ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産はストップしており、従業員も解雇された。工場は生産子会社となっていたが会社事態も生産するという。同社では、プラズマテレビの生産は山東省の向上に集約するとしているが、主力工場であった上海の閉鎖は、事実上プラズマテレビからの完全撤退を意味している。

 パナソニックは90年代前半からプラズマディスプレイに多額の投資を行ってきた。当時はブラウン管に変わる新生代のディスプレイ技術として液晶とプラズマの両者が技術の優位性を争っていた。
 一時は大画面テレビはプラズマ、小型テレビは液晶という棲み分けができるかと思われたが、液晶技術が驚異的な伸びを見せ、次第にプラズマ技術を駆逐していった。

 だがパナソニックはプラズマ技術にこだわり、製品販売が低迷しているにも関わらず、技術開発と生産を続けるという失態を演じた。2011年にはまだ750万台の販売台数を確保していたが、その後売上げが激減、2013年の見込みはわずか250万台程度だ。上海工場は年間200万台の生産能力があるといわれているが、実際の生産量は年間40万台にとどまっており、工場の設備投資を回収できる見込みはまったく立っていなかった。

 技術開発の最前線では、すでにプラズマは終わった技術であり、これにしがみついたパナソニックの姿勢だけが目立つ状況となっていた。
 もっともプラズマとの激戦に勝利したはずの液晶技術だが、その最大のメーカーはシャープであり、同社は現在は経営危機に陥っている。結局のところすべてを持っていったのは日本よりもはるかに低コスト体質を実現した韓国のサムスン電子であり、日本勢はすべてを失った格好だ。

 日本人にとっては認めたくないことかもしれないが、パナソニックの上海撤退は、日本の製造業が完全に国際競争力を失ったことを示す象徴的な出来事といえる。この事実を謙虚に受け止め、日本は二流の技術国家でしかないことを認識するところからしか、製造業を復活させる道はない。

 - 経済

  関連記事

ieren02
米FRB、イエレン新体制が始動。大きな障害はないが、新副総裁との関係だけは微妙

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の新しい議長にジャネット・イ …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

moribuild
これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成し …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

tokyowan
12月8日発表のGDP改定値は上方修正の見込み。ただ全体的な景気動向は変わらず

 財務省は2014年12月1日、7~9月期の法人企業統計を発表した。ソフトウエア …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

setubitousi
1月の機械受注はわずかに減少。1~3月期のGDPにはどう影響する?

 内閣府は2015年3月11日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

google2014
無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014 …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …