ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国に異変?新聞検閲問題が北京にも波及し、香港では行政長官弾劾の動き

 

 中国共産党による独裁体制を批判する動きが、国内でじわじわと広がってきている。新聞検閲に反対するデモが広東省で行われたが、この動きが首都北京にも波及してきた。また香港でも中国の支配強化に反対する声が日増しに高まっている。

 広東省で発行されている「南方週末」の記事が当局の指示で書き換えられたことが明らかになり、広東省ではこれに反対するデモが発生した。
 今度は北京の有力紙「新京報」が、検閲を正当化する内容の社説を掲載するよう当局から圧力を受けていたことが明らかになり、当局への批判が高まっている。

 新京報の記者によると、北京市共産党の担当者が同紙を訪れ、環球時報(共産党機関紙の系列)の社説を転載するよう迫ったのに対し、同紙側はこれを拒否 したという。結局、社説は掲載され、社長と編集局長は辞任する意向を表明したという。ただ現在のところ本当に辞任したのかどかは確認が取れていない。

 また香港では、梁振英行政長官の辞任を求める大規模なデモが発生している。議会に相当する立法会では、梁長官の辞任を求める弾劾決議案が審議されるという異例の事態が起こっている。立法会は新中国派が多数を占めており、成立は不可能とみられるが、民主派は決議を出すことに意味があるとして手続きを進める意向だ。

 梁長官は香港では中国寄りと見られており、昨年9月には中国共産党の一党独裁を美化する新しい教育課程の導入を画策したものの、民主派の激しい反発で断念したという経緯がある。中国側が香港に対する介入を強めようとしていることに対して、香港市民は強く反発している。

 南方週末の混乱は、広東省の当局者が新聞閲を実施しないことを約束し、とりあえずは収束となった。だが習近平総書記をはじめとする中国共産党の最高指導部からは、まだこれらの事件に対するコメントはない。事前検閲や香港自治に関してどのような見解を示すのかで、習政権の将来は大きく左右される可能性が高い。

 これまで中国の反体制的なデモは農民や労働者が中心であったが、今回はマスメディアや香港立法府の議員など、これまでとは異なる層の動きとなっている。これは、広範囲にわたって反体制的な動きが拡散している証拠であり、中国の内政はいよいよ予断を許さない状況となってきた。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

terebi
政治家も国民もみんなマスコミが大好き。電波停止に言及した高市発言の矛盾

 放送事業者が政治的公平性を欠く放送を繰り返した場合、電波停止を命じる可能性があ …

obamaparitero
世界の警察官であることをやめるという米国の外交戦略はテロでどう変わのか?

 過激派組織「イスラム国(IS)」による大規模なテロが発生したことが、オバマ政権 …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

mof
財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

abekaisan20141119
まるで民主党の政策?緊急経済対策は商品券など直接支援が中心

 安倍首相は2014年11月18日、消費増税の先送りと衆議院の解散を発表すると同 …

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …