ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツで告知なしの監視カメラ導入が禁止に。日本国内の議論はあまりにも低レベル

 

 ドイツの連立与党は、職場での監視カメラの使用を制限する方針を固めた。従業員に告知することなく監視カメラを使用することを事実上禁止する。近く採決する労働者の情報保護に関する法案に明記する予定。ただし、告知なしの使用を禁ずる法律の制定は、結果としてカメラを用いた従業員の監視を広範囲に認めることになるとして一部からは反対意見も出ている。

 ドイツは監視カメラの設置についてすでに厳しい条件を課している。不適切と思われる監視カメラの設置に関しては、専門家らによって構成されるデータ保護観察官が、カメラの撤去を勧告したり、目的外利用に対して改善を求めることができる仕組みになっている。
 今回の法律が施行されれば、告知なしの監視カメラ設置は完全に違法ということになる。ただし、監視カメラの導入はかなり進んできているのが実態であり、告知をすることを前提にカメラの設置を進めるという流れが定着していく可能性が高い。

 監視カメラの設置についてはいろいろな考え方があり、諸外国でも対応が分かれている。ドイツは設置そのものに厳しい基準を設けるというスタンスだが、逆に英国は設置の基準は緩いものの、運用基準や利用後の人権保護に重点を置いた考え方となっている。

 日本においても監視カメラの導入は急速に普及しているが、設置や運用の基準が存在しておらず、まったくの野放し状態となっている。監視カメラに関する議論も一部では行われているが、感情的なものが多く、基本方針やルールそのものが不在していること対する懸念は希薄だ。
 監視カメラの否定派は「放置すると監視社会になる」といった抽象的な主張を行うことが多く、一方肯定派からは「やましいことがなければなぜ否定するのか?」といった小学生レベルの発言も出る始末だ。

 基本方針を策定するという抽象度の高い議論は日本人が最も苦手とするところなのだが、そのようなことを言っている場合ではない。監視カメラの社会的な便益は何なのか?また監視カメラを導入することの弊害や守るべき個人の権利は何なのか、もう少し知的で論理的な議論が求められる。

 - 社会

  関連記事

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

no image
ここまでくるともう病気。解散発表当日にオバマ大統領にTPP参加方針は変わらずと電話

  野田首相は国会の党首討論会で解散を表明した14日夜、オバマ米大統領と約10分 …

snowden
すべて米国に言われるがまま。スノーデン事件で明らかになった欧州の弱腰

 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の処遇をめぐっ …

oecdmanzokudo
OECDの幸福度ランキング2014。気持ちの問題なのか、物理的環境なのか?

 経済協力開発機構は2014年5月、世界幸福度ランキング2014を発表した。日本 …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

roujin02
生活保護世帯が過去最多を更新。制度のもっとも大きな問題点は何か?

 厚生労働省は2013年12月11日、9月に生活保護を受けた世帯が159万911 …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …