ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の崖をめぐる交渉が期限ギリギリまで引き延ばされ市場関係者をやきもきさせたが、今度は連邦政府の債務上限をめぐって両者は一歩も引かない構えを見せている。

 連邦政府の債務は2月下旬にも約16.4兆ドルの上限に到達する見込み。このままでは連邦政府の支出が止まる可能性がある。
 オバマ米大統領は14日、債務条件引き上げをめぐる共和党との交渉について「駆け引きはしないと」と明言し、債務上限の引き上げと引き換えに歳出削減を求める共和党の動きを牽制した。

 債務上限の交渉決裂を回避する手法をめぐっては、一時、1兆ドル(約88兆円)のプラチナ硬貨発行を検討するとの奇策も浮上したが、財務省はこれを否定している。

 紙幣の発行は中央銀行が独占しており、政府が勝手に紙幣を発行することはできない。だが記念硬貨であれば政府の権限で発行することが可能で、額面などの制限もない。このため政府が1兆ドルの記念硬貨を2枚発行し、これをFRBに預け入れ、ドル紙幣でこれを引き出せば、自動的に2兆ドルの収入を得ることができる。

 これは著名な経済会社であるポール・クルーグマン氏がネット上のブログで提唱したものであり、理論的には実行可能だが、現実には荒唐無稽なアイデアといえる。クルーグマン氏自身も民主党も、実際にこれを行うつもりはなく、最初から共和党に対する交渉材料という位置付けと思われる。
 日本でも日銀が量的緩和に同意しないならば、政府に発行権がある硬貨を利用するというアイデアがあったが基本的にはこれと同じものである。

 その効果がどれほどのものだったかは分からないが、少なくとも市場関係者は、債務上限の引き上げ問題については楽観視している。財政の崖問題と同様、共和党側が何らかの妥協案を提示し、解決が図られるとの見方が大半である。

 - 政治, 経済

  関連記事

pakukune
韓国次期首相候補が息子優遇で批判。毎回同じことの繰り返しが続く

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)次期大統領が指名した首相候補の金容俊(キム・ヨンジュ …

chousahogei
調査捕鯨中止の判決は、ムラ社会型日本外交の完全な敗北

 国際司法裁判所は2014年3月31日、南極海で行われている日本の調査捕鯨を中止 …

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

shukinpei
中国の新しいリーダー習近平氏は何者なのか?謎に満ちたその人物像に迫る

 中国共産党の新しい指導者となる習近平氏はどのような政治家なのか?中国の指導者は …

nandflash
東芝の半導体技術漏洩事件。罰則強化では根本的解決にならない

 東芝の半導体技術が韓国企業に漏洩した問題で、情報提供者に対する厳罰化を求める声 …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …