ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

最新鋭ボーイング787が4連続トラブル。ボーイング社や素材を開発した東レの株価が下落

 

 夢の最新鋭機として鳴り物入りで導入された最新鋭機ボーイング787型機が4連続でトラブルを起こしており、不安が広がっている。

 最初のトラブルは米国で発生した。1月7日、ボストンのローガン空港で、JALが運用する機体に火災が発生した。尾翼に備えられた補助動力装置 (APU)のバッテリー付近から出火したと考えられるが、詳しい原因は分かっていない。
 翌日の8日には、同じくローガン国際空港において、誘導路を走行中に油が機外に漏れる トラブルが発生している。こちらも詳しい原因は分かっていない。

 一方国内では9日、羽田発宇部行きANA695便において、離陸直後にブレーキ系統の一部の異常を知らせる表示が出た。他のブレーキ系統には異常はなく、同機は飛行を続け、無事に着陸した。全日空では折り返し羽田空港に戻る便を欠航にし、ブレーキ系統をまるごと交換した。
 トラブルはさらに続く。今度は11日、松山市の松山空港に到着した羽田発の全日空585便の操縦席の窓ガラスにひびが入っていることが分かった。乗員乗客246人にけがはなかったが、全日空では折り返し便を欠航にして原因を調べているという。

  一般論として、開発されたばかりの新しい機種には細かいトラブルはつきものである。これらの不具合を修理しながら、機体は成熟化していく。だが今回の787型機の一連のトラブルはより深刻な事態である可能性も指摘されている。
 それは787型機は炭素繊維というまったく新しい素材をボディに採用しているからである。従来の旅客機はアルミニウム合金が主体の金属製で、その歪みや劣化に関する豊富な経験値がある。だが炭素繊維の機体は歴史が浅く、軍用機などでの運用事例があるだけである。一連のトラブルが想定以上の機体の歪によって発生している可能性は否定できず、もしそうであれば、機体そのものへの信頼が危ぶまれることになる。

 ちなみに炭素繊維の素材は日本の東レが開発したものである。ボーイング社の機体設計の問題なのか、素材の問題なのか、あるいはまったく関係ない偶然のトラブルなのかなど、詳しいことは何も分かっていない。だが少なくとも株式市場は両社に厳しい目を向けている。ボーイング社は事故が報じられてから5%ほど株価が下落したほか、東レは11日の市場で4%近く下落している(ボーイング社はその後、株価は回復)。

 最新鋭機の導入には一定のリスクが伴うというのがこの世界の常識である。全日空はそのリスクを承知で、あえて787型を世界で始めて導入したのである。もしトラブルが深刻化するようであれば、この経営判断が正しかったのかについても厳しく問われることになるだろう。

 - 経済

  関連記事

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

et3com01
NY-北京を2時間で結ぶ超高速リニア計画をブチ上げた起業家の拠点はアパートの1室

 米国のベンチャー起業家が、ニューヨークと北京を2時間で結ぶ、夢の超高速鉄道(リ …

bananki
バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的 …

panasanyo
三洋電機が完全消滅へ。ところで三洋はもともとパナソニックだって知ってました?

 パナソニックは2011年に戦略的買収を実施した三洋電機を事実上解体する。日本経 …

amari
7~9月期のGDPはかなり悪い?政府内部で経済対策に向けた動きが活発化

 政府内部で経済対策の実施に向けた動きが活発になってきた。背景には、7~9月期G …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

tinageeft
日銀が買い入れをコミットした賃上げETFが事実上の売買ゼロ状態に

 積極的に賃上げを実施する企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が危機的状 …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …