ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

鳩山元首相が訪中。中国による分断作戦か日本政府への隠れたラブコールか?

 

 今回の衆院選をきっかけに政界を引退した鳩山元首相が中国の招きで訪中することが明らかになった。鳩山氏は15日から18日の日程で北京を訪問し、中国最高指導部との会談を予定している。習近平共産党総書記との会談も検討されているが、実現するかどうかは不透明という。

 鳩山氏は10日都内で講演し、「私が首相のときには、日中間で領土問題は起きなかった」と述べ、沖縄県の尖閣諸島をめぐり悪化する日中関係の改善に寄与したい意向を示している。政府はこの件に一切関与しておらず、菅官房長官は10日の記者会見で、鳩山氏の訪中について記者団に聞かれ「今初めて聞いた。それだけだ」と不快感を表明した。

 与野党からは鳩山氏の唐突な行動について批判する声も上がっているが、宇宙人と呼ばれた鳩山氏の行動についてあれこれ分析してもあまり意味がない。
 むしろ注目すべきは、中国が鳩山氏を招待した真意である。鳩山氏は無邪気に東アジア共同体を提唱し、米国との同盟関係を見直すことを主張している人物である。中国側が日本政府を通さずに鳩山氏を招待するのは、典型的な分断策に見える。確かにこれで日本国内を反中国派と新中国派に分断できれば、中国側に有利となるのは間違いないだろう。

 だが一方でこの動きは、日本政府側と交渉の糸口を探りたいというサインとも解釈できる。尖閣問題を含めて日本側と交渉したいが、簡単に妥協するつもりはないという意志表示である。いつでも鳩山氏のような親中国派の人と話を進める用意があるのだということを暗に示しているわけだ。この場合には鳩山氏は単なるコマであって、本音ではその存在について重要視していないということになる。

 いずれにせよ、交渉の世界ではこういった分断策は常套手段なのだが、日本人はこの手の揺さぶりに弱い。今回のような事態が発生すると、賛成、反対の立場を問わず、鳩山氏の方に注目が集まってしまう傾向がある。本当に注視すべきは鳩山氏ではなく、中国側であることを忘れてはならない。

 - 政治

  関連記事

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

rud
総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッ …

00002
米大統領選挙、2回目のTV討論会が先ほどスタート。今回も何故かオバマの表情は固い

 米大統領選挙の2回目のTV討論会が先ほどスタートした。場所はニューヨーク州のホ …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …

honkongdemotocho
中国当局がニセのアプリでデモ参加者を盗聴?民主化をめぐる諜報活動が活発化

 香港の民主化を求めるデモの参加者に、偽のアプリをダウンロードするよう促すメッセ …

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …