ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降に予定されている日米首脳会談で正式表明を見送る意向を固めた。今年夏の参院選対策を最優先し、結論を先送りする。米国などTPP交渉参加国は今年10月の基本合意を目指している。日本の参加表明が参院選後になることで、交渉妥結時の参加国になれない可能性も出てくることになる。

 安倍首相は尖閣諸島問題などを受けて、米国に対して日米同盟の強化と日本への支持を求める意向である。だが米国は普天間基地問題などにおける日本側の対応に不満を持っており、安倍首相の意向を受け入れる見返りとしてTPP交渉への参加を要求する可能性が高いといわれていた。一部からは、TPPへの参加表明を延期してしまうことで、日米交渉が困難になることを警戒する声も上がっている。

 もっとも日本サイドが考えているほど米国はTPPについて関心を持っていないという見方もある。米国の政界ではTPPはほとんど話題になっておらず、日本進出を考える一部の産業界からの要望という面が強いのは事実である。だがそれは日本にとって必ずしも有利ということを意味するわけではない。米国政府は、TPPがダメなら今度は次のお土産を要求するからである。

  そのお土産が何なのか現時点では明確ではない。2期目に入るオバマ政権では、国務長官と国防長官という主要閣僚が入れ替わり、外交安全保障政策が180度転換する可能性がある。ケリー次期国務長官はベテランの上院議員でゴリゴリの親中国派の政治家である。ヘーゲル次期国防長官は、米軍の規模縮小や核兵器の廃絶、反イスラエル主義という、国防長官としては相当ラジカルな思想の持ち主である(本誌記事「オバマ大統領が次期国防長官にヘーゲル氏を指名。その真の狙いとは何か?」参照)。
 さらに米国の議会では中国や韓国のロビー活動が活発になっていることなどを考えると、次に要求されるお土産は「中国への大幅譲歩」「従軍慰安婦問題への対処」などという、思いもよらないものとなる可能性もゼロではない(本誌記事「岸田外相の訪米が決定。だが米側の最大の関心事は何と慰安婦問題?」参照)。

 オバマ大統領としては、まずは中国の出方を見極めることが重要であり、日本に対する外交政策はその後に決定されることになるだろう。
 TPPという具体的なカードがなくなった現在、2月以降に予定される日米首脳会談はますます形式的なものになる可能性が高くなってきた。米国はこれまで日米首脳会談の日程をさんざん引き伸ばしてきたが(本誌記事「安倍首相の早期訪米を米側が拒否」参照)、ホンネでは、さらに後回しにしたいといったところではないだろうか?

 - 政治, 経済

  関連記事

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

mof02
木下主計局長が次官に内定。今後の財務省人事を大胆に予想すると?

【本記事は2013年6月13日のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです …

trump201611
トランプ大統領の登場で懸念される、日露急接近による地政学的リスク

 混乱の中で投票日を迎えた米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという …

shukinpei06
国連人権理事会が中国の人権弾圧を指摘。だが中国への実質的影響はほとんどゼロ

 国連人権理事会は10月22日、作業部会を開催し、中国に対してチベット自治区など …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …