ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスがアフリカで2つの軍事作戦を同時決行。ソマリアでの作戦は完全に失敗

 

 フランス政府は12日、ソマリアのイスラム武装勢力に拘束されている諜報部員を救出する作戦を実行したが、失敗に終わったと発表した。人質となっていた諜報部員と兵士1人が死亡、もうひとりの兵士は行方不明となった。一部では行方不明の兵士が拘束されているという情報もある。オランド大統領は記者会見で作戦は失敗したと正式に認めた。

 作戦の詳細はフランス政府が明らかにしていないため不明だが、11日夜、50人程度の部隊が3機のヘリコプターで首都モガディシオ郊外にある人質の収容拠点を急襲した模様。アルカイダ系の武装勢力と銃撃戦になり、フランス軍は武装勢力の兵士17名を殺害したという。

 人質となっている諜報部員は2009年に拉致された。フランス政府は犯行グループと交渉していたが決裂。最近、犯行グループから送られてきたビデオ映像では、諜報部員が明らかに衰弱している様子だったことから救出作戦の実施を決断した。

 またフランス政府は同日、アフリカにおけるフランスの旧植民地であるマリ共和国においても軍事介入を実施した。マリ政府からの要請に応じる形で、マリ北部を実効支配するイスラム武装勢力の拠点に空爆を加えた。フランス軍は、イスラム武装勢力に一時制圧されていた都市を奪還し、過激派の南進をとりあえず食い止めた形だ。だが根本的な状況は変化しておらず、イスラム武装勢力の拡大を止められるかは不透明な情勢。

 フランスは現在でも、タヒチや仏領ギアナなど戦前からの植民地を多数保有している国だ。また現在は独立したアフリカの旧植民地に対しても、影響力を行使しようという意向が強い。今回のマリに対する軍事介入やソマリアの人質救出作戦もその政策の一環である。

 マリの隣国ニジェールはフランスのウラン供給源であり、マリでの政変が隣国ニジェールに及ぶ事態になると、フランスの核戦略に大きな影響を与えるというリスクがある。だがマリへの軍事介入は、どちらかというとアフリカでの影響力維持という側面が強い。
 だがソマリアでの人質救出作戦が完全な失敗に終わったことに加え、マリでの軍事介入が順調に進まない事態となれば、フランスの目算は完全に狂うことになる。フランスの帝国主義的な外交政策は曲がり角に差し掛かっているようだ。

 - 政治

  関連記事

tanigaki
自民党政権で初の死刑執行。だがなぜこの3人なのか?基準はまったく不明

 法務省は21日、死刑囚3人の死刑を執行したと発表した。政権交代で自民党の谷垣法 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …

huawei
米議会が華為技術(Huawei)に対する正式な調査報告書を公表。ソフトバンクはどうする?

 中国の通信機器大手、華為技術(Huawei-ファーウェイ)と中興通訊(ZTE) …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

ishiba
石破幹事長が安倍政権で孤立?独自派閥結成と若手囲い込みを模索中

 自民党の石破茂幹事長が実質的な派閥の立ち上げに動いている。石破氏に近い議員らに …