ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11年ぶりに防衛費が増額。だが気になるのは自衛隊の人件費比率の増加

 

 政府・自民党は2013年度予算の防衛費について、11年ぶりに増額する方針を固めた。増額は1000億円程度となる見込みで、新型レーダーなど装備の拡充に使われる。
 防衛費は政府の財政難を受けて2003年度から減額が続いており、2012年度は4兆6000億円程度にまで減少していた(2003年度には5兆円近くあった)。尖閣諸島問題や北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射という事態をうけて防衛体制を強化する。

 単年度の予算に加えて、中長期の国防戦略についても見直しを行う。民主党政権が2010年に閣議決定した防衛計画の大綱(防衛大綱)と中期防衛力整備計画(中期防)を凍結し、あらたな計画を策定する方針だ。

 防衛省では、このまま減額が続けば航空機や艦艇など必要な装備の調達に支障が生じかねないと懸念しており、ひとまずは歯止めがかけられた状況となった。

 だが、ことはそう単純ではない。防衛費の増額が必ずしも防衛力の強化につながるとは限らないからである。
 10年近くにおよぶ防衛費の削減によって、自衛隊の人件費率は増加しており、2012年度の防衛費においては約4割が自衛隊員の給与や食糧費に充てられている。このことは予算の減額に対して、人員の削減ではなく、装備の削減で対応してきたことを意味している。
 IT技術の進歩によって軍隊のハイテク化は想像を超えるスピードで進んでいる。本来であれば人件費の比率は減少していかなければならない。軍隊は戦争のプロであり、戦争に勝てなければ意味がない。新しい時代に合ったスキルを持たない隊員を抱えることは、国民を危険にさらしかねないのだ。
 2012年度の予算増額分は装備に充てられる予定だが、中長期のレベルでは陸海空で1万8000人の自衛官増員が必要との声も上がっている。国防意識の高まりを利用して、雇用を維持しようという意図も見え隠れする。

 今後の防衛費増額が、単なる組織の肥大化につながるようでは、防衛力の向上につながらないばかりか、予算のムダ使いに終わる可能性もある。防衛力の整備は金額も重要だが、もっと大事なのはその質的な能力向上である。

 - 政治

  関連記事

kizuna
どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震 …

joshi
大国インドが中国を牽制。南シナ海に海軍を派遣することを検討中

 南シナ海での中国の動きに対して、大国インドが牽制球を投げた。インド海軍のジョシ …

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …

gunmap
銃規制の議論が高まる米国で、銃所有者の住所氏名を検索できるサイトが登場

 米コネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件をきかっけに、米国は銃規制をめぐる …

osupurei
オスプレイ導入で着々と進む自衛隊の海兵隊化。だがソフト面での覚悟は出来てるのか?

 これまで本土防衛能力だけに特化してきた自衛隊が、徐々に米国海兵隊のような国外展 …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

saitengai
中国の新駐米大使は駐日大使経験者。中国はいよいよ日米の分断作戦開始との噂

 中国政府は3月3日、前駐日大使の崔天凱外務次官を駐米大使に起用する人事を決めた …

misutoraru
ロシアによるフランスからの揚陸艦購入は北方領土配備のため?

 ロシアによるフランス製強襲揚陸艦の購入が、北方領土対策のために行われたという、 …