ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出する金額は10.3兆円で地方や民間の負担を合わせた総事業規模は20兆円になる見込み。財源は5.2兆円の国債発行と11年度の余剰金を充てる。国の支出分10.3兆円の内訳は、以下の通りとなっている。

 ・復興防災対策 3.7兆円
 ・暮らしの安全、地域活性化 1.9兆円
 ・成長による富の創出 3.0兆円
 ・交付金 1.4兆円

 このうち、復興防災費と暮らしの安全地域活性化費用のほとんど(5.2兆円分)がいわゆる公共事業になる。老朽化した道路やトンネル、港湾の整備、電線地中化などを想定しており、財源はすべて国債を発行して調達する。
 成長による富の創出には、日本企業の海外進出を支援する官民ファンド、新事業創出ファンド、不動産官民ファンドとファンドを使ったスキームが多数並んでいる。

 要するに10兆円のうち半分は国債に頼った伝統的な公共事業であり、残り半分はファンドを使った成長促進事業ということになる。公共事業とファンドという新旧のスキームをミックスした施策に見えるが実際はそうでもない。
 ファンドを使った支援事業はすでに数多く実施されているが、優良な出資対象が見つからず、ただのバラマキ予算に終わっているものがほとんどなのだ。ただし「ファンド」という言葉には斬新なイメージがあるため、一部のマスコミは簡単に騙すことができる。経済産業省を中心に最近の官僚が好んで使う用語である。

 今回の緊急経済対策を一言でまとめると、伝統的な公共事業と、ファンドを介した事実上の補助金という2本柱で構成された典型的なバラ撒き予算ということになる。建設国債という用語をあえて使い、赤字ではない雰囲気を演出したいようだが、建設国債と赤字国債には何の違いもない。法律上、公共事業のために発行できる国債というだけであり、何のことはない普通の国債であり、ただの借金である。

 公共事業やファンドの効果はさておき 「建設国債」と「ファンド」というキーワードはそろそろ使うのをやめにしてはどうだろうか?

 - 政治, 経済

  関連記事

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

rouhani201402
イランで革命35周年式典が開催。状況は様変わりし、反米スローガンは一掃

 イラン革命35周年を記念する式典が2014年2月11日、イランの首都テヘランで …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

obamaegypt02
デモ排除で多数の死者が出ても、米国がエジプトへの軍事支援を簡単にやめられないワケ

 エジプトのモルシ前大統領を支持するデモ隊に対してエジプト軍が強制排除を行い多数 …

kousakukiki
7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …