ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平副主席がクリントン長官との会談をドタキャン。

 

 中国の次期最高指導者に内定している習近平副主席が、中国を訪問中のクリントン国務長官との会談をドタキャンした。「背中のケガ」という、いかにもな理由をあげている。

 クリントン長官との会談だけをキャンセルしたのでは格好がつかないので、シンガポールのリー・シェンロン首相との会談もキャンセルしており、リー首相はとんだとばっちりを受けてしまったことになる。

 会談ドタキャンの本当の理由は明らかにされていない。一部では尖閣諸島問題に関連しているとの報道もある。米国側が強硬なので、次期トップの習氏の立場を守るためにあえて会談をキャンセルしたという。

 もしそうだとしても、米国側が尖閣問題について日本をプッシュしているとか、中国側が米国に押されていると楽観的に考えるのは早計だ。
 今は中国の政権末期。米側としては今回強硬に出ておけば、日本やフィリピンに対して一応の対面は保てる。中国側も次期指導者が言質を取られる心配はない。米国も大統領選挙を控えている。

 おそらく今回の訪中は、中国の指導者交代を見据えた事務方の地ならしという側面が強いと思われる。中国の政権交代後、尖閣問題に対して中国側がどのように出てくるのかは分からない。これは米側も同様である。

 米中の本当の駆け引きは中国の指導者交代後に始まる。そこにおける日本の存在は限りなく小さくなっているかもしれない。

 

 

 

 - 政治

  関連記事

trumpkakuhoyu
トランプ氏が何と日本の核保有に言及。日米同盟は所与のものではなくなりつつある

 米共和党のトランプ候補がとうとう日本の核武装について言及した。どこまで現実的な …

touchou
フランスで政府要人の盗聴対策が効果を上げていない本当の理由とは?

 フランスで閣僚など政府要人のセキュリティ対策が効果を上げていないことが問題視さ …

sukottorando
偉大な第一歩?それとも危険な火遊び?スコットランド独立を問う住民投票まであと2日。

 英国北部スコットランドの独立の賛否を問う18日の住民投票まであと2日となってい …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

trump201611b
トランプ政権における安全保障面での一部人事案が明らかに。対テロ強硬派が揃う

 トランプ政権の安全保障分野の陣容が徐々に見えてきた。トランプ氏はオバマ大統領を …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …

nichigin04
日銀の政策委員会、積極緩和派の原田氏起用で黒田路線がより強固に

 政府は2015年2月5日、退任する日銀の宮尾龍蔵審議委員の後任に、積極的な金融 …

shukinpei
中国の新しいリーダー習近平氏は何者なのか?謎に満ちたその人物像に迫る

 中国共産党の新しい指導者となる習近平氏はどのような政治家なのか?中国の指導者は …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …