ガス。米国を中心に開発が進んでおり、近年採掘コストが劇的に下落し価格競争力が出てきている。国際エネルギー機関(IEA)によると、シェールガスの開発によって米国は近い将来、世界最大のエネルギー産出国になるとともに、すべてのエネルギーを自給自足できることになる見通しだという。
 世界最大の石油消費国が、自給自足可能になり、かつ最大の生産国になるというのは、エネルギーをめぐる世界情勢が180度ひっくり返るようなインパクトをもたらす(本誌記事「国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組み変化の可能性」参照)。

 米国は80年代以降、製造業の空洞化に直面し、サービス業と知識産業しか国内に残らない状況となっていた。現在の米国はGoogleやAppleといった知識産業型の会社が経済をリードしている。だが安価なエネルギーをすべて自給できるとなると話は変わってくる。高度な知識産業に加えて、製造業も一気に米国回帰する可能性が出てきたのである。

 日本はこれまでアジアに工場が出て行ってしまう事態ばかりを心配していた。だが日本の化学メーカーの動きを見れば分かるように、今度は米国に対して工場が出て行くという、新しい空洞化の局面に遭遇する可能性が出てきているのだ。
 米国は今でこそ、サービス産業や知識産業の国となっているが、もともとは日本など比較にならないレベルのものづくり大国であった。自動車も家電もコンピュータも飛行機も、すべてアメリカ企業が作ったものである。アジア諸国や中国が日本のものづくりを完全にキャッチアップすることはまだ難しいが、日本にできて米国にできないものなど何ひとつない。

 シェールガス、シェールオイルという10年前までは想像もできなかったイノベーションによって、日本のものづくりには、米国という途方もなく強大な競争相手が出現しつつあるのだ。

 - 経済

  関連記事

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

okane201407
インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

googlehead
グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …