ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相続税の増税時期を2015年1月とす ることで合意した。消費税の増税を控え、富裕層への課税を強化することで、低所得者層の支持を強化したい考えだ。

 現行の税制では、所得税の最高税率は40%。適用対象となるのは課税所得1800万円超。新しい税制案では、45%の最高税率を新たに設け、課税所得3000万円超についてはこの税率を適用する。また相続税については現行では50%だったものを55%に引き上げる。

 この合意は政治的な意味合いが強く、現実的な効果はほとんどない。日本の給与所得者で2500万円以上を得ている人はわずか9万2000人しかおらず、全人口の0.08%に満たない。また彼らが5000万円の所得を得ているとしても、増税分で得られる歳入は2300億円程度である。
 しかも高所得者の多くは、節税対策をしていることがほとんどで、所得税が増税となれば、その流れはさらに加速することが考えられる。

 自民党としては、本音では所得税の増税問題にはあまり関心がないものの、一部とはいえ高所得者からの反発は抑えたいと考えている。低所得者層に支持基盤の多い公明党からの要望という形を取ることでバランスを確保したい意向だ。
 同様の政治的駆け引きは、消費税増税の軽減税率でも実施されている。生活必需品や新聞などに対する軽減税率の適用は、低所得者に配慮する公明党からの要望という形を取っているのだ。

 一方で徴税の当事者である財務省側はもう少し違ったスタンスだ。財務省としては所得税の増税が実質的に意味をなさないことは百も承知している。財務省がもっとも気にかけているのは富裕増税の本丸である相続税の方である。
 今回、相続税の税率の変更が実施されれば、ようやく資産課税増税の前例ができる。消費税の増税だけで財政を好転できないのは明らかであり、今後は消費税の再度の増税と相続税の大幅増税で乗り切りたいというのが財務省の本音といえる。

 今回の連立与党合意は、やがて到来する大増税時代の幕がいよいよ切って落とされたことを暗に示しているのだ。

 - 政治

  関連記事

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

uiguru
新疆ウイグル自治区で警官とウイグル族住民が衝突。中国政府はテロと説明

 中国国営新華社通信は、中国北西部の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で4月23日 …

settai
外国政府による米国議員関係者の接待。中国が突出して多いことが判明

 中国をはじめとする外国政府が米国の議員やそのスタッフを接待旅行に招待する事例が …

kannsimaera
監視カメラの是非に関する議論。プライバシーが問題なのではない!

 単純に画像を撮影するだけなく、被写体の顔を自動判別する機能を搭載した新しいカメ …

pakukune02
韓国の中高生の7割が朝鮮戦争の経緯を知らない?調査結果をめぐって韓国で大激論

 韓国で実施された中高生に対するアンケートで、回答者の70%が朝鮮戦争の経緯をよ …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

j31
中国が2機目のステルス機を試験飛行。今度は少し本格的

 中国の「環球時報」は1日、次世代ステルス戦闘機「J31」が試験飛行に成功したと …

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …