ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引く文言が並んでいる。だが民主党政権時には主要な政策課題であった非正規雇用の問題は、今回の経済対策ではほとんど触れられず、忘れ去られたテーマになっているかのようだ。

 総額20兆円を越す今回の緊急経済対策において、非正規労働者に対する支援プログラムは、「若年者人材育成・定着支援奨励金(仮称)」の創設の1件だけ。このプログラムは、事業者が非正規の若年労働者に対して職業訓練を行った場合や、訓練受講者が正規雇用として定着した場合に助成するというものだ。
 大規模な経済対策の実施によって、現在仕事がある人や、失業している人は何らかのメリットを享受できるが、長期間非正規雇用の状態に置かれた労働者にはほとんど恩恵がない。

 民主党政権時代には、年越し派遣村などが話題になり、非正規雇用対策は最重要課題の一つであった。現在の非正規雇用の割合は全体で約35%、男性は20%程度だが女性は50%を超える。
 労働者の非正規雇用の増加は日本だけの現象ではないが、日本は正規雇用と非正規雇用の格差が大きく、それが固定化しているという点で、他国より問題は深刻だ。

 競争社会の米国では、そもそも正規雇用、非正規雇用という概念自体が存在しない。大企業のマネージャークラスでも1年で解雇される人はザラに存在するし、工場労働者で勤続30年という人もいる。
 労働者の保護が手厚いといわれているフランスでも実態は米国に近い。フランスで日本の正規雇用に近い立場とされるCDI(期間の定めのない労働契約)を交わしている人は全体のわずか24%に過ぎない。残りは日本の非正規雇用に相当するCDD(期間の定めのある労働契約)である。多数の労働者が事実上の身雇用と高い給料が保証されるという状況は、グローバル化が進む経済メカニズムの中では維持できなくなっているのだ。

 日本でそれが可能となっているのは、問題を先送りしているだけのことであり、いずれこのシステムは破綻する。米国型の自由競争システムを導入し、ガラガラポンでゼロから労働者の再配置を行うのか、フランスのようにある程度コントロールした形ですべての労働者の条件を同一に近づけていくのか、どちらかの道を選択しなければならない。

 ちなみに、日本の貧困率は15%を越えており、フランスの2倍近くの水準だ。日本は韓国と並んでOECD加盟30カ国では貧困率でワーストに近い国になっているのが現実なのだ。日本に残された時間はあまり多くない。

 - 政治, 社会

  関連記事

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …

waitsuzekka
ワイツゼッカー元大統領の死去から考える、国益と愛国心

 戦後の国際社会に極めて大きな影響を与えたドイツのワイツゼッカー元大統領の国葬が …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

kokkaigijido
安全保障関連法案の成立がほぼ確実に。空虚さばかりが目立った国会審議

 今国会最大の焦点であった安全保障関連法案が2015年7月16日、衆議院を通過し …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

abesaninsen
自民圧勝が逆に制約?TPPなど規制緩和を前に「族議員」の動きはどうなるか?

 参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集ま …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

iiss01戚建国
中国が米中首脳会談を控え、領有権問題に対する態度を軟化?

 英国際戦略研究所(IISS)は5月31日から3日間の日程で、アジア安全保障会議 …