ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費税の軽減税率導入が決定。どの商品を対象とするのかは巨大な政治利権に

 

 自民・公明の両党は11日、消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の税率を低く抑える「軽減税率」を導入する。両党の税制協議会で合意した。ただ、軽減税率の導入時期や、どの品目を軽減税率の対象とするのかについては、今後継続して議論する。

 低所得者の生活に配慮する公明党が、自民党に対して軽減税率の導入を求める構図となっているが、内実はそう単純な話ではない。

 消費税が導入されれば、あらゆる商品で売上げの減少が懸念される。その中において軽減税率が適用されれば、その商品は高い売上げを維持することができる。どの商品を軽減税率の対象とするのかは、巨大な政治利権なのだ。

 自民党は政権交代が決まるとすぐに、事実上消滅していた党の税制調査会を復活させた(本誌記事「自民党が伝統の党税調を復活。だがかつての税制利権につながるとの声も」参照)。自民党の税制調査会(党税調)は、自民党単独政権時代、税制に関するほぼすべての利権を握る絶対的な存在であった。消費税増税を控えた今、あらゆる業界が自分達の商品を軽減税率の対象にしてもらえるよう、自民党の税調に対してロビー活動を繰り広げている。

 公明党からの要望という形を取ることで、食料品など誰もが納得する商品以外にも軽減税率の適用が議論される可能性がある。実際、新聞など生活必需品かどうかでは議論が分かれる商品も適用対象として検討されている。また、軽減税率を適用する商品が増えると、売上げの管理や納税作業が複雑になることから、情報システム業界に特需が発生するという別の恩恵もある。

 このように軽減税率をむやみに導入すると、公平性が確保できなくなるリスクがある。その意味では、できるだけ消費税には例外を設けないというのが原理原則ということになる。どのような商品がどういった経緯で軽減税率の適用となるのかについては、オープンな議論が求められる。

 - 政治, 経済

  関連記事

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

no image
オイルマネーがフランスの貧困地区整備事業に進出。是非を巡って議論噴出

 フランスでは、オイルマネーを使って貧困地区整備事業を行うプランが浮上し話題とな …

no image
まだまだ甘いシャープのリストラ。高給取りのホワイトカラーは手付かず

 経営危機のシャープが検討している追加の人員削減案が明らかになった。これまで50 …

kasutoro
カストロ議長が死去。キューバに厳しいトランプ大統領の誕生で両国関係はどうなる?

 キューバ革命を起こし、反米的な社会主義政権を50年以上にわたって率いてきたフィ …

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

airasia
エアアジアが就航わずか4ヶ月で社長交代。日本でLCCがうまくいかない本当の理由

 全日空系の格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパンは17日、岩片和行社長が辞 …

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …

no image
オランダで失業保険受給者に無償労働を義務付け。オランダの福祉政策も限界に

 オランダのロッテルダムで、失業保険の給付条件に週1回の無償労働を加える政策が話 …

chogin
赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀 …