ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国で新聞検閲に反対するデモが発生。権力闘争も絡み、習近平体制は早くも岐路に

 

 中国の新聞記事が当局の介入で差し替えられたことに反発するデモが、広州市内で7日発生した。デモ参加者は広東省の宣伝活動責任者の辞任を求めている。格差の縮小や社会正義を至上命題とする習近平政権にとって、最初の試金石となる可能性が高まってきた。

 記事が差し替えられたのは広東省を地盤とする「南方週末」紙。中国はもっともリベラルな新聞の1つとされており、これまで検閲ギリギリの批判記事を多く掲載して話題となっていた。当局の介入で記事が差し替えられたことに現場の記者が反発。差し替え前の原稿がネットに流され、多くの人が閲覧する結果となった。
 今回の差し替えは当局の直接介入ではなく、経営幹部による自主規制だったという話もあるが、世論は完全に当局の検閲に対する反発で一色になっている。

  デモについては警察当局が容認したことから平穏に行われたが、この背景には広東省の党書記に着任したばかりの胡春華氏の意向が強く反映しているとみられる。
 同氏は胡錦濤前共産党総書記直系の人物であり、習近平氏が属する太子党(共産党幹部の2世3世グループ)や江沢民グループとは敵対関係にある。太子党や江沢民グループには保守的な人物が多く、メディア規制などに対しても積極的といわれる。胡春華氏はデモに対して容認姿勢をとることで、改革派としてのイメージを国民に植え付け、習近平体制に対する牽制球にしたい意向だ。

 今回の事件はかつての天安門事件のように、中国共産党最高指導部に対する「踏み絵」になる可能性がある。天安門事件の時には、弾圧か容認かで内部は分裂し、結局、党の最高実力者であった鄧小平氏の決断によって徹底的に弾圧する道が選択された。この時には、趙紫陽総書記をはじめ容認を主張した多くの幹部が粛清された。

 習近平体制は、江沢民グループと胡錦濤グループの対立を内包した不安定な政権であり、いつ権力闘争が勃発するか分からない状況となっている。弾圧を強硬すれば、改革派の反発を招く可能性があり、一方でこれらのデモを容認してしまうと、各地でデモが雪崩のように発生し、当局が制御できなくなる危険性もある。
 習近平氏は就任早々、重大な決断を迫られている。

 - 政治

  関連記事

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

egyptdemo
「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生 …

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

no image
中国次期指導部は「文科系」中心。とうとうマルクス主義からおさらばするのか?

 中国では今年の秋にいよいよ指導部の交代が行われる。次期指導部の要職に就く人の多 …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

toriinflu
鳥インフル感染者は何故か長江デルタ地域だけ。拭えない中国当局による情報隠ぺい疑惑

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9)の感染が徐々に拡大してきている。4日9日には …

no image
東国原前宮崎県知事、東京で出馬か?そして海江田万里はどうなる?

 維新の会が衆院選の目玉候補に予定している前宮崎県知事の東国原英夫氏だが、東京で …