ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

鳩山元首相が訪中。中国による分断作戦か日本政府への隠れたラブコールか?

 

 今回の衆院選をきっかけに政界を引退した鳩山元首相が中国の招きで訪中することが明らかになった。鳩山氏は15日から18日の日程で北京を訪問し、中国最高指導部との会談を予定している。習近平共産党総書記との会談も検討されているが、実現するかどうかは不透明という。

 鳩山氏は10日都内で講演し、「私が首相のときには、日中間で領土問題は起きなかった」と述べ、沖縄県の尖閣諸島をめぐり悪化する日中関係の改善に寄与したい意向を示している。政府はこの件に一切関与しておらず、菅官房長官は10日の記者会見で、鳩山氏の訪中について記者団に聞かれ「今初めて聞いた。それだけだ」と不快感を表明した。

 与野党からは鳩山氏の唐突な行動について批判する声も上がっているが、宇宙人と呼ばれた鳩山氏の行動についてあれこれ分析してもあまり意味がない。
 むしろ注目すべきは、中国が鳩山氏を招待した真意である。鳩山氏は無邪気に東アジア共同体を提唱し、米国との同盟関係を見直すことを主張している人物である。中国側が日本政府を通さずに鳩山氏を招待するのは、典型的な分断策に見える。確かにこれで日本国内を反中国派と新中国派に分断できれば、中国側に有利となるのは間違いないだろう。

 だが一方でこの動きは、日本政府側と交渉の糸口を探りたいというサインとも解釈できる。尖閣問題を含めて日本側と交渉したいが、簡単に妥協するつもりはないという意志表示である。いつでも鳩山氏のような親中国派の人と話を進める用意があるのだということを暗に示しているわけだ。この場合には鳩山氏は単なるコマであって、本音ではその存在について重要視していないということになる。

 いずれにせよ、交渉の世界ではこういった分断策は常套手段なのだが、日本人はこの手の揺さぶりに弱い。今回のような事態が発生すると、賛成、反対の立場を問わず、鳩山氏の方に注目が集まってしまう傾向がある。本当に注視すべきは鳩山氏ではなく、中国側であることを忘れてはならない。

 - 政治

  関連記事

obamaindo
オバマ大統領がインドの共和国式典に主賓として参加したことの意味

 オバマ米大統領は2015年1月25日、インドを訪問しモディ首相と首脳会談を行っ …

brennan
オバマ大統領がCIA長官に指名したブレナン氏。諜報活動一筋で決して笑わない人物

 オバマ米大統領は7日、不倫問題で辞任したCIAのペトレイアス前長官の後任として …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

peri
オバマ大統領のご意見番ペリー元国防長官が朴槿恵氏と会談。早くも核実験後を協議?

 韓国の朴槿恵次期大統領は4日午後、来韓中のペリー元米国防長官と会談を行った。北 …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

chunankai
胡錦濤氏が江沢民氏を中南海から追放。中国の権力中枢「中南海」とは?

 中国共産党指導者の執務室が集中する北京の中南海から、江沢民前国家主席が自身の個 …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …