ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスがアフリカで2つの軍事作戦を同時決行。ソマリアでの作戦は完全に失敗

 

 フランス政府は12日、ソマリアのイスラム武装勢力に拘束されている諜報部員を救出する作戦を実行したが、失敗に終わったと発表した。人質となっていた諜報部員と兵士1人が死亡、もうひとりの兵士は行方不明となった。一部では行方不明の兵士が拘束されているという情報もある。オランド大統領は記者会見で作戦は失敗したと正式に認めた。

 作戦の詳細はフランス政府が明らかにしていないため不明だが、11日夜、50人程度の部隊が3機のヘリコプターで首都モガディシオ郊外にある人質の収容拠点を急襲した模様。アルカイダ系の武装勢力と銃撃戦になり、フランス軍は武装勢力の兵士17名を殺害したという。

 人質となっている諜報部員は2009年に拉致された。フランス政府は犯行グループと交渉していたが決裂。最近、犯行グループから送られてきたビデオ映像では、諜報部員が明らかに衰弱している様子だったことから救出作戦の実施を決断した。

 またフランス政府は同日、アフリカにおけるフランスの旧植民地であるマリ共和国においても軍事介入を実施した。マリ政府からの要請に応じる形で、マリ北部を実効支配するイスラム武装勢力の拠点に空爆を加えた。フランス軍は、イスラム武装勢力に一時制圧されていた都市を奪還し、過激派の南進をとりあえず食い止めた形だ。だが根本的な状況は変化しておらず、イスラム武装勢力の拡大を止められるかは不透明な情勢。

 フランスは現在でも、タヒチや仏領ギアナなど戦前からの植民地を多数保有している国だ。また現在は独立したアフリカの旧植民地に対しても、影響力を行使しようという意向が強い。今回のマリに対する軍事介入やソマリアの人質救出作戦もその政策の一環である。

 マリの隣国ニジェールはフランスのウラン供給源であり、マリでの政変が隣国ニジェールに及ぶ事態になると、フランスの核戦略に大きな影響を与えるというリスクがある。だがマリへの軍事介入は、どちらかというとアフリカでの影響力維持という側面が強い。
 だがソマリアでの人質救出作戦が完全な失敗に終わったことに加え、マリでの軍事介入が順調に進まない事態となれば、フランスの目算は完全に狂うことになる。フランスの帝国主義的な外交政策は曲がり角に差し掛かっているようだ。

 - 政治

  関連記事

syriakubaku201409
米国がシリアで空爆を開始。とりあえず中東各国の協力を取り付けた形に

 米国防総省は2014年9月23日、米軍がイラクに続いて隣国のシリアでも空爆を開 …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

tu-95
ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦 …

gunmap
銃規制の議論が高まる米国で、銃所有者の住所氏名を検索できるサイトが登場

 米コネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件をきかっけに、米国は銃規制をめぐる …

romarosiakaidan
ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップで …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

chousensoren
朝鮮総連ビルの売却手続き一時停止は、拉致問題の強力な外交カードとなる?

 朝鮮総連中央本部の土地・建物の競売をめぐり、朝鮮総連は売却手続きをいったん停止 …

taikudeta2014
タイでとうとう軍がクーデターを決行。実質的には官僚によるタクシン派の弾圧

 政局が混乱しているタイで、とうとう軍がクーデターを起こすという事態に突入した。 …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …