ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

キリンが日本人の「夢」についてアンケートを実施。この結果から分かることは?

 

 キリンビール株式会社は同社のビール製品のキャンペーン活動の一環として、「日本人の夢調査」を実施した。学術的な調査ではないので、いろいろばバイアスがかかっている可能性があるが、結果は日本人の生活状況を反映した興味深いものとなっている。

 同調査は、2012年12月、20代から50代の男女各100人、2013年度新成人の男女各100人の合計1000人に対して行われた。

 現在かなえたい夢があるかという質問に対しては、76%の人が「ある」と答えている。だが夢があると答えた人の割合は年代が上がるにつれて下がってくる。10代と20代では80%の人が夢があると回答しているが、30代では74%、40代では69%と低下してくる。だが50代は75%と逆に上昇している。

 アンケートに回答した人の職業属性は明らかではないが、多くがサラリーマン層であると推定される。年代を追うごとに夢を持つ割合が下がってくるのは、会社の仕事が忙しくなり、夢を後回しにしている状況が推察される。50代で上昇するのは、会社で昇進することができた一部の人を除いては、出世競争を諦めることになり、個人の生活に興味が戻っている状況が考えられる。

 では持っている夢とはどんなものなのだろうか?具体的な回答例としては、「ロボットを作る」「家族でオーロラを見に行く」「宇宙旅行に行ってみたい」「カラオケ大会で優勝」「有名パティシエのケーキ食べ放題」などとなっており、宇宙旅行を除いては少々頑張れば不可能ではないものも多く並んでいる。

 では逆に夢を諦めてしまったのは何歳からなのだろうか?夢をあきらめた年齢の平均は24歳となっており、若い段階ですでに夢を諦めていることが分かった。夢を諦めた理由は才能の限界を感じた、年齢の限界を感じたというものが半数近くを占めている。つまり夢をあきらめた人の多くは、スポーツ選手、芸能人など、特殊な才能が必要とされたり、年齢制限のある夢を持っていたということが推察される。

 以上のことから、少々悲しい日本人のオジサン・オバサンの姿が浮かび上がってくる。
 若くして夢を諦めた人の夢は、相当にハードルの高いものであったことが想像される。夢が実現できないのはある意味で致し方ないことである。どこかで折り合いをつけることも人生のひとつの区切りといえるだろう。
 だが一方で、まだ夢を持っているという人の夢は、少々ムリをすれば実現可能なものが多い。おそらくその何割かは、実現が難しい夢から、実現が可能な夢に切り替えたであろうことが想像される。それなのに、その現実的な夢を持つ人の割合ですら年々減ってきてしまうのである。
 あとちょっと努力をすれば実現可能な夢ならば、せめてそれだけは諦めないでいた方が、より充実した人生を送れるのではないか?調査結果からはそんな天の声が聞こえてくるようだ。

 ある起業家はこう言っている。「定年退職したら世界一周に行きたいという人は多い。だが行きたいのならなぜ今すぐ行かないのか?」。現実の職場や家庭の状況を考えればおいそれと世界一周旅行などできないことは誰もが分かっている。だが本当にやりたいことがあるのなら、今すぐにでもやるべきだというのも真実である。人が考えることのほとんどは、やる気さえあれば実現できることばかりなのだから。

 - 社会

  関連記事

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

gun03
福岡の中学校拳銃誤射事件。校長は生徒に「一緒にがんばろう」と呼びかけ

 福岡県志免町の公立中学校の職員室で、生徒から没収した拳銃を男性教諭が誤射した事 …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

businessman05
生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保 …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

merisa
米Yahooが社員に在宅勤務禁止を通達。自由といわれる米IT企業の本当の姿とは?

 米Yahooのマリッサ・メイヤーCEOが、社員に在宅勤務を禁止する通達を送った …