ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることから、米国内に生産拠点を移す動きが加速している。
 米化学大手ダウ・ケミカルや英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルなどが大規模なエチレン工場の建設を計画しているほか、三菱ケミカル、旭化成、クラレなど、日本の化学メーカー各社が米国での工場建設を検討している。

 シェールガスは岩盤層に含まれる天然ガス。米国を中心に開発が進んでおり、近年採掘コストが劇的に下落し価格競争力が出てきている。国際エネルギー機関(IEA)によると、シェールガスの開発によって米国は近い将来、世界最大のエネルギー産出国になるとともに、すべてのエネルギーを自給自足できることになる見通しだという。
 世界最大の石油消費国が、自給自足可能になり、かつ最大の生産国になるというのは、エネルギーをめぐる世界情勢が180度ひっくり返るようなインパクトをもたらす(本誌記事「国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組み変化の可能性」参照)。

 米国は80年代以降、製造業の空洞化に直面し、サービス業と知識産業しか国内に残らない状況となっていた。現在の米国はGoogleやAppleといった知識産業型の会社が経済をリードしている。だが安価なエネルギーをすべて自給できるとなると話は変わってくる。高度な知識産業に加えて、製造業も一気に米国回帰する可能性が出てきたのである。

 日本はこれまでアジアに工場が出て行ってしまう事態ばかりを心配していた。だが日本の化学メーカーの動きを見れば分かるように、今度は米国に対して工場が出て行くという、新しい空洞化の局面に遭遇する可能性が出てきているのだ。
 米国は今でこそ、サービス産業や知識産業の国となっているが、もともとは日本など比較にならないレベルのものづくり大国であった。自動車も家電もコンピュータも飛行機も、すべてアメリカ企業が作ったものである。アジア諸国や中国が日本のものづくりを完全にキャッチアップすることはまだ難しいが、日本にできて米国にできないものなど何ひとつない。

 シェールガス、シェールオイルという10年前までは想像もできなかったイノベーションによって、日本のものづくりには、米国という途方もなく強大な競争相手が出現しつつあるのだ。

 - 経済

  関連記事

yunikuroginza
ユニクロは客単価の上昇路線を貫徹できるのか?

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2015年9月2日、8月の販売動 …

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

facebookcom
フェイスブックが予想外の好決算。インスタグラムが貢献か?

 SNS最大手の米フェイスブックは2016年1月27日、2015年10~12月期 …

twitter
ツイッターがとうとう折り返し地点?利用者数の伸びが鈍化し株価は大幅下落

 短文投稿サイトの米ツイッターは2015年7月28日、2015年4~6月期決算を …

kanshasaisale
世界各国で年末商戦が本格スタート。より顕著となったネットへのシフト

 世界各国で年末商戦が本格的なスタートを切った。とりわけ米国の感謝祭セールの動向 …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

amazonhaiso
米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検 …

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …