ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国における中国の存在感が急上昇。まるで「冊封」時代に逆戻りとの声も

 

 中国の台頭と日韓関係の悪化によって、韓国における中国の扱いが急激に変化している。
 朴槿恵次期大統領は大統領選挙に当選した直後、各国の大使と相次いで面談したが、この順番に異変が起こった。これまで韓国の歴代大統領は、米国、日本、中国の順に大使と会談することが外交慣例となっていたが、今回、日本は3番目に後退した。

 また安倍首相は1月4日、自らの特使として、自民党の額賀福志郎元財務相を韓国に派遣し親書を手渡したが、額賀氏の訪韓日程をめぐっては韓国側とひと悶着があった。
 韓国サイドは安倍氏サイドが一方的に特使の派遣を宣言したとして不快感を表明し、日程調整が難しいと連絡してきたのである。最終的に額賀氏を受け入れることで決着したが、すんなりと特使を派遣するというわけにはいかなかったようだ。

 この背景には、最近の日韓関係の悪化もあるが、やはり大きいのが中国の存在である。中国は政府の特使として張志軍・外交部副部長(外務省筆頭次官に相当)を韓国に派遣している。10日には朴槿恵次期大統領と会談し、習近平総書記の親書を手渡すとともに、朴氏の早期の訪中を要請した。 額賀氏の扱いに躊躇したのは、中国が派遣する特使の存在を考慮したためと考えられる。

 中国はこのところ、韓国に対してかなり高圧的な態度を取っており、それに対する韓国側の遠慮は相当なものだ。
 靖国神社に放火した中国人容疑者の引き渡し問題では、韓国は日本の引き渡し要請を拒否し中国に送還した。当初、韓国国内では国際法に従い日本側への引渡しを行うべきという声が多数を占めていたが、中国の孟建柱公安部長(公安相)が訪韓し、中国への送還を公然と要求したことで流れが一気に変わったのだ。

 中国は古来より、朝鮮王朝など周辺の国家に対して「冊封」と呼ばれる独特の外交政策を行ってきた。周辺国の王は中国の皇帝に臣下として挨拶する代わりに、その国の統治にお墨付きを与えてもらうという仕組みである。
 中国政府の高官が親書を持って韓国に渡り、次期大統領など要人と相次いで会談したり、平気で内政干渉する様は、まさに「冊封」の延長であるという声も上がっている。

 近い将来、韓国における中国の立場がさらに上昇し、米国を超える時代がやってくる可能性も否定できない。一方米国は米国で、日本と韓国をアジア最大の同盟国にするという外交上の基本戦略を根本から見直す動きも出てきているのだ。
 戦後70年間続いてきたアジア安定の枠組みが根本から崩れ去るというシナリオが、すでに現実味を帯びてきている。

 - 政治

  関連記事

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

kajino
カジノ基本法案が衆院通過。あくまで基本法であり、具体的な駆け引きはこれから

 カジノを推進するための基本法である「統合型リゾート整備推進法案」(いわゆるカジ …

senkaku02
中国が尖閣付近での活動を活発化。今度は新鋭ミサイル駆逐艦を投入

 中国が尖閣諸島付近での活動を活発化させている。これまで中国の活動は日本の巡視船 …

no image
元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。  日本とロシ …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

fccbeikoku
米国で議論沸騰中の「ネットワーク中立性」って何だ?

 米連邦通信委員会(FCC)は2015年2月26日、インターネット回線を事実上の …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

yudachi
中国艦艇が日本の護衛艦に事実上の発射予告。中国側の真の目的は何か?

 防衛省は5日、東シナ海の公海上で中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に対し、射撃 …

shukinpei05
習近平国家主席がインドネシア国会で外国要人として初の演説。両国関係は劇的に変化

 中国の習近平国家主席は10月3日、インドネシアを訪問し、国会で演説を行った。イ …