ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスがアフリカで2つの軍事作戦を同時決行。ソマリアでの作戦は完全に失敗

 

 フランス政府は12日、ソマリアのイスラム武装勢力に拘束されている諜報部員を救出する作戦を実行したが、失敗に終わったと発表した。人質となっていた諜報部員と兵士1人が死亡、もうひとりの兵士は行方不明となった。一部では行方不明の兵士が拘束されているという情報もある。オランド大統領は記者会見で作戦は失敗したと正式に認めた。

 作戦の詳細はフランス政府が明らかにしていないため不明だが、11日夜、50人程度の部隊が3機のヘリコプターで首都モガディシオ郊外にある人質の収容拠点を急襲した模様。アルカイダ系の武装勢力と銃撃戦になり、フランス軍は武装勢力の兵士17名を殺害したという。

 人質となっている諜報部員は2009年に拉致された。フランス政府は犯行グループと交渉していたが決裂。最近、犯行グループから送られてきたビデオ映像では、諜報部員が明らかに衰弱している様子だったことから救出作戦の実施を決断した。

 またフランス政府は同日、アフリカにおけるフランスの旧植民地であるマリ共和国においても軍事介入を実施した。マリ政府からの要請に応じる形で、マリ北部を実効支配するイスラム武装勢力の拠点に空爆を加えた。フランス軍は、イスラム武装勢力に一時制圧されていた都市を奪還し、過激派の南進をとりあえず食い止めた形だ。だが根本的な状況は変化しておらず、イスラム武装勢力の拡大を止められるかは不透明な情勢。

 フランスは現在でも、タヒチや仏領ギアナなど戦前からの植民地を多数保有している国だ。また現在は独立したアフリカの旧植民地に対しても、影響力を行使しようという意向が強い。今回のマリに対する軍事介入やソマリアの人質救出作戦もその政策の一環である。

 マリの隣国ニジェールはフランスのウラン供給源であり、マリでの政変が隣国ニジェールに及ぶ事態になると、フランスの核戦略に大きな影響を与えるというリスクがある。だがマリへの軍事介入は、どちらかというとアフリカでの影響力維持という側面が強い。
 だがソマリアでの人質救出作戦が完全な失敗に終わったことに加え、マリでの軍事介入が順調に進まない事態となれば、フランスの目算は完全に狂うことになる。フランスの帝国主義的な外交政策は曲がり角に差し掛かっているようだ。

 - 政治

  関連記事

kobin
英労働党の新党首は何と強硬左派。米大統領選挙にも飛び火か?

 英国の野党・労働党は2015年9月12日、臨時党大会を開催し、ベテラン下院議員 …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

zenjindai02
中国の政府機構改革案。太子党利権である鉄道省は解体、尖閣対策に海洋局を強化

 中国国務院(政府)は10日、開会中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)に、 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

tennouheika
生前退位のご意向を政府関係者が否定。日本の民主主義が問われる局面に

 天皇陛下が生前退位の意向を示されたことに関して、政府関係者がこれを否定するとい …

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

3chuzenkai
中国はどこへ行く?改革と保守で揺れ動く共産党3中全会は折衷案を了承して閉幕

 中国共産党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)が11 …