ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引く文言が並んでいる。だが民主党政権時には主要な政策課題であった非正規雇用の問題は、今回の経済対策ではほとんど触れられず、忘れ去られたテーマになっているかのようだ。

 総額20兆円を越す今回の緊急経済対策において、非正規労働者に対する支援プログラムは、「若年者人材育成・定着支援奨励金(仮称)」の創設の1件だけ。このプログラムは、事業者が非正規の若年労働者に対して職業訓練を行った場合や、訓練受講者が正規雇用として定着した場合に助成するというものだ。
 大規模な経済対策の実施によって、現在仕事がある人や、失業している人は何らかのメリットを享受できるが、長期間非正規雇用の状態に置かれた労働者にはほとんど恩恵がない。

 民主党政権時代には、年越し派遣村などが話題になり、非正規雇用対策は最重要課題の一つであった。現在の非正規雇用の割合は全体で約35%、男性は20%程度だが女性は50%を超える。
 労働者の非正規雇用の増加は日本だけの現象ではないが、日本は正規雇用と非正規雇用の格差が大きく、それが固定化しているという点で、他国より問題は深刻だ。

 競争社会の米国では、そもそも正規雇用、非正規雇用という概念自体が存在しない。大企業のマネージャークラスでも1年で解雇される人はザラに存在するし、工場労働者で勤続30年という人もいる。
 労働者の保護が手厚いといわれているフランスでも実態は米国に近い。フランスで日本の正規雇用に近い立場とされるCDI(期間の定めのない労働契約)を交わしている人は全体のわずか24%に過ぎない。残りは日本の非正規雇用に相当するCDD(期間の定めのある労働契約)である。多数の労働者が事実上の身雇用と高い給料が保証されるという状況は、グローバル化が進む経済メカニズムの中では維持できなくなっているのだ。

 日本でそれが可能となっているのは、問題を先送りしているだけのことであり、いずれこのシステムは破綻する。米国型の自由競争システムを導入し、ガラガラポンでゼロから労働者の再配置を行うのか、フランスのようにある程度コントロールした形ですべての労働者の条件を同一に近づけていくのか、どちらかの道を選択しなければならない。

 ちなみに、日本の貧困率は15%を越えており、フランスの2倍近くの水準だ。日本は韓国と並んでOECD加盟30カ国では貧困率でワーストに近い国になっているのが現実なのだ。日本に残された時間はあまり多くない。

 - 政治, 社会

  関連記事

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

koukyo
天皇陛下の思いを推測する宮内庁長官発言を菅官房長官が批判。試される日本人の民度

 菅官房長官は9月3日、閣議後の記者会見において、風岡典之宮内庁長官が、天皇・皇 …

shakaihoshokokuminkaigi
世代間不公平は考慮せず。社会保障制度改革国民会議の報告書案はかなり後ろ向き

 政府の「社会保障制度改革国民会議」は7月29日、年金や医療など社会保障分野の改 …

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

austrariadefense
豪が中国の台頭を歓迎する国防白書を発表。安倍政権の世界観と真っ向から対立

 オーストラリア政府は5月3日、国防白書2013を発表した。中国の台頭について脅 …

congressionalreport
米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ

 安倍首相の訪米を前に米議会調査局は15日、日米関係に関する報告書を発表した。日 …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

aseandefensemtng
ASEAN国防相会議で中国との衝突回避策が合意。アジア地域の米中主導色強まる

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日米中の国防相が参加する、ASEAN拡 …

pakukune
韓国における中国の存在感が急上昇。まるで「冊封」時代に逆戻りとの声も

 中国の台頭と日韓関係の悪化によって、韓国における中国の扱いが急激に変化している …

weibo2014
中国政府が、ネットでの言論の自由が保障されているとする白書を公表

 中国国務院(中国政府)の新聞弁公室(報道監督を担当する部署)は2014年5月、 …