ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスがアフリカで2つの軍事作戦を同時決行。ソマリアでの作戦は完全に失敗

 

 フランス政府は12日、ソマリアのイスラム武装勢力に拘束されている諜報部員を救出する作戦を実行したが、失敗に終わったと発表した。人質となっていた諜報部員と兵士1人が死亡、もうひとりの兵士は行方不明となった。一部では行方不明の兵士が拘束されているという情報もある。オランド大統領は記者会見で作戦は失敗したと正式に認めた。

 作戦の詳細はフランス政府が明らかにしていないため不明だが、11日夜、50人程度の部隊が3機のヘリコプターで首都モガディシオ郊外にある人質の収容拠点を急襲した模様。アルカイダ系の武装勢力と銃撃戦になり、フランス軍は武装勢力の兵士17名を殺害したという。

 人質となっている諜報部員は2009年に拉致された。フランス政府は犯行グループと交渉していたが決裂。最近、犯行グループから送られてきたビデオ映像では、諜報部員が明らかに衰弱している様子だったことから救出作戦の実施を決断した。

 またフランス政府は同日、アフリカにおけるフランスの旧植民地であるマリ共和国においても軍事介入を実施した。マリ政府からの要請に応じる形で、マリ北部を実効支配するイスラム武装勢力の拠点に空爆を加えた。フランス軍は、イスラム武装勢力に一時制圧されていた都市を奪還し、過激派の南進をとりあえず食い止めた形だ。だが根本的な状況は変化しておらず、イスラム武装勢力の拡大を止められるかは不透明な情勢。

 フランスは現在でも、タヒチや仏領ギアナなど戦前からの植民地を多数保有している国だ。また現在は独立したアフリカの旧植民地に対しても、影響力を行使しようという意向が強い。今回のマリに対する軍事介入やソマリアの人質救出作戦もその政策の一環である。

 マリの隣国ニジェールはフランスのウラン供給源であり、マリでの政変が隣国ニジェールに及ぶ事態になると、フランスの核戦略に大きな影響を与えるというリスクがある。だがマリへの軍事介入は、どちらかというとアフリカでの影響力維持という側面が強い。
 だがソマリアでの人質救出作戦が完全な失敗に終わったことに加え、マリでの軍事介入が順調に進まない事態となれば、フランスの目算は完全に狂うことになる。フランスの帝国主義的な外交政策は曲がり角に差し掛かっているようだ。

 - 政治

  関連記事

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

casutorofideru
キューバで行われた米調査機関による非公式世論調査。その結果は?

 米国との国交正常化交渉が進むキューバで実施された「非公式」世論調査の結果が話題 …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

zenjindai02
中国の政府機構改革案。太子党利権である鉄道省は解体、尖閣対策に海洋局を強化

 中国国務院(政府)は10日、開会中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)に、 …

no image
マスターズ初の女性会員となったライス前国務長官はモテモテで有名

 ゴルフのメジャー大会であるマスターズ・トーナメントを開催するオーガスタ・ナショ …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

ryounei02
中国が2隻目の空母建造を公式に明言。初の空母「遼寧」よりも一回り大型となる見込み

 中国海軍の宋学副参謀長は4月23日、北京で開かれた海軍創立64周年の記念式典に …