ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の崖をめぐる交渉が期限ギリギリまで引き延ばされ市場関係者をやきもきさせたが、今度は連邦政府の債務上限をめぐって両者は一歩も引かない構えを見せている。

 連邦政府の債務は2月下旬にも約16.4兆ドルの上限に到達する見込み。このままでは連邦政府の支出が止まる可能性がある。
 オバマ米大統領は14日、債務条件引き上げをめぐる共和党との交渉について「駆け引きはしないと」と明言し、債務上限の引き上げと引き換えに歳出削減を求める共和党の動きを牽制した。

 債務上限の交渉決裂を回避する手法をめぐっては、一時、1兆ドル(約88兆円)のプラチナ硬貨発行を検討するとの奇策も浮上したが、財務省はこれを否定している。

 紙幣の発行は中央銀行が独占しており、政府が勝手に紙幣を発行することはできない。だが記念硬貨であれば政府の権限で発行することが可能で、額面などの制限もない。このため政府が1兆ドルの記念硬貨を2枚発行し、これをFRBに預け入れ、ドル紙幣でこれを引き出せば、自動的に2兆ドルの収入を得ることができる。

 これは著名な経済会社であるポール・クルーグマン氏がネット上のブログで提唱したものであり、理論的には実行可能だが、現実には荒唐無稽なアイデアといえる。クルーグマン氏自身も民主党も、実際にこれを行うつもりはなく、最初から共和党に対する交渉材料という位置付けと思われる。
 日本でも日銀が量的緩和に同意しないならば、政府に発行権がある硬貨を利用するというアイデアがあったが基本的にはこれと同じものである。

 その効果がどれほどのものだったかは分からないが、少なくとも市場関係者は、債務上限の引き上げ問題については楽観視している。財政の崖問題と同様、共和党側が何らかの妥協案を提示し、解決が図られるとの見方が大半である。

 - 政治, 経済

  関連記事

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

mof03
異例の人事が続く財務省。実際は、通常の人事に戻すための布石か?

 財務省は2016年6月17日、幹部人事を発表した。事務次官だった田中一穂氏の後 …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

no image
沖縄で酔った米兵が中学生を殴る事件が発生。形だけの抗議は、もはや恒例行事

 沖縄県読谷村で、酒に酔った米兵が民家に侵入し、中学生の顔を殴り、民家から転落し …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …

mof
10年後には国債1000兆円との財務省試算。だが前提条件が甘く、現実はもっと厳しい

 財務省は3月6日、国債の残高が10年後の2022年度末に1000兆円を超えると …

kuroda
本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張。日本人は理解しているのか?

 日銀の白川総裁は3月19日、退任記者会見に臨んだ。白川総裁は、デフレを脱却と持 …