ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出する金額は10.3兆円で地方や民間の負担を合わせた総事業規模は20兆円になる見込み。財源は5.2兆円の国債発行と11年度の余剰金を充てる。国の支出分10.3兆円の内訳は、以下の通りとなっている。

 ・復興防災対策 3.7兆円
 ・暮らしの安全、地域活性化 1.9兆円
 ・成長による富の創出 3.0兆円
 ・交付金 1.4兆円

 このうち、復興防災費と暮らしの安全地域活性化費用のほとんど(5.2兆円分)がいわゆる公共事業になる。老朽化した道路やトンネル、港湾の整備、電線地中化などを想定しており、財源はすべて国債を発行して調達する。
 成長による富の創出には、日本企業の海外進出を支援する官民ファンド、新事業創出ファンド、不動産官民ファンドとファンドを使ったスキームが多数並んでいる。

 要するに10兆円のうち半分は国債に頼った伝統的な公共事業であり、残り半分はファンドを使った成長促進事業ということになる。公共事業とファンドという新旧のスキームをミックスした施策に見えるが実際はそうでもない。
 ファンドを使った支援事業はすでに数多く実施されているが、優良な出資対象が見つからず、ただのバラマキ予算に終わっているものがほとんどなのだ。ただし「ファンド」という言葉には斬新なイメージがあるため、一部のマスコミは簡単に騙すことができる。経済産業省を中心に最近の官僚が好んで使う用語である。

 今回の緊急経済対策を一言でまとめると、伝統的な公共事業と、ファンドを介した事実上の補助金という2本柱で構成された典型的なバラ撒き予算ということになる。建設国債という用語をあえて使い、赤字ではない雰囲気を演出したいようだが、建設国債と赤字国債には何の違いもない。法律上、公共事業のために発行できる国債というだけであり、何のことはない普通の国債であり、ただの借金である。

 公共事業やファンドの効果はさておき 「建設国債」と「ファンド」というキーワードはそろそろ使うのをやめにしてはどうだろうか?

 - 政治, 経済

  関連記事

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

sakuranomiya01
桜宮高校の入試中止問題。日本社会の論理性のなさが浮き彫りに

 大阪市立桜宮高校の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市の橋下市長は …

bitcoin
日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通 …

putin
ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシ …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

barroso
米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始 …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …