ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産はストップしており、従業員も解雇された。工場は生産子会社となっていたが会社事態も生産するという。同社では、プラズマテレビの生産は山東省の向上に集約するとしているが、主力工場であった上海の閉鎖は、事実上プラズマテレビからの完全撤退を意味している。

 パナソニックは90年代前半からプラズマディスプレイに多額の投資を行ってきた。当時はブラウン管に変わる新生代のディスプレイ技術として液晶とプラズマの両者が技術の優位性を争っていた。
 一時は大画面テレビはプラズマ、小型テレビは液晶という棲み分けができるかと思われたが、液晶技術が驚異的な伸びを見せ、次第にプラズマ技術を駆逐していった。

 だがパナソニックはプラズマ技術にこだわり、製品販売が低迷しているにも関わらず、技術開発と生産を続けるという失態を演じた。2011年にはまだ750万台の販売台数を確保していたが、その後売上げが激減、2013年の見込みはわずか250万台程度だ。上海工場は年間200万台の生産能力があるといわれているが、実際の生産量は年間40万台にとどまっており、工場の設備投資を回収できる見込みはまったく立っていなかった。

 技術開発の最前線では、すでにプラズマは終わった技術であり、これにしがみついたパナソニックの姿勢だけが目立つ状況となっていた。
 もっともプラズマとの激戦に勝利したはずの液晶技術だが、その最大のメーカーはシャープであり、同社は現在は経営危機に陥っている。結局のところすべてを持っていったのは日本よりもはるかに低コスト体質を実現した韓国のサムスン電子であり、日本勢はすべてを失った格好だ。

 日本人にとっては認めたくないことかもしれないが、パナソニックの上海撤退は、日本の製造業が完全に国際競争力を失ったことを示す象徴的な出来事といえる。この事実を謙虚に受け止め、日本は二流の技術国家でしかないことを認識するところからしか、製造業を復活させる道はない。

 - 経済

  関連記事

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

doitsuginkou
ドイツ銀行の危機は、不良債権問題というより利ざやの縮小による収益悪化

 ドイツ銀行の経営破たん懸念が市場のムードを悪化させている。現実に同行が破たんす …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

googlewalmart
とうとうウォルマートとグーグルが提携に乗り出す。アマゾンの牙城は崩れるか?

 超巨大スーパーである米ウォルマートとIT業界の巨人であるグーグルが提携する。こ …

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …

mof03
特定業種だけを優遇する租税特別措置は、法人税減税の効果を半減させてしまう

 財務省は2014年2月、特定業種の税金を優遇する「租税特別措置」の適用件数が2 …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …