ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を設けることを決定した。新規採用などで増加した給与支払額の一定割合を法人税から控除する仕組みを検討する。

 これまでも、雇用者数の増加に応じて税金を控除する仕組みは存在していたが、雇用増にはつながっても、給与増には直接結びついていなかった。日本のGDPは6割が個人消費で占められており、労働者の給与が増えればGDPが増加し物価の上昇にもつながる。安倍新政権では2%の物価目標導入を目指しており、税制面でもこれを後押ししたい意向だ。
 また多くの国民にとって、自分の所得が増えないと景気が良くなった実感が得られないことから、心理面についても考慮したものと思われる。

 だが今回の措置は、ほとんどの国民にとって恩恵がない可能性が高い。今回の措置は、補助ではなく税金の控除を用いた手法なので、赤字法人にはまったく効果がない。対象となるのは多額の黒字を計上している大企業に限定される。しかもその大企業にとってもそれほどメリットがある施策とはいえないのだ。
 日本は法人税が高いというイメージがあるが、実態は大きく異なっている。法人税には業界ごとに特例措置というもの が無数にあり、実は税金を免除されている企業が多いのだ。しかも税金を免除される企業のほとんどが政治力のある大企業に集中している。大企業の多くは見かけ上利益を出しているが、実はもともと税金を払っていないのだ。今回減税措置が提示されても、わざわざ給与総額を増加させて減税効果を得ようという企業は少ないだろう。

 複雑に入り組んだ優遇税制を一度リセットし、不公平感のないフラットな税制に移行できれば、だまっていても企業の新陳代謝が促進され、最終的に雇用と給与は増えていくだろう。
 だがそれに対して、既得権益を持った人たちから猛反発が出るのは確実である。このため、既存税制を維持したまま、小手先の改革に終始するという状態が続いている。国民の首を絞めているのは、国民自身にほかならないのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

honkon
中国当局が香港の自治に関する白書を発表。中国による統治の正当性を強調

 中国国務院報道弁公室は2014年6月10日、香港の自治に関する白書を発表した。 …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

kokintou
中国共産党大会が無事に開幕。今後の胡錦濤氏の立場はある程度担保された

 相次ぐ権力闘争で日程が延期され、クーデター発生説まで取りざたされた中国の政権交 …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …