ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国に異変?新聞検閲問題が北京にも波及し、香港では行政長官弾劾の動き

 

 中国共産党による独裁体制を批判する動きが、国内でじわじわと広がってきている。新聞検閲に反対するデモが広東省で行われたが、この動きが首都北京にも波及してきた。また香港でも中国の支配強化に反対する声が日増しに高まっている。

 広東省で発行されている「南方週末」の記事が当局の指示で書き換えられたことが明らかになり、広東省ではこれに反対するデモが発生した。
 今度は北京の有力紙「新京報」が、検閲を正当化する内容の社説を掲載するよう当局から圧力を受けていたことが明らかになり、当局への批判が高まっている。

 新京報の記者によると、北京市共産党の担当者が同紙を訪れ、環球時報(共産党機関紙の系列)の社説を転載するよう迫ったのに対し、同紙側はこれを拒否 したという。結局、社説は掲載され、社長と編集局長は辞任する意向を表明したという。ただ現在のところ本当に辞任したのかどかは確認が取れていない。

 また香港では、梁振英行政長官の辞任を求める大規模なデモが発生している。議会に相当する立法会では、梁長官の辞任を求める弾劾決議案が審議されるという異例の事態が起こっている。立法会は新中国派が多数を占めており、成立は不可能とみられるが、民主派は決議を出すことに意味があるとして手続きを進める意向だ。

 梁長官は香港では中国寄りと見られており、昨年9月には中国共産党の一党独裁を美化する新しい教育課程の導入を画策したものの、民主派の激しい反発で断念したという経緯がある。中国側が香港に対する介入を強めようとしていることに対して、香港市民は強く反発している。

 南方週末の混乱は、広東省の当局者が新聞閲を実施しないことを約束し、とりあえずは収束となった。だが習近平総書記をはじめとする中国共産党の最高指導部からは、まだこれらの事件に対するコメントはない。事前検閲や香港自治に関してどのような見解を示すのかで、習政権の将来は大きく左右される可能性が高い。

 これまで中国の反体制的なデモは農民や労働者が中心であったが、今回はマスメディアや香港立法府の議員など、これまでとは異なる層の動きとなっている。これは、広範囲にわたって反体制的な動きが拡散している証拠であり、中国の内政はいよいよ予断を許さない状況となってきた。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

jf001
アルジェリアの人質事件で露呈した政府専用機のお粗末。日本は保有する資格なし

 政府は、アルジェリアで起きた人質事件の検証作業を進める中で、政府専用機の運用制 …

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

ipusiron
低コスト・ロケット「イプシロン」を8月に打ち上げ。JAXAもそれに合わせてスリム化しては?

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月21日、新しい小型ロケットである「イプシ …

kenpoukaisei
憲法改正の動きが本格化?だが本当にまともな憲法が自主制定できるのか疑問との声も

 憲法改正をめぐり、まずは「総議員の3分の2以上の賛成」を必要とする現憲法96条 …

no image
中国初の空母が正式に就役。名前は「釣魚島(尖閣)」ではなく「遼寧」だった

 中国初の空母となる旧ソ連製の「ワリャーグ」が正式に就役した。注目されていた名称 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

obamacuba
米国とキューバが50年にわたる対立に終止符。仲介役はローマ法王庁

 オバマ米大統領は2014年12月17日、50年以上にわたって国交を断絶していた …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …