ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国における中国の存在感が急上昇。まるで「冊封」時代に逆戻りとの声も

 

 中国の台頭と日韓関係の悪化によって、韓国における中国の扱いが急激に変化している。
 朴槿恵次期大統領は大統領選挙に当選した直後、各国の大使と相次いで面談したが、この順番に異変が起こった。これまで韓国の歴代大統領は、米国、日本、中国の順に大使と会談することが外交慣例となっていたが、今回、日本は3番目に後退した。

 また安倍首相は1月4日、自らの特使として、自民党の額賀福志郎元財務相を韓国に派遣し親書を手渡したが、額賀氏の訪韓日程をめぐっては韓国側とひと悶着があった。
 韓国サイドは安倍氏サイドが一方的に特使の派遣を宣言したとして不快感を表明し、日程調整が難しいと連絡してきたのである。最終的に額賀氏を受け入れることで決着したが、すんなりと特使を派遣するというわけにはいかなかったようだ。

 この背景には、最近の日韓関係の悪化もあるが、やはり大きいのが中国の存在である。中国は政府の特使として張志軍・外交部副部長(外務省筆頭次官に相当)を韓国に派遣している。10日には朴槿恵次期大統領と会談し、習近平総書記の親書を手渡すとともに、朴氏の早期の訪中を要請した。 額賀氏の扱いに躊躇したのは、中国が派遣する特使の存在を考慮したためと考えられる。

 中国はこのところ、韓国に対してかなり高圧的な態度を取っており、それに対する韓国側の遠慮は相当なものだ。
 靖国神社に放火した中国人容疑者の引き渡し問題では、韓国は日本の引き渡し要請を拒否し中国に送還した。当初、韓国国内では国際法に従い日本側への引渡しを行うべきという声が多数を占めていたが、中国の孟建柱公安部長(公安相)が訪韓し、中国への送還を公然と要求したことで流れが一気に変わったのだ。

 中国は古来より、朝鮮王朝など周辺の国家に対して「冊封」と呼ばれる独特の外交政策を行ってきた。周辺国の王は中国の皇帝に臣下として挨拶する代わりに、その国の統治にお墨付きを与えてもらうという仕組みである。
 中国政府の高官が親書を持って韓国に渡り、次期大統領など要人と相次いで会談したり、平気で内政干渉する様は、まさに「冊封」の延長であるという声も上がっている。

 近い将来、韓国における中国の立場がさらに上昇し、米国を超える時代がやってくる可能性も否定できない。一方米国は米国で、日本と韓国をアジア最大の同盟国にするという外交上の基本戦略を根本から見直す動きも出てきているのだ。
 戦後70年間続いてきたアジア安定の枠組みが根本から崩れ去るというシナリオが、すでに現実味を帯びてきている。

 - 政治

  関連記事

abe20141017
日中首脳会談に向けて調整始まる。一方ロシアは天然ガスで日本に秋波

 11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)において、日中首脳 …

gendergap2014
世界男女平等ランキング。これまで下位をうろついていたフランスが順位を上げた理由

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは2014年10月28日、世界男女平等ラ …

no image
Wikiリークスのアサンジって誰?

 エクアドルに亡命を申請して大使館に逃げ込んだWikiリークスのアサンジ容疑者。 …

danboukigu
日本の温室効果ガス削減は家庭の省エネ頼み。断熱ゼロで寒い日本の家がさらに寒くなる

 地球温暖化対策の国連会議COP21において、パリ協定が締結されたことで、温暖化 …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

hosokawakoizumi
細川元首相が都知事選に出馬表明。その後の政局にばかり焦点が当たる奇妙な選挙に

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選において、細川護熙元首相が立候補を表明し …

aircraftcarrier2
米国が中東に展開する空母を削減。全世界的な米軍撤退の始まりか?

 米国防総省は軍事費削減プロジェクトの一環として、ペルシャ湾に派遣する空母の数を …

minna
渡辺元代表がまさかの落選。消滅した「みんなの党」出身議員の当落は?

 党の内紛から解党に追い込まれた「みんなの党」の出身者が厳しい状況となっている。 …

chinahodokan00
尖閣問題に関する玄葉外相の寄稿に中国女性報道官が反論。だが意外にもボロを出した

 尖閣諸島問題で中国にいいように振り回されてきた日本政府だが、久しぶりに中国側を …