ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国から核燃料の再処理を受託との報道。原子力は核の問題であるという理解が必要

 

 日本政府が、使用済み核燃料の再処理を韓国から受託することを検討しているという東京新聞の報道が波紋を呼んでいる。

 東京新聞の報道によると、政府内部において韓国など東アジアの原発から出る使用済み核燃料を青森県六ケ所村の再処理施設で再処理することで延命を図る構想が浮上しているという。ただ記事には明確な根拠はなく、核燃料サイクル事業の継続に意欲を示す大臣発言などが根拠になっており、政府の統一見解であるかどうかは不明だ。

 これに対して韓国政府当局者は7日、「日本政府から、韓国の使用済み核燃料を委託処理したいという提案を受けたことはなく、韓国政府は、こうしたことを検討していない」と述べている。

 現在、日本ではほとんど原発が停止していることや、六ヶ所村にある再処理施設においてトラブルが続出していることから、使用済み燃料の再処理は予定通りに進んでいない。このままでは、利用されないプルトニウムが大量に国内に残留することになる。
 政府内部でどこまでコンセンサスが得られているかはともかくとして、経済産業省をはじめ原子力に関連する府省が、核燃料サイクルの延命を何とか実現し、関連予算を確保しようと画策することは容易に想像できる。他国からの処理の受け入れはその方策の一つになり得るだろう。
 だが核燃料サイクルの問題は、米国の核不拡散政策と直結する問題であり、きわめてデリケートな扱いを要する。一歩間違えば、安全保障上の重大問題にもなりかねない危険性を秘めていることを忘れてはならない。

 日本人の多くは原発政策について、単に安全性の問題や電力需要の問題として捉えているが、国際社会はそのように理解しない。原子力政策は、核政策そのものであり、軍事問題なのである。原発依存度を減らすにも関わらず、再処理事業を継続するということは、核武装に関して高い関心を持っているというサインを諸外国に送ってしまうことになる。

 今回の政府内部の検討が事実であり、核保有を意識したものであるならば、これは国民全体で議論すべき重大なテーマなはずである。一方その意識はなく、予算確保のための無邪気な言動であるならば、それはそれで非常に危険なことである。
 原発政策は核政策とイコールであるという考え方に基づいた幅広い議論が求められる。

 - マスコミ, 政治, 社会

  関連記事

bento
弁当の路上販売規制問題。利害関係者が自説を堂々と主張しない日本の社会風土

 東京都は最近増加している弁当の路上販売について規制強化の検討を始めている。すで …

no image
Amazon課税包囲網が完成。だが日本の出版業界は暗い顔。その真意とは?

 米国カリフォルニア州において、インターネット小売業者(Amazonがターゲット …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

kokkaigijido02
憲法改正が参院選の争点に浮上。決断の時なのか、単なる拙速なのか?

 憲法改正論議を夏の参院選の焦点にしようという動きが活発になってきた。4月9日、 …

obamairan
イランの核問題で暫定合意に到達。本格合意なら、国際秩序の変化がさらに加速

 イランと欧米中露6カ国は11月24日、イランの核問題をめぐる協議で合意に達した …

senetereport
CIAの拷問プログラムを開発した心理学者には100億円の報酬。米上院調査報告書

 米上院情報特別委員会は12月9日、米中央情報局(CIA)が同時多発テロ以降、テ …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

jimintohonbu
自民・公明が消費税率軽減策で合意。結局8%段階で軽減策は導入されず

 自民、公明両党は23日、与党税制協議会を開催し、焦点となっていた消費増税に対す …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …