ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国に異変?新聞検閲問題が北京にも波及し、香港では行政長官弾劾の動き

 

 中国共産党による独裁体制を批判する動きが、国内でじわじわと広がってきている。新聞検閲に反対するデモが広東省で行われたが、この動きが首都北京にも波及してきた。また香港でも中国の支配強化に反対する声が日増しに高まっている。

 広東省で発行されている「南方週末」の記事が当局の指示で書き換えられたことが明らかになり、広東省ではこれに反対するデモが発生した。
 今度は北京の有力紙「新京報」が、検閲を正当化する内容の社説を掲載するよう当局から圧力を受けていたことが明らかになり、当局への批判が高まっている。

 新京報の記者によると、北京市共産党の担当者が同紙を訪れ、環球時報(共産党機関紙の系列)の社説を転載するよう迫ったのに対し、同紙側はこれを拒否 したという。結局、社説は掲載され、社長と編集局長は辞任する意向を表明したという。ただ現在のところ本当に辞任したのかどかは確認が取れていない。

 また香港では、梁振英行政長官の辞任を求める大規模なデモが発生している。議会に相当する立法会では、梁長官の辞任を求める弾劾決議案が審議されるという異例の事態が起こっている。立法会は新中国派が多数を占めており、成立は不可能とみられるが、民主派は決議を出すことに意味があるとして手続きを進める意向だ。

 梁長官は香港では中国寄りと見られており、昨年9月には中国共産党の一党独裁を美化する新しい教育課程の導入を画策したものの、民主派の激しい反発で断念したという経緯がある。中国側が香港に対する介入を強めようとしていることに対して、香港市民は強く反発している。

 南方週末の混乱は、広東省の当局者が新聞閲を実施しないことを約束し、とりあえずは収束となった。だが習近平総書記をはじめとする中国共産党の最高指導部からは、まだこれらの事件に対するコメントはない。事前検閲や香港自治に関してどのような見解を示すのかで、習政権の将来は大きく左右される可能性が高い。

 これまで中国の反体制的なデモは農民や労働者が中心であったが、今回はマスメディアや香港立法府の議員など、これまでとは異なる層の動きとなっている。これは、広範囲にわたって反体制的な動きが拡散している証拠であり、中国の内政はいよいよ予断を許さない状況となってきた。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

toriinflu
鳥インフル感染者は何故か長江デルタ地域だけ。拭えない中国当局による情報隠ぺい疑惑

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9)の感染が徐々に拡大してきている。4日9日には …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

osupurei
オスプレイ導入で着々と進む自衛隊の海兵隊化。だがソフト面での覚悟は出来てるのか?

 これまで本土防衛能力だけに特化してきた自衛隊が、徐々に米国海兵隊のような国外展 …

abekaiken
安倍政権が閣議決定で憲法解釈見直しを行う理由とその影響

 安倍首相は2014年2月20日の衆院予算委員会において、集団的自衛権の行使容認 …

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

obamairan
イランの核問題で暫定合意に到達。本格合意なら、国際秩序の変化がさらに加速

 イランと欧米中露6カ国は11月24日、イランの核問題をめぐる協議で合意に達した …

onodera01
小野寺防衛相が国際会議において「右傾化は誤解」と異例の説明

 シンガポールで開催されているアジア安全保障会議に出席した小野寺防衛大臣は講演を …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

hyuga
防衛大綱の中間報告で浮上してきた、自衛隊ハイテク化の必要性

 防衛省は7月26日、日本の防衛力のあり方と保有すべき防衛力の水準を示す「防衛計 …