ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国で新聞検閲に反対するデモが発生。権力闘争も絡み、習近平体制は早くも岐路に

 

 中国の新聞記事が当局の介入で差し替えられたことに反発するデモが、広州市内で7日発生した。デモ参加者は広東省の宣伝活動責任者の辞任を求めている。格差の縮小や社会正義を至上命題とする習近平政権にとって、最初の試金石となる可能性が高まってきた。

 記事が差し替えられたのは広東省を地盤とする「南方週末」紙。中国はもっともリベラルな新聞の1つとされており、これまで検閲ギリギリの批判記事を多く掲載して話題となっていた。当局の介入で記事が差し替えられたことに現場の記者が反発。差し替え前の原稿がネットに流され、多くの人が閲覧する結果となった。
 今回の差し替えは当局の直接介入ではなく、経営幹部による自主規制だったという話もあるが、世論は完全に当局の検閲に対する反発で一色になっている。

  デモについては警察当局が容認したことから平穏に行われたが、この背景には広東省の党書記に着任したばかりの胡春華氏の意向が強く反映しているとみられる。
 同氏は胡錦濤前共産党総書記直系の人物であり、習近平氏が属する太子党(共産党幹部の2世3世グループ)や江沢民グループとは敵対関係にある。太子党や江沢民グループには保守的な人物が多く、メディア規制などに対しても積極的といわれる。胡春華氏はデモに対して容認姿勢をとることで、改革派としてのイメージを国民に植え付け、習近平体制に対する牽制球にしたい意向だ。

 今回の事件はかつての天安門事件のように、中国共産党最高指導部に対する「踏み絵」になる可能性がある。天安門事件の時には、弾圧か容認かで内部は分裂し、結局、党の最高実力者であった鄧小平氏の決断によって徹底的に弾圧する道が選択された。この時には、趙紫陽総書記をはじめ容認を主張した多くの幹部が粛清された。

 習近平体制は、江沢民グループと胡錦濤グループの対立を内包した不安定な政権であり、いつ権力闘争が勃発するか分からない状況となっている。弾圧を強硬すれば、改革派の反発を招く可能性があり、一方でこれらのデモを容認してしまうと、各地でデモが雪崩のように発生し、当局が制御できなくなる危険性もある。
 習近平氏は就任早々、重大な決断を迫られている。

 - 政治

  関連記事

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

syriakubaku201409
米国がシリアで空爆を開始。とりあえず中東各国の協力を取り付けた形に

 米国防総省は2014年9月23日、米軍がイラクに続いて隣国のシリアでも空爆を開 …

nodae02
政府が公務員の年金特権待遇を維持する法案を閣議決定。臨時国会で成立予定

 政府は、2日の閣議で国家公務員の退職金を引き下げる法案と、新たな年金加算制度を …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …