ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相続税の増税時期を2015年1月とす ることで合意した。消費税の増税を控え、富裕層への課税を強化することで、低所得者層の支持を強化したい考えだ。

 現行の税制では、所得税の最高税率は40%。適用対象となるのは課税所得1800万円超。新しい税制案では、45%の最高税率を新たに設け、課税所得3000万円超についてはこの税率を適用する。また相続税については現行では50%だったものを55%に引き上げる。

 この合意は政治的な意味合いが強く、現実的な効果はほとんどない。日本の給与所得者で2500万円以上を得ている人はわずか9万2000人しかおらず、全人口の0.08%に満たない。また彼らが5000万円の所得を得ているとしても、増税分で得られる歳入は2300億円程度である。
 しかも高所得者の多くは、節税対策をしていることがほとんどで、所得税が増税となれば、その流れはさらに加速することが考えられる。

 自民党としては、本音では所得税の増税問題にはあまり関心がないものの、一部とはいえ高所得者からの反発は抑えたいと考えている。低所得者層に支持基盤の多い公明党からの要望という形を取ることでバランスを確保したい意向だ。
 同様の政治的駆け引きは、消費税増税の軽減税率でも実施されている。生活必需品や新聞などに対する軽減税率の適用は、低所得者に配慮する公明党からの要望という形を取っているのだ。

 一方で徴税の当事者である財務省側はもう少し違ったスタンスだ。財務省としては所得税の増税が実質的に意味をなさないことは百も承知している。財務省がもっとも気にかけているのは富裕増税の本丸である相続税の方である。
 今回、相続税の税率の変更が実施されれば、ようやく資産課税増税の前例ができる。消費税の増税だけで財政を好転できないのは明らかであり、今後は消費税の再度の増税と相続税の大幅増税で乗り切りたいというのが財務省の本音といえる。

 今回の連立与党合意は、やがて到来する大増税時代の幕がいよいよ切って落とされたことを暗に示しているのだ。

 - 政治

  関連記事

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

mof02
2014年度予算の総額が96兆円になったことには明確な理由がある

 政府は2013年12月24日、2014年度予算案を閣議決定した。社会保障費の伸 …

abekaken
安倍首相が自民改憲案の年内提示を表明。9条の「加憲」なら一気に進む可能性も

 安倍首相が自民党の憲法改正案を年内にまとめる意向を示した。党内調整を経ないやり …

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

iijima03
飯島氏訪朝に対して米国はとりあえず静観の構え。米国のホンネはどこにあるのか?

 北朝鮮メディアによると、北朝鮮を訪問中の飯島勲内閣官房参与は15日、北朝鮮労働 …

tosho03
公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の …

mof05
2016年度予算案閣議決定。税収増も社会保障費の伸びで相殺

 政府は2015年12月24日、2016年度予算案を閣議決定した。予算総額は4年 …