ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

キリンが日本人の「夢」についてアンケートを実施。この結果から分かることは?

 

 キリンビール株式会社は同社のビール製品のキャンペーン活動の一環として、「日本人の夢調査」を実施した。学術的な調査ではないので、いろいろばバイアスがかかっている可能性があるが、結果は日本人の生活状況を反映した興味深いものとなっている。

 同調査は、2012年12月、20代から50代の男女各100人、2013年度新成人の男女各100人の合計1000人に対して行われた。

 現在かなえたい夢があるかという質問に対しては、76%の人が「ある」と答えている。だが夢があると答えた人の割合は年代が上がるにつれて下がってくる。10代と20代では80%の人が夢があると回答しているが、30代では74%、40代では69%と低下してくる。だが50代は75%と逆に上昇している。

 アンケートに回答した人の職業属性は明らかではないが、多くがサラリーマン層であると推定される。年代を追うごとに夢を持つ割合が下がってくるのは、会社の仕事が忙しくなり、夢を後回しにしている状況が推察される。50代で上昇するのは、会社で昇進することができた一部の人を除いては、出世競争を諦めることになり、個人の生活に興味が戻っている状況が考えられる。

 では持っている夢とはどんなものなのだろうか?具体的な回答例としては、「ロボットを作る」「家族でオーロラを見に行く」「宇宙旅行に行ってみたい」「カラオケ大会で優勝」「有名パティシエのケーキ食べ放題」などとなっており、宇宙旅行を除いては少々頑張れば不可能ではないものも多く並んでいる。

 では逆に夢を諦めてしまったのは何歳からなのだろうか?夢をあきらめた年齢の平均は24歳となっており、若い段階ですでに夢を諦めていることが分かった。夢を諦めた理由は才能の限界を感じた、年齢の限界を感じたというものが半数近くを占めている。つまり夢をあきらめた人の多くは、スポーツ選手、芸能人など、特殊な才能が必要とされたり、年齢制限のある夢を持っていたということが推察される。

 以上のことから、少々悲しい日本人のオジサン・オバサンの姿が浮かび上がってくる。
 若くして夢を諦めた人の夢は、相当にハードルの高いものであったことが想像される。夢が実現できないのはある意味で致し方ないことである。どこかで折り合いをつけることも人生のひとつの区切りといえるだろう。
 だが一方で、まだ夢を持っているという人の夢は、少々ムリをすれば実現可能なものが多い。おそらくその何割かは、実現が難しい夢から、実現が可能な夢に切り替えたであろうことが想像される。それなのに、その現実的な夢を持つ人の割合ですら年々減ってきてしまうのである。
 あとちょっと努力をすれば実現可能な夢ならば、せめてそれだけは諦めないでいた方が、より充実した人生を送れるのではないか?調査結果からはそんな天の声が聞こえてくるようだ。

 ある起業家はこう言っている。「定年退職したら世界一周に行きたいという人は多い。だが行きたいのならなぜ今すぐ行かないのか?」。現実の職場や家庭の状況を考えればおいそれと世界一周旅行などできないことは誰もが分かっている。だが本当にやりたいことがあるのなら、今すぐにでもやるべきだというのも真実である。人が考えることのほとんどは、やる気さえあれば実現できることばかりなのだから。

 - 社会

  関連記事

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

monka
文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

abeicshiba201409
地方創世の具体策検討開始。だが基本戦略でコンセンサスは得られているのか?

 政府は2014年9月19日、地方創世について有識者の意見を集める「まち・ひと・ …

pariosen
北京に引き続き、パリでも深刻な大気汚染。原因は本当に自動車なのか?

 中国の北京に引き続いて、フランスのパリで大気汚染が深刻化している。フランス政府 …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

minatoku
地域の所得格差がじわじわと拡大。株価が上昇するとさらに格差が広がる

 地域による所得格差が拡大している。もっとも所得が高い自治体と低い自治体では平均 …