ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降に予定されている日米首脳会談で正式表明を見送る意向を固めた。今年夏の参院選対策を最優先し、結論を先送りする。米国などTPP交渉参加国は今年10月の基本合意を目指している。日本の参加表明が参院選後になることで、交渉妥結時の参加国になれない可能性も出てくることになる。

 安倍首相は尖閣諸島問題などを受けて、米国に対して日米同盟の強化と日本への支持を求める意向である。だが米国は普天間基地問題などにおける日本側の対応に不満を持っており、安倍首相の意向を受け入れる見返りとしてTPP交渉への参加を要求する可能性が高いといわれていた。一部からは、TPPへの参加表明を延期してしまうことで、日米交渉が困難になることを警戒する声も上がっている。

 もっとも日本サイドが考えているほど米国はTPPについて関心を持っていないという見方もある。米国の政界ではTPPはほとんど話題になっておらず、日本進出を考える一部の産業界からの要望という面が強いのは事実である。だがそれは日本にとって必ずしも有利ということを意味するわけではない。米国政府は、TPPがダメなら今度は次のお土産を要求するからである。

  そのお土産が何なのか現時点では明確ではない。2期目に入るオバマ政権では、国務長官と国防長官という主要閣僚が入れ替わり、外交安全保障政策が180度転換する可能性がある。ケリー次期国務長官はベテランの上院議員でゴリゴリの親中国派の政治家である。ヘーゲル次期国防長官は、米軍の規模縮小や核兵器の廃絶、反イスラエル主義という、国防長官としては相当ラジカルな思想の持ち主である(本誌記事「オバマ大統領が次期国防長官にヘーゲル氏を指名。その真の狙いとは何か?」参照)。
 さらに米国の議会では中国や韓国のロビー活動が活発になっていることなどを考えると、次に要求されるお土産は「中国への大幅譲歩」「従軍慰安婦問題への対処」などという、思いもよらないものとなる可能性もゼロではない(本誌記事「岸田外相の訪米が決定。だが米側の最大の関心事は何と慰安婦問題?」参照)。

 オバマ大統領としては、まずは中国の出方を見極めることが重要であり、日本に対する外交政策はその後に決定されることになるだろう。
 TPPという具体的なカードがなくなった現在、2月以降に予定される日米首脳会談はますます形式的なものになる可能性が高くなってきた。米国はこれまで日米首脳会談の日程をさんざん引き伸ばしてきたが(本誌記事「安倍首相の早期訪米を米側が拒否」参照)、ホンネでは、さらに後回しにしたいといったところではないだろうか?

 - 政治, 経済

  関連記事

timcook
株価暴落と現金退蔵問題にも関わらず、Appleの株主総会が平穏だったワケとは?

 大幅な株価の下落と12兆円にも達する現金の保有で市場の関心を集めていた米App …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …

no image
マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が …

facebookcom
米国以外はカネにならない?フェイスブックに見る地域ごとのマネタイズ難易度

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年4月23日、2014年1~3月期の決 …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

shukinpei03
ウイグル独立運動とアルカイダを結ぶ点と線。中東問題に引きずり出される中国

 中国・北京の自動車爆破事件をきっかけに、中国はパキスタンとの対テロ連携の強化を …

machikado
景気の現状分析。アベノミクスは個人消費を刺激しているが、製造業は依然厳しい状況

 アベノミクスによる株高で日本経済に対する期待感が広がっているが、足元の景気の実 …

ecb02
欧州中銀がマイナス金利導入を決定。背景は「日本化」に対する懸念

 欧州中央銀行(ECB)は2014年6月5日、定例理事会を開催し、追加の金融緩和 …