ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」を評価したとする記事が話題となっている。

 この話の発端はNew York Timesのブログに連載しているクルーグマン氏のコラム。
 このコラムについて毎日新聞が、クルーグマン氏は安倍首相の経済政策について「結果的に正しい」と評価していると報じたことがきっかけ。

  だが毎日の記事をよく読むと、クルーグマン氏の批評は褒め殺しに近いものであり、とてもプラスに評価しているとは言えない内容だ。
 要約すると「安倍首相は経済について深く考えているわけではない。だがそれがかえって正統派の経済学者の言うこと無視することにつながっており、結果として彼の経済政策は成功している」といったところだ。

 ではクルーグマン氏は本当は何といっているのであろうか?コラムの原文には確かに毎日新聞で報じられているような内容が記載されており、安倍首相の無知が結果的に経済政策の成功につながっているという趣旨だ。
 だが毎日の記事には重要な事実が触れられていない。クルーグマン氏は、安倍首相が国粋主義者であり、太平洋戦争当時の日本の虐殺行為を否定する危険人物であると断罪しているという点だ。
 クルーグマン氏は米国には珍しくケインズ主義を標榜するリベラル派の経済学者であり、その意味で米国では異端児的な存在である。
 政治的な立場は民主党寄りだが、現在の民主党の政策も批判しているため、主流の経済学者からは孤立している。このため同氏の安倍氏に対する人物評価は多少極端な面もあるかもしれないが、安倍氏が国粋主義者であるというのは、欧米メディアでは共通した認識である。

 外国の自国に対する認識と、自国民による認識に違いが生じるのはどこの国にも起こりえることである。だが日本の場合、諸外国の認識と自国の認識が180度異なるという事態がしばしば発生する。太平洋戦争がそのいい例だが、認識のズレもここまでくると国を滅ぼしかねない重大な影響を及ぼす可能性がある。

 安倍氏が軍国主義者、国粋主義者なのかはこの際どうでもよい。だが海外がそのように認識していることを日本人が知らないのだとすると、それは国益に関わる重大問題といえるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

taima
高樹沙耶容疑者の逮捕で医療用大麻への関心が高まっているが・・・

 大麻取締法違反で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名:益戸育江)容疑者が、医療用大 …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

abehobei
TPPに対して満額回答だというマスコミ報道は果たして本当なのか?

 日米首脳会談を終え、安倍政権はTPPへの参加問題について「関税撤廃の例外品目が …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

kuroda02
日銀は2年で2%という物価目標を堅持。そうだとすると、追加緩和は必須?

 日銀の黒田総裁は2015年3月17日、記者会見において「2%の物価目標を2年程 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

okane03
国際的な租税回避地を使った脱税者リスト。日本人のものは多くが空振り?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公表したタックスヘイブン(租税回避 …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

apple02
アップルの四半期決算。原価率の上昇が続き減益だが、下げ止まり感も

 米アップルは7月23日、2013年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比 …