ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」を評価したとする記事が話題となっている。

 この話の発端はNew York Timesのブログに連載しているクルーグマン氏のコラム。
 このコラムについて毎日新聞が、クルーグマン氏は安倍首相の経済政策について「結果的に正しい」と評価していると報じたことがきっかけ。

  だが毎日の記事をよく読むと、クルーグマン氏の批評は褒め殺しに近いものであり、とてもプラスに評価しているとは言えない内容だ。
 要約すると「安倍首相は経済について深く考えているわけではない。だがそれがかえって正統派の経済学者の言うこと無視することにつながっており、結果として彼の経済政策は成功している」といったところだ。

 ではクルーグマン氏は本当は何といっているのであろうか?コラムの原文には確かに毎日新聞で報じられているような内容が記載されており、安倍首相の無知が結果的に経済政策の成功につながっているという趣旨だ。
 だが毎日の記事には重要な事実が触れられていない。クルーグマン氏は、安倍首相が国粋主義者であり、太平洋戦争当時の日本の虐殺行為を否定する危険人物であると断罪しているという点だ。
 クルーグマン氏は米国には珍しくケインズ主義を標榜するリベラル派の経済学者であり、その意味で米国では異端児的な存在である。
 政治的な立場は民主党寄りだが、現在の民主党の政策も批判しているため、主流の経済学者からは孤立している。このため同氏の安倍氏に対する人物評価は多少極端な面もあるかもしれないが、安倍氏が国粋主義者であるというのは、欧米メディアでは共通した認識である。

 外国の自国に対する認識と、自国民による認識に違いが生じるのはどこの国にも起こりえることである。だが日本の場合、諸外国の認識と自国の認識が180度異なるという事態がしばしば発生する。太平洋戦争がそのいい例だが、認識のズレもここまでくると国を滅ぼしかねない重大な影響を及ぼす可能性がある。

 安倍氏が軍国主義者、国粋主義者なのかはこの際どうでもよい。だが海外がそのように認識していることを日本人が知らないのだとすると、それは国益に関わる重大問題といえるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

kaishaho
日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になって …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

no image
為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年 …

senkaku
米議会が尖閣諸島を安保対象とする法案を可決。だが日本にとっては大したメリットはない

 米上院は4日、本会議において、2013年度(2012年10月~13年9月)国防 …

facebookcom
フェイスブックが予想外の好決算。インスタグラムが貢献か?

 SNS最大手の米フェイスブックは2016年1月27日、2015年10~12月期 …

jimintohonbu
自民・公明が消費税率軽減策で合意。結局8%段階で軽減策は導入されず

 自民、公明両党は23日、与党税制協議会を開催し、焦点となっていた消費増税に対す …

mujinki02
Amazon.comの商品レビュー欄を使った無人機への批判が話題に

 米国でAmazon.comのレビュー機能を使った無人機(ドローン)攻撃に対する …